ごしょらくさん

ごしょらくおじさんの日記

適期を間違ってはいけない見本

2017-04-19 18:21:39 | daily happening
以前、種蒔きの時期を間違えた(というより無謀)トマト・キュウリ、その後改めて種蒔きをしたその結果、不揃いではあるがポツポツと芽が出てきた。

矢張り自然界には適期というものがあるようで、万物の霊長だと勘違いするヒト(麻呂のことかしらん?)による身勝手な法則破りは通じない、と反省。


キュウリ(品種名:シャキット)


トマト(品種名;桃太郎)


ついでに、コレは、モロッコ(つるなしインゲン)


そしてもう一つの失敗は、もう少し待てば良かったものを、芽が出ないと早合点し、ポットの中身をあちこちとぶちまけた結果、思いもよらぬ処からトマトの芽が出ていた。


コレがそのぅ・・・いわゆる・・・迷いトマトちゃん


世の紳士諸君、種は、女性同様、短気を起こさず辛抱強く、時に優しく、そして一番はタイミング(適期)ですぞ。そこんところよ~く考えて行動するが宜しい。

あっ、そうそう、賢い旦那はんはお分かりになってるとは思うが、女性も野菜も肥料(諭吉翁)が大事なことは言わずもがなだよね。老婆心ながら申し添えておきまする。





見たら、押せ!
人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャガイモの植え付け | トップ | 燻炭を作ってみる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。