ごしょらくさん

ごしょらくおじさんの日記

黒ニンニクを作ってみる

2017-06-24 10:04:56 | daily happening
撮り忘れのため肝心の画像は無いが、先日ニンニクを収穫した。今年は案外出来が良かったんで、収穫画像が無くて誠に残念。

隣の畑のX氏、「そんなにニンニク作ってどうすんだ?」「黒ニンニクを作ってみようと思って・・・」「へ~黒ニンニクって自宅で作れるんだ!?」

ってなやりとりがあり、黒ニンニクを作ろうってことだが、正直言うとね、オイラもカミさんも今まで黒ニンニクなど作ったことが無いんだな。

天日で乾燥した新ニンニク

でね、黒ニンニクの作り方をネットで調べ、それを真似しようってことなのね。だが、ここで一つ問題が・・・それは、専用の電気炊飯器が必要であるそうな。

というのも、一旦黒ニンニクを作った炊飯器はニンニクの匂いが染みついてしまうそうで、そのため、米を炊く炊飯器とは別にした方が良いとある。

我が家の炊飯器はかなり使い込まれていて、そろそろ買い替え時かなと感じて(カミさん談)いたこともあり、この際と思い切って新しい炊飯器を購入したって訳。

古い炊飯器の鍋底に竹を敷き・・・

その上に、新聞紙で包んだニンニクを入れ・・・

強烈な匂いを放つらしいから、物置内にて、スイッチON!

この状態で10~16日経てば黒ニンニクが出来上がるらしいが、さて?教科書通りに上手くいくのか?いずれにしても楽しみですなぁ。




見たら、押せ!
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論より証拠

2017-06-21 11:26:24 | daily happening
ようやく昨夜から"おらほ"でも雨。梅雨の時期にこんなに雨を待ち望んだのは生まれて初めてのことかも知んない。

水不足で野菜は育たないし萎れてくるしでイライラしていたんだが、それより何より、水やりをしなくても良いかと思うと、とりあえず、「ホッ」

ところでと、「宙返りするオクラ」の中で、ヒトの手をかければかける程上手く行かないものだと書いたが、その、論より証拠が ↓ のアスパラだ。

砂利の中で発芽したアスパラ

以前、種蒔のため軽トラックに積んであったアスパラの種、いつの間にか荷台からこぼれ、駐車場の砂利の中で発芽したようである。

よりによって、こんな劣悪な環境の中で発芽しなくてもいいのにねぇ、こんな場所に種をばら撒いた奴は悪い奴っちゃなぁ・・・って、オイラのことか!?

これまで培養土を買い~の、ポットで育てよ~のとやってきたんだが、これを見ると、種をその辺に適当に振り撒くってのもアリだな。


見たら、押せ!
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宙返りするオクラ

2017-06-13 09:42:19 | daily happening
我が家の野菜苗達は誠に気の毒である。何せ、種蒔きの張本人がいい加減で、やる事成す事全てデタラメであるからだ。

何たってアナタ、オクラの根を芽と勘違いし逆さまに植えたっていうんだから・・・「全く話になんねぇ!」と、オクラの嘆きが聞こえてくるようだ。

そのため、オクラちゃんは発芽にかなり苦労をしたらしい。だが、種子の生命力は凄ぇもんだ。半分程のど根性オクラは、土の中で見事宙返りに成功したようである。

自力で宙返りしたオクラ君

ヒト(ボク)の手助けで宙返りを果たしたオクラ君

ついでに、コレは、定植したズッキーニ

「野菜って奴は、可愛がり過ぎてもいけない。手をかければかける程上手く行かないものだ」と仰っていたのは、ハテ?何方さんでしたかのぅ?

成程、そう言われてみると、その辺に捨てられたカボチャの種が、甘やかして育てられた物より出来が良かったなんてこともある。野菜作りは、子育てと似てるような?



見たら、押せ!
人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

芽は根?

2017-06-06 09:40:32 | daily happening

芽出しをした後ポットに撒いたオクラ、その後、一部発芽しているものの、半分ほど芽が出る気配が無い。何故だ?

思うように発芽しないオクラ・・・WHY?

同時に蒔いたズッキーニも芽は出たが、何か所か欠損している。見ると、土ががほじくり出されたような形跡があり、その周辺に種が散らばっている。

種がほじくられている?

誰が悪さをしたんだと想像するに、最近ちょくちょくキジの鳴き声を耳にする。キジは悪戯をすると聞いていたんでひょっとすると?となれば、オクラも奴の仕業か?

オクラの芽も抜かれたような形跡が?

キジは悪いやっちゃなぁで済ませようとしたが、オクラの芽を眺めていたオジサン、ふとある疑問が湧いてきた。

ズッキーニはキジの悪戯にしても、オクラの芽と思っていたブツは果たして芽かしらん?

思い出せば、ポットに蒔く時、芽が出た方を上に向けるか下に向けるかで迷ったことがあったんだな。

そう思い、ネットで調べてみると、「最初に出るのは根の部分、下向きに植えるべし」と書いてあるではないか。

芽出しの芽に拘り、芽と勘違いし上向きに植えた記憶がある。我が家のオクラちゃんは、シンクロナイズドスイミングをしてたってことなのね。




見たら、押せ!
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

向ヒノ畑ニ居リマス

2017-05-31 22:31:37 | daily happening
自分でも何だかよく解らないんだが、最近農業に目覚めて以来「下ノ畑ニ居リマス」のフレーズが妙に気になる。

オイラ余り読書を好まないから、宮沢賢治の作品ついてあれこれと語る知識は持ち合わせていない。「銀河鉄道の夜」や「風の又三郎」でさえ満足に読んだ記憶も無い。

だが、宮沢賢治が書き残したとされる「下ノ畑ニ居リマス」の文字が、何故か遠い昔の記憶を呼び戻し、親の手伝いやら何やら、農作業に携わったシーンを甦らせる。

今年初のキュウウリ、一番果

間引きのアスパラとニンニクの芽

宮沢賢治が作家であると同時、農民としての顔を持っていたことは周知の通りだが、その農民としてのメッセージが、農民であるオイラの琴線に触れるためであろうか?

そのオイラは、現在自宅前の畑で農作業をしている。携帯電話もスマホもある今の時代、あえてメモ書きで伝えるのも一興かと。オイラにご用の方へ、「向ヒノ畑ニ居リマス」




見たら、押せ!
人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加