JECA五所川原福音キリスト教会ブログ

五所川原福音キリスト教会の活動の様子を写真などで綴ります。

本の紹介

2017-01-17 21:28:20 | 

久しぶりに本の紹介をします。



渡辺和子著「幸せはあなたの心が決める」


年末に突然のように帰天されたシスター
渡辺和子さんのエッセイ。

教会でも、読書会で
「置かれた場所で咲きなさい」、
「面倒だから、しよう」の2冊を読みました。

その続編のような本です。
2015年初版。


一つ一つは、忘れかけていた事柄を思い出させ、
ハッとさせられることが多い内容です。

お一人でじっくり読まれるも良し、
グループで、項目ごとに分かち合うのも良し。



もう1冊は詩集です。



「ぞうきん」というタイトル。

タイトルを見ただけで、
なんだろう?と興味をそそられます。

著者は、もうすでに天に召された
牧師の河野進さんです。

「岡山の良寛さん」とも言われていた方で、
牧師の働きのかたわら、ハンセン病療護院での
働きもしていたようです。


内容を少し抜粋してご紹介しようと思いましたが、
やはり手元でじっくりと読まれることをオススメします。



機会があれば、2冊を是非!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい図書2冊

2016-04-06 17:06:49 | 

教会図書に新しく2冊入れました。




「人生の目的を探す旅」リック・ウォレン著
パーパス・ドリブン・ジャパン(PDJ)

既刊「人生を導く5つの目的」の導入部
1~7章の改訂版。



*「あとがき」より抜粋*


「人生はあなたが中心ではありません。」で始まる
この本は、自分探しの本ではなく、探求の出発点を、
「自分を超えた存在」である神に置くように勧めます。

「私はいったい何のために生きているのか」という
人生の究極的なテーマに真正面から切り込んでいるのが特徴です。


初信の方々、青年の方々、
読んでみませんか?





もう1冊は、



「信仰にもとづく抵抗権」渡辺信夫著
いのちのことぱ社


*一部抜粋*

「私にとって、神を信じることは私が私であることの根拠である。
だから、抵抗権は神を信じる私にとって、神から授けられた恵みの
賜物、あるいは神から託されたタラントである。抵抗権は信仰に
よってこそ考えられるものであった。」


この世の権力が「悪魔化」したとき、
キリスト者はこれにどう対したらよいのか。
信仰の先達が正当な権利とした「抵抗権」を振り返り、
今日の教会のありようを考える。(帯より)





いかがでしょうか。
読んでみて下さいね。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加