剛くんのブログ+パグpug

メニエール病、突発性難聴、顔面神経麻痺、頭痛、逆子に不妊症。鍼灸師剛くんと26人の鍼灸師+パグの奮闘記

坐骨神経痛でつらいあなたへ

2017年04月20日 | 鍼灸記
お尻やももの後ろが痛い!

夜になると痛くて目が覚める

座るとお尻の下が痛くてつらい

坐骨神経痛でお悩みの方は大勢います

坐骨神経痛はお年寄りの病気

だけではなく 20代でも出ます


■坐骨神経痛とは

腰から足先にかけてつながっている

坐骨神経が

さまざまな原因で

痛みやしびれがあらわれる症状のこと


坐骨神経の坐骨とは

椅子に座った時にぶつかるお尻の骨

この骨のすぐ横を通る神経なので

坐骨神経といいます


■坐骨神経痛の症状は

中高年の男女に多くみられますが

原因となる病気によっては

10代 20代からも現れることがあります

坐骨神経は

ひざの後ろのあたりで枝分かれ

足の前と後ろに走っているため

坐骨神経痛の症状として

◆お尻 ◆ももの後ろ

◆スネ ◆ふくらはぎ

◆つま先

までの一部あるいは全部の

痛みやビリビリと感じる

しびれがあらわれます

坐骨神経痛の症状は

動くと痛みが強くなったり

夜寝静まると強くなったりさまざまで

お風呂などで温めると

楽になる傾向にあります




■坐骨神経痛の治療法は

飲み薬 注射 湿布などの貼り薬

塗り薬で処方される鎮痛薬や

マッケンジーなどの運動療法

低周波や遠赤外線

レーザーなどの電気光線療法

痛みに対しての認識をかえていく

認知行動療法

そして鍼灸治療があります

このような治療法のなかで

患者さんの負担なく

副作用もなく

本当に痛い部分 悪い部分に対して

ピンポイントで効率よく

治療をおこなえるのは鍼灸治療だけです

痛みが慢性的になる前に

鍼灸治療で楽になりましょう




剛鍼灸院電話







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
腰痛・坐骨神経痛専門
剛鍼灸治療院
豊川市萩山町1-5
Tel:0533-84-5963
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熱中症にご注意 | トップ | 美容鍼灸でキレイになる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鍼灸記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL