剛くんのブログ+パグ×2

突発性難聴、顔面神経麻痺、逆子に不妊症。鍼灸師剛くんと26人の鍼灸師+パグの奮闘記

待望の「陰陽の滝」デトックスツアー その1

2016年07月12日 | 鍼灸記
7月10日 鍼灸院内の仲間と和歌山県、那智勝浦へ
待望の陰陽の滝に出会いに行きました。

今回は合計6人、デトックス&充電&パワーアップツアーです。
前回5月に行った滝ツアーが好評すぎて人数追加されました。


前日の大雨とは逆転し、曇り時々晴れの天気、絶好の滝日和でした。


陰陽の滝は、和歌山県那智勝浦町の那智山にある落差約12mの滝、
那智48滝の一つで、2本の滝が落ちるその形状から陰陽の滝と呼ばれています。
大門坂近くから陰陽の滝へ続く遊歩道がありましたが、2011年の台風被害で
遊歩道が流失して近づけない状況が今も続いています。

今回、ガイドさん(山口さん 旅禅)に山の中を歩き案内していただきました。
本来は、川に沿って登るのが一番わかりやすいようですが、
前日の豪雨で水量が半端無く増しているため山の中を通りました。




そのため山の道無き道を歩き 登り




目印があるところまで到着




そして濡れながら川を渡り




陰陽の滝すぐ下にある水門のところから

ロープを渡して川の横の崖を通過




そして崖を下ると






待望の滝が姿を現しました。

初対面した陰陽の滝は、雨の影響で、他を寄せ付けない本来の激しい姿でした。


さらに滝近くの崖を降り

安全な範囲で近づくと



滝風 水しぶきがひどく

写真もまともに撮れないくらい

からだも水浸しです




私が陰陽の滝を知ったのは、↑↑虹のかかる幻想的な姿

写真参照元 ★気ままな写真帳


でしたが、今回は、私の気持ちが試されているような気象の激しい出で立ちでした。

滝は、あまりにも激しい姿で、なかなか近づくことができません。


そしてこの後、山の神と対峙します

 続く


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログクリック

人気ブログランキング にほんブログ村 犬ブログ パグへ