おーい!おかん!

~京都・山・自然・お神輿大好き~

ハノハナシ

2017-06-16 | その他
先日欠けてしまった、奥歯2本・・・かぶせる方は「ジルコニア」、欠けた部分のみで済む方は、ゴールドになりました。
かぶせる方は、大口開けて笑うと見えるので、白いジルコニアにしたんです。
一番奥は、ゴールド。アレルギー持ちには優しいし、体のためにも良いようです。
最初に「ゴールド・金」と聞いた時は、昔の「金歯」を連想してしまい、診察室のユニット上で絶句しました。
が、奥歯だからね。「金歯」は見栄を張る部分が大きかったでしょうが、現在の歯科治療ではゴールドは普通の素材になっているんだそうです。ピアスも最初はゴールドですもんね。
で、実際に入れて口を開けてみたら、あら!不思議。ゴールド色って、歯茎の色(ピンク色)に馴染んで、目立たないではありませんか。驚きです。一番奥とはいえ、よかった。ホッとしました。
もっと驚いたのは、歯医者さんの技術の高さです。噛み合わせの調節・麻酔・人工歯のセット・歯の内部を綺麗にする時・・・丁寧かつ早い。どういう風にしているのか、患者側も緊張して体に力を込めないので、疲れません。
1時間かかったら、普通はぐったりしてしまいますが、それがありませんでした。
来月はクリーニングしてもらおう
エステには行かないけど、歯のクリーニングには行くんだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和菓子の「いちや」さん | トップ | 大きな口 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。