GREAT LOVE KINGDOM

家族と介護と仮面ライダー(3K)♪
そしてたまには音楽の話を♪

介護のちから☆その1

2016年10月17日 15時04分41秒 | 介護のお仕事

こんにちは。

今日はお休み。雨が降っているので家でゴロゴロしています。

写真は昨日の夕方に娘とベリー&シュガーと散歩に行った時のもの。

最近は娘も写真を撮るのを嫌がるのでさ(苦笑)。

これから犬と自撮り(自分)の写真が増えるのかと思うと何だかテンション下がります(涙)。

 

以前、『仕事(介護)のことは一切書かない』と断言しましたが、仕事のことに触れないと本当に書くことがないのでさ。

仕事で感じたことはやっぱり書いていくことにします。

 

ホームに入居して数年経つ、来年の春で100歳を迎える女性の入居者Y様。

数年前に体調を崩して1カ月近く入院。それを機に脚の筋力が落ちてしまい車椅子での生活になりました。

Y様は「トイレに行きたい」と言う意識はあるのですが身体が重い上、脚の筋力が落ちてしまっていたので、安全を優先して昼間もオムツでの対応をしていました。

しかし、ボクも含め何人かの職員が「トイレに連れて行ってあげたい」とずっと思っていてさ。

そこで一念発起!一部の職員の反対はありましたが担当フロアの職員たちは頑張りました!

立位が取れないと思っていたY様が徐々に立位が取れるようになって行く!

最初は2人の職員で抱えて立位を取って頂いていましたが、今では1人の介助で立位が取れる!

フロア長が変わったことが一番の切っ掛けにはなったけれど、職員たちの“気持ち”が出来ないと思われていたことをひっくり返してしまいました!

今では昼間は行きたい時にトイレに行って頂いています。

ベッドの上でオムツ交換をする手間がなくなったので職員の負担も軽減されました。

 

本当に感動だね。こう言う感動があるから仕事は楽しくなるんだね。

 

ケセラセラ☆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひさしぶり☆ | トップ | 介護のちから☆その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む