フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

BUREN & Small second

2016-10-25 00:10:00 | 腕時計

BUREN&Small second(Japan)

BUREN(ヴューレン)と JAPAN MADE のスモールセコンドです。

 左がヴューレン、スイスの老舗メーカーですが、1960年代アメリカのハミルトンに買収されました。
 右は、JAPAN MADE のスモールセコンドです。

 ビューレンのベゼルは10kの金張りですが、擦れていて地のステンレスが露出しています。

 左、文字盤が汚れていて時代性を感じさせます。右、少し汚れを拭き取ったのですが、あまり変わりませんね。アンティーク腕時計は、少し汚れて時代を感じさせる文字盤の雰囲気も魅力です。

 

 ブレゲー針のスモールセコンド、スイス製のように見えますが日本製です。文字盤の下端に”JAPAN"と書かれていました。
 



 開けてみると縁には汚れカスが入り込んでいます。
歯車にも少し錆が浮いていますが、他の箇所は全体に、きれいな状態です。
 ゼンマイは巻き切った状態で
テンプは少し振れるのですが、ガンギ車が回らず秒針が動きません。分解せずにテンプ、ガンギ車を中心に洗浄すると動き出しました。
 戦後の日本製でセイコーでもシチズンでもないようですが、とてもしっかりした作りです。
 

 実は以前、沖縄の写真展を開いた地元のギャラリー”010Gallery&Studio”(マルイチマル、ギャラリーアンドスタジオ)で、先日、クォーツ腕時計の電池交換ワークショップを開催しました。写真を撮っておかなかったので、ご報告できませんが。もし事前にBlogでお知らせしたら、参加される方がいらしたでしょうか・・・。結構、盛り上がりました。

 Blog、今までほとんど2日ごとにアップしてきたのですが、時計の修理も少し飽きて・・・きたし、かと言ってつまらぬ私的な由無し言をお伝えするのも恐縮なので、少し間を空けてもう少し実のあることを書けたら・・・と思っている次第です。しかし、そもそも実のあることを書けるのか・・・それが問題ではありますが。
 ということで、少し間隔を空けてアップしていきたいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~~~~~~

 ー追伸ー
 JAPAN MADE の Small second ムーブメントは SWISS MADE でした。組み立てが日本なのか、文字盤を日本で作ったのか・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手巻き懐中時計の修理(4) | トップ | 土浦の天ぷら屋さん「ほたて」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

腕時計」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。