フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

バーボン・ウィスキー

2017-10-26 00:10:00 | 日記

テネシー・バーボンとケンタッキー・バーボンウィスキー

地元のリカーショップ(ヤマヤさん)でちょっと変わったウィスキーを見つけました。

 "Georgia Moon" Corn Whisukey です。ボトルと言うよりは口の広いジャムの瓶のような形の、全く色の付いていない透明なバーボン・ウィスキーです。甘いコーン、干しブドウの香りがします。イタリアのグラッパ(ワインの搾りかすで作った蒸留酒)にも似ています。
 角型のグラスは、JackDaniell(ジャックダニエル)のノベルティーのグラスです。

 でもやはり、ちょっと物足りなくて、ジャック・ダニエルを飲むことにしました。ウィルキンソン炭酸で割って。バーボンは、ソーダ割によく合います。
 ウィスキーの四大産地は、イギリス、アメリカ、カナダそして日本です。その内でアメリカのバーボンは、モルト、グレーン(トウモロコシ)で作られていて独特の香りがします。このジャック・ダニエルは、テネシー州に醸造所があり、チャコール(炭)で濾したバーボンのなかでも独特な製法で作られています。

追伸:ウィスキーは5大産地(国)でした。イギリスはスコットランドとアイルランドでした。元々ウィスキーは、アイルランドから伝わったと言われているそうです。アイリッシュウィスキーはスコッチと違って、ピートを焚かない製法で、すっきりした穏やかな味わいです。

 時計修理の合い間、閑話休題です。

 追伸の追伸:このウィスキーロックグラス、ブレードランナーのデッカード(ハリソン・フォード)が使っていたものに似ていますよね。新作”ブレードランナー2049”10月27日からやってます。見に行かないと!

~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TIMEXの調整(追伸) | トップ | シャンパングラス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事