フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

2針ユニバ―シティ(UNIVERSITY)腕時計

2017-03-30 09:00:00 | 腕時計

2針17JEWELS腕時計UNIVERSITY

 スクエアーでシンプルな手巻きの腕時計です。UNIVERSITY ブランドの腕時計は今でもあるようですが、これはかなり古いタイプです。今のデザインは大きくがっちりしたもので、同じメーカーなのか判りません。

  カルティエタンクに似ています・・・が、全くの別物ですね。

 

  裏蓋は銀製のように見えますが、STANLESS STEEL BACK のケースです。フレームは金メッキで、こすれて剥げています。
 白い文字盤はペイントで、ホウロウではありません。
 ケースや文字盤、ムーブメントから判断すると、1950年代頃のものではないかと思われます。

 

 

 

 文字盤にオイルがこびり付いていたので、レンズクリーニングリキッドで拭き取ります。

 

 

 ムーブメントは、テンプは振れているのですが 、すぐに止まってしまいます。調整が必要です。

 テンプがすぐ止まってしまうので、よく見ると天真に埃が絡まっていました。テンプの受板を留めているネジも緩んでいました。
 時計の裏面を上にすると動くのに、立てたり表面を上にすると止まってしまいます。テンプの受板が緩んでいて天真が、しっかり押さえれていませんでした。

 テンプは、ルビーを受けに使ったSHOCK PROOF です。ムーブメントは、しっかりした作りです。

 

 トカゲ革?のベルトは古くて硬化しているので、オイルを塗って軟らかくします。汚れも一緒に拭い取ります。
 オイルは野球のグローブなどに用いるもので、スポーツ用品店で手に入れました。乾燥して硬化しているものには、このオイルは手入れするのに必携アイテムです。
 古い革ベルトは、劣化しているものがほとんどですが、擦り切れてしまっているものは張り替えるしかありません。その場合、表の革は出来るだけそのまま残して裏だけ張り替えます。

 古いメタルのベルトも味がありますが、やはり革製のベルトは品があって格が違います。高級時計には欠かせないものです。
 特にオリジナルの革ベルトでキレイなものは貴重です。ヨーロッパの革加工技術は歴史があり、素晴らしいです。

 

 

~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまたガラス徳利 | トップ | OMEGA DEVILLE  Quartz »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。