フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

2017年沖縄(4)

2017-07-12 00:10:00 | 沖縄

2017年沖縄水納島その2

 引き続き水納島の写真です。

 桟橋から眺めた、ビーチにある島のレストハウスです。中にはトイレと自販機、作り付けのテーブルとベンチがあるだけです。エアコンは無いので、引き戸のサッシのドアーと窓を開けて風を通して涼みます。修学旅行?で来た高校生たちが、お弁当を食べていて大賑わいでした。前のビーチのパラソルの下では、照り返しがもの凄く、とても暑くていられません。

 桟橋から見る海の色は、淡い透明なグリーンです。左の写真、島の東側のビーチも同じ海の色です。島陰なので波は穏やで流れもないのですが、ここは遊泳禁止です。リーフの内側なのでサメは入って来ませんが、カツオノエボシなど毒性の強いクラゲが出ることがあるようで、それで遊泳禁止のしているようです。

 水納ビーチの正面には、伊江島の城山が見えます。伊江島はほとんど平らな島ですが、唯一噴火した溶岩が固まって出来た城山が、島の東側にそびえています。標高は172mと、けっこう高いです。
 ビーチにはバナナボートがあって、高校生が乗って、大騒ぎしてました。クソ暑いのに彼らは皆、元気です。

 島の中へ通じる道からの眺めです。島には本部町立の小学校があって、住人も40名ほどいるそうです。

 黄色い花は、たぶんムクゲだと思います。ピンクの花は、ブーゲンビリアです。この先の十字路を右折すると、水納小学校があります。

 しばらく行くと、ヤギ!がいました。広い囲いの中にヤギの家族?お父さん、お母さん、子供さん7~8頭が、暑い!のに干し草を食べていました。囲いの中には地面から生えている草もたくさんあるのに、何故かフェンスに取り付けられた餌箱の干し草を食べながら、こちらを興味深気に見ています。とにかく暑い!のに、平気な顔?をして食べていて・・・熱中症にならないかと心配になります。でも沖縄のヤギが、暑さのため熱中症で倒れた・・・なんて、シャレになりませんね。動物好きなもので、ついつい愚にもつかぬことを考えてしまいました。
 沖縄では豚はよく食べられますがヤギも、ヤギ汁やヤギミルクなどのためか、よく飼われています。利用価値?が高いのでしょう。

 島の中央を横断する細い道を突き抜けると、南側の入り江に出ます。クロワッサンの形の島の先端部が左右から迫って来て、大きな入り江を作っています。水深は浅く、開口部が狭いので海水の出入りが少ないのでしょう、水は少し濁っています。だ~れもいません。ほとんどひざ上程度の深さなので、泳ぐには適しません。

 水納島には3時間ほどしかいませんでしたが、いつ行ってもその美しさに感動します。それにしても、何度も言ってしつこいけど「暑い!」。

 

~~~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年沖縄(3) | トップ | 2017年沖縄(5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。