自由人

 己を『”親も無し、妻無し、子無し”職も無し、ローンもなければストレスもなし』と詠んで、六無斎清々を僭称。

CIAとNSA、どちらが怖い、、、

2017年06月28日 12時44分57秒 | コラム

 オリバー、ストーン監督の映画、”スノーデン”を見る機会があった。監督は自らのベトナム戦争の体験を元に”プラトーン”を作成し、その他問題作を世に送る社会派映画監督として大活躍している。アメリカの最高秘密情報を暴露したとして、アメリカに送還されたら、おそらく極刑に処されるか、消されかねないスノーデン氏は、現在ロシアに滞在しているのだが、彼と9回の会談した後、映画”スノーデン”を制作した。ストーン監督は、”彼は国家秘密を暴露したとして罪を犯したと見なされてるが、誰も傷つけてはいない、人に考える機会を与えた。”と述べているのだが、確かに私自身考える機会をもらったと思っている。

 スノーデン氏の父も祖父も、国の職員だったし、国家に奉仕するのが当然との考えを持ち、その優れた才能を活かす道を探し求めたすえ、リクルートされて,NSAやCIAで勤務することとなった。日本でも2年ほど勤務したようで、横田基地が勤務地だったとか、、、。そこで、アメリカの無人飛行機で殺される運命にある人の監視映像を見続ける内に、大いなる疑問にぶち当たったようだ。彼が日本で勤務していた時代は、戦後保守政権に変わって、鳩山政権が成立した時期と重なる。”コンクリートから人へ、対等で緊密な日米関係”が多くの賛同を得た時期である。

 サイバー戦争なるものは進行中で、日本に対しても、スパイプログラムなるしかけがあるそうだ。ダム、駅、発電所、銀行、等に仕掛けておいて、いざアメリカとの同盟関係(実際は従属関係)を壊すような動きがあれば、一斉に作動させることが出来るようになっているとか、、、。そんなことを知っている勢力は、それまではジャパンハンドラーズの言いなりになるのは必然である。鳩山内閣が、辺野古以外への移転の公約を果たせなくて辞任したのも今考えると理解できる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国権の最高機関は国会、官邸... | トップ | 都民ファーストと維新は双子... »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL