goro's 花 Diary

東京の街を彩る花たちを追っかけています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私の踊子よ

2009年04月23日 | 09 花たち

 


【オドリコソウ・踊子草】シソ科オドリコソウ属

姫は早くから咲いていましたが、大人の踊子さんはサクラが散り始めた頃に登場してきました。
今時分、陽気に踊っていますよ。

北海道から九州までの日本各地、朝鮮半島、中国など極東アジアのやや湿った場所に分布する多年草です。
30~60cmほどの草丈になり、根茎を伸ばして増えるので、群生しているのを見かけることが出来ます。

白からピンクの花色がありますが、クリームがかったものもあり、生育地域により微妙な違いがあるようです。
マイフィールドでは白っぽいものが多く見られますが、判りますかかね、トップ画像のように混植しているところもあります。

♪さよならも 言えず 泣いている~~
私の踊子よ ああ 船が出る~~
「踊子」三浦洸一 歌 喜志邦三 作詞 渡久地政信 作曲)

オドリコソウの魅力は、輪生状態で数段重なって咲くユニークな花姿にあります。
たくさんの蕾が控えていますのでね、長い間花を見ることができます。

櫓の上で花笠を被り踊っている踊り子たちに見立てたのが、「オドリコソウ・踊子草」の名前の由来とされています。

「コムソウバナ・虚無僧花」との別名もありますが、「オドリコソウ」のほうが可愛くていいですよね。


姫とのツーショット~~


黄色いこちらは一足先に咲いていました。


【ツルオドリコソウ・蔓踊子草】シソ科オドリコソウ属

ヨーロッパ東部からアジア南西部にかけてが原産の、匍匐性常緑多年草です。
斑入りの葉っぱはとてもきれいなので、花時期じゃなくても観葉植物として勤めを充分果たしてくれます。
この時期だと蔓性には見えませんが、花後になると根元から匍匐枝を伸ばし、旺盛に増殖します。
花期は自生種のオドリコソウたちに比べると短いです。
パッと咲いて、サッと終わってしまいます。
耐寒性もあり、陽当たりの悪い場所でも丈夫に育ちますのでね、今や野に飛び出したものが各地で確認されているようですよ。

「ラミウム・ガリオブドロン」や「キバナオドリコソウ・黄花踊子草」と呼ばれることもあります。

4/22の状況

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一重、八重、そして・・・ | トップ | 似たり寄ったり »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ロッキーママ)
2009-04-23 08:32:22
オドリコソウと聞いて、この歌が出てくると思いました。でも私が歌えるのがもっと怖いです。(笑)

1本だけだと可憐ですが、群生すると豪華ですね。
可憐さとか、かわいさが見えず華やかさが出てきますね。

ツルオドリコソウはうちの玄関前で蔓延っています。
この黄色の花色が好きです。
葉も斑が入っていて1年中楽しめて、嬉しい花です。
流通名ラミュームで色々な葉が楽しめます。
踊子 (ポージィ)
2009-04-23 10:51:54
オドリコソウというと、いまだヒメにしか会ったことがない私。
初めてオドリコソウの写真を目にした頃は、踊り子には見えない~
なんて思っていましたが、何度か見るうちに、ちゃんと
踊るようになってきたから不思議(笑)私の頭の中で披露して
くれる踊りは、集団でも静かでゆったりとした踊りです。
で、その踊りとは無関係に必ずこの歌も浮かんできます~
歌えるのは「さよならも 言えず 泣いている~ 私の踊子よ 
ああ 船が出る~~」のくだりだけなんですけれど。

オドリコソウもツルオドリコソウも、見てみたいです~
め・げ・る・・・ (noodles3)
2009-04-23 11:50:06
どうも、僕のフィールドでは、記述されたように旺盛な繁殖はありません。
根本的に、探索エリアを変えないと駄目なのかな。。。
とりあえず、昨日ほんのりピンクのは初の出会いをしたばかりです。思ってたより大きかった!って感想です。
わたしの踊り子よ~ (富山ばあちゃん)
2009-04-23 19:32:26
 悟郎様

 春を謳歌していたわが畑の姫踊り子草が黄ばんで、やがて黒ずんで消えて行きました。
 一株だけ、無花果の木の下に踊子草があるのですが、まだ咲きません。
 この子は初めに黄色の米粒のような花の蕾が出て、咲くと白い花になります。昨年、富山の科学センターの職員に見せたのですが、不明、で返ってきました。
 いいのいいの、私は知っているからね、と花を慰めました。宿根だから、必ず咲くと期待してます。
 ホウチャクソウが咲き、雪笹の繊細な花が咲きました。小さな二つ星てんとう虫が止まって居て可愛いのでまじまじと見るものだから、小さい黒い羽根をパカッと広げて飛んで行っちゃいました。もっと見たかったのに~~
 
 ツルオドリコソウと知らずにプランターで育てていました。
 名前を教えてくださって有難うございます。
 今年の花はまだです。ツボサンゴの赤花のかげで大人しくしていますよ。
 
 シロバナタンポポを引きずっていて、少し辛いけど春の花が次々と咲くので少しは慰められます。
 林生梅が花を散らし、今は姫林檎や、王林の花が咲いています。今年は林檎が期待できるかな?

 シロヤマブキって賑やかですね。わが家の株も随分大きくなりました。黒いつやつやした種子の昨年の分が落ちないので実と花が同時に付いています。
 凌宵花が赤い新芽を出しました。

 当面、草取り三昧です。悟郎さんの眠る頃かな?と思いつつ5時頃に畑に行きます。
 ハルジョオン、とてもきれいです。
 
コメントありがとうございます! (悟郎)
2009-04-24 03:25:07
★ロッキーママさん

いやいやビックリ、歌えるんですねこの歌が。
私は条件反射で歌ってます~~(笑)。

ぽっと見は地味な花ですが、よく見ると可愛いですよ。
群生してると、途端に華やかになりますよね。

ツルオドリコソウの生命力って凄いでしょう?
初めて見たときは花の咲いていない時期だったので、ある日花茎が立ち上がって黄色い花を見たときは、信じられないような驚きでした。
斑入りの葉っぱを観賞するものだと思っていたら、可愛い花が咲きましたのでね。
以来、すっかりファンになっちゃいました~~♪

★ポージィさん

未だ出会えていませんか、オドリコソウには。
こちらでもどこにでもある花じゃありませんが、そこそこは見かけます。

ハハハ、確かに初めて見て踊り子さんだとは思わないですよね。
名前をインプットしてから見ると、充分踊り子に見えてくるから不思議です。
ゆったりとした踊りだというのは、分かる気がしますね。
大勢で踊ってても、リオのカーニバルのようにはなりません(笑)。

エッ、ポージィさんもこの歌が浮かんでくるのですか!
冒頭のくだりが歌えれば、充分です。
どのくらいの世代まで知ってるんでしょうね。
私の世代でも、知らない人がいっぱいいるんですけどね。
ああ驚いた(笑)。

いつの日か、オドリコソウとツルオドリコソウとの素敵な出会いがあるといいですね~~

★noodlesさん

めげちゃいけません(笑)。

そうですか、なかなか出会えませんか。
トップ写真のような群生はなかなか見られませんが、それでもそこそこの群落はありますよ。
そうですね、フィールドを変えるしかないでしょうかね。
そうそう、姫で慣れていると、本物のオドリコソウはデカイよね~~

★富山ばあちゃん

そちらの踊り子さんはこれからですか。
こちらで見かけるのは白っぽいものかピンクのものですが、地域によっては黄色っぽいものもあるようですよ。
きっとそんなタイプなんでしょうね。

ユキザサの花、たった一輪ですが最近初めて見ました。
可愛いですね~~
テントウムシもこれからはたくさん見ることになるんでしょう。

ツルオドリコソウ、育てていらっしゃるんですね。
花が咲いていなくても、葉っぱだけでもきれいですよね。
繁殖力旺盛で育てやすいし、頼もしいヤツです~~(笑)

そうか、そちらではリンゴが生るんだ。
今年はいい成果を出してくれるといいですね。

朝5時から草取りですか。
はい、私が寝に入る時間です~~(笑)。
頑張ってください。

あわせて読む