goro's 花 Diary

東京の街を彩る花たちを追っかけています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お待たせ、お嬢さま

2009年06月24日 | 09 花たち



【ハゼラン・爆蘭】スベリヒユ科ハゼラン属

ネジバナが咲き始めたのを確認して以来、同じ時期に咲き始めるもうひとりのお嬢さま、ハゼランのことが気になっていました。
ママコノシリヌグイ、ネジバナと並び、ピンクの萌え花トリオの一員ですのでね。
昨年は逆で、こちらのお嬢さまが咲いているのを見かけて、ネジバナに思いを馳せて会いに行ったんでした。

わが町に数ヶ所あるハゼランたちをチェックしてみました。
もともとがアスファルトの隙間から顔を出しているものがほとんどですが、今のところまだ姿が見えませんでした。
でも諦めている訳じゃありませんよ。
ネジバナと違って花時期の長いハゼランですからね、ゆっくりでいいですから、今年もわが町にも可憐な姿を見せてくださいね。

ならばです、昨年出会った花マップ登録のハゼランを訪ねてみるかと思いつつ、天気や何やかやとあって出かけられない日々が続き、ようやっと20日に行くことができました。
とは言いつつ今回紹介しているのは、昨年の場所のものではありません。
すぐ近くで、株数も多く見られるところのものです。

ネジバナとの出会い以来、待ちに待った16日振りのハゼランの花との出会いです。

中南米など熱帯アメリカ原産の多年草で、もともとは観賞用として明治初期に導入され、現在では各地に野生化したものが見られる帰化植物です。 

蕾が次々と爆ぜるように咲き出すことから「ハゼラン・爆蘭」と命名されました。
午後3時に開花し始めることから「サンジソウ・三時草」の別名もありますが、その他にも数多くの別名がありますのでね、そ件に関しては2年前の記事、「小花萌え狂い」を覗いて見てください。
酔っ払いの与太話ですけどね。

南アメリカのアマゾン流域をはじめ、西アフリカやインド、東南アジアで新しい野菜として栽培されています。高さは30センチほどになり、葉はソフトで栄養価が高く、「ホウレンソウ」の代用品として利用されますとの記述を見て以来、いつかは食さなければと思いつつ、未だ叶わずです。
もし機会に恵まれた暁には、「外ごはん」のおかずの1品として登場していただきましょうかね。
今回のこの場所のものは、可能性を秘めていますよ。

英名の「コーラルフラワー・coral flower」は、この赤い実に由来します。
3~4㎜の赤い実は、確かに珊瑚玉に見えますね。


…………………………………………………………………

【追記】6/29

土曜日の出かけ先でハゼランを見つけましたので、いいチャンスだと思い葉っぱを採取してきました。
上で花を紹介しているのとは、別の場所での採取です。
1枚の葉は10cm弱と小さいので、これで30枚ほどでしょうか。

初めてなので、オーソドックスにさっと湯がいてお浸しにしてみました。

一言、美味しいです!

肉厚の葉はコリコリとした食感で、噛んでいるうちにメカブにも似た独特のぬめりが出てきます。
下処理の面倒臭さもないし、えぐみも苦味も強くなく、野草にありがちな繊維質が際立つような粗野な食感でもありません。
噛む毎に滑らかな旨みが口中に広がりましたよ。

クセは確かにあります。
でもそれは、野菜それぞれの味が違うのと同じ理屈です。
好みの問題だけです。
葉物野菜として栽培され、販売されたとしたら、ファンが付くと思うんだけどな。

野の食材としては、ムラサキハナナと双肩でしょうかね。

チャンスは少ないかもしれませんけどね、もし巡ってきましたら、是非とも食すことをお薦めいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄色の撫でし子 | トップ | 禊にはまだ早い »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ロッキーママ)
2009-06-24 08:34:02
昨年、一昨年の記事を見て吹き出してしまいました。
特に一昨年の記事を書いている姿を見たかったです(笑)
でもハゼランを見たら誰でも狂いますよね!
私は名前を付けるとしたら、「萌える線香花火」と付けたいですね。(笑)
葉は食べられるのですか?ほうれんそうの代用ですか。
う~ん、食べてみようかな!

昨日実家の裏の道路とドブの間にネジバナが咲いているのを見つけました。
これも萌えますね!
萌え花トリオ (ポージィ)
2009-06-24 10:23:13
ネジバナ、ハゼラン、ママコノシリヌグイでピンクの萌え花トリオ
だったのですね~ フフフ♪
このハゼラン、なかなかいい場所に根を張れましたね。
踏まれることもなく、可愛いねと見てもらえそうな場所で。
私も好きなんですけれど、なぜかうちの近辺では、昨年はほとんど
見ることができなかったんです。一昨々年、一昨年は
たくさん
見られたのになぜ?みんな抜かれちゃったのかもしれません(;_;)
今年は会えるのかなどうかな。会えなかった後で会えたら、
萌え~~っ!となりそうです。
 
そうそう、うちの庭の2本のネジバナ、生きてました。
今咲いている最中ともうじき咲くという段階です(^^)
きましたね! (noodles3)
2009-06-24 13:25:54
ママコは、先週末たったひとつだけ開花を確認しましたが、例の群生の場所はまだまだでしたよ。

ハゼラン。途中で「外ごはん」に入ってしまいました(笑)。
ゴローさんの、ドカベン、相変わらず美味そうです♪
ハゼラン、今年はじっくり撮ろうと思っています。
葉が、食べれると!
チャンスがあれば試してみます。
Unknown (smoketree)
2009-06-24 22:13:00
この花が、以前からずっと気になっていました。
名前も素性もわからず、もやもやしてました。。。
というのも大阪の中心部に仕事場があるのですが、そのあたりにちらちらと見かけます。
花火のような実とほんと萌えるような姿に心揺れていました・・・・
ピンクと赤と葉のグリーンがほんと萌え系ですね。
悟郎さんは、お上手です!
萌え花トリオ~ナイスです!
今日の画像を見て思わず膝を叩きました~

黄色のナデシコも溜息です。。。。
そんなのが、この世にあるんですね。
家のナデシコ・ソーティーが色あせました。
黄色のがほしいです。
コメントありがとうございます! (悟郎)
2009-06-25 00:33:38
★ロッキーママさん

過去記事、読んでいただけましたか。
いやはや、お恥ずかしい。
酔いが進むにつれまして、ますますエスカレートしていきましてね、ブログにはアップ出来ないような名前まで書き連ねましたよ。
削除しましたけどね(笑)。
ロッキーママさんご推奨は「萌える線香花火」ですか。
美少女が登場しそうですね、それも気の強い(笑)。
「萌え」が入ると、いきなり耽美になっちゃいます~~

そうなんですって、葉っぱは食べられるんだそうですよ。
是非食べてみてください。
私も密かに狙っています~~(笑)

はい、ネジバナも萌え花です。
あちこちで、萌え続けています~~♪

★ポージィさん

は~い、この3つがピンクの萌え花トリオです~~(笑)
いまのところ、萌え度はママコノシリヌグイがダントツですけどね~~♪

そうなんです、このハゼラン、1mくらいの石垣の上にありますのでね、通行人にも見てもらえる場所にあります。
をの割りに、撮影中は怪訝な目で見られていましたけどね(笑)。
マイフィールドで見かけるのは、ほとんどがアスファルトと塀の隙間から顔をだしていますのでね、こんなに環境がいいのは、珍しいです。

ポージィさんのフィールドでは、昨年から減ってきていますか。
やっぱり抜かれちゃったんでしょうね、可愛い花なのに。
萌え~~っ!となることを祈ってます~~

ポージィ家の庭にやってきたネジバナ、生きてましたか。
只今開花中ですね。
よかったですね~~♪

★noodlesさん

もうママコが咲き出していましたか。
そんな季節になったんですね。
楽しみですけど、なかなかママコのところには行けないんです、いろいろあって(泣)。

外ごはんに入っていただけましたか。
今となっては、土方弁当街道を走ろうと思ってます~~(笑)。

葉っぱは食べられるんだそうですよ。
それも野草系じゃなく、野菜として栽培もされているんだそうですよ。
是非ともお試しを~~

★smoketreeさん

そうでしたか、以前から気になっていた花でしたか。
一目見ちゃったら、気になる花ですよね。
ハゼランと申します(笑)。
小花フェチにはたまらない花ですのでね、見かけるたびに萌え萌えしています~~(笑)。
萌え花トリオもお認めいただけましたか?
ありがとうございます~~♪

大阪の中心部に仕事場があるんですか。
通勤、大変ですね。

黄色いナデシコには、私もびっくりしました、想像外の花色でしたのでね。
ナデシコ・ソーティー、黒色系のナデシコですね。
育てていると、色褪せちゃうんだ。
黄色い織姫、素敵ですけど、直植えにはどうなのかなと思っちゃいました。

あわせて読む