goro's 花 Diary

東京の街を彩る花たちを追っかけています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

稚児狂い

2008年05月02日 | 08 花たち



【チゴユリ・稚児百合】ユリ科

日本各地に自生しているようですが、初の出会いです。
噂に違わず、可愛いヤツです。
いえいえ、噂以上の可愛さでございました。

小花好きにはたまらない花です。
20cmほどの背丈で、花は15mmくらいでしょうか。
その上に白花で下向きに咲くとなれば、おじさんもうメロメロです。
出会い頭に、鷲掴みにされちゃいましたからね。

生憎、小雨のなかでの出会いでしたが、お構いなしです。
光度不足もなんのその、息を呑み、膝をつき、肘もついての撮影です。

機嫌をそこねないように、優しく扱ってまいりました。

チゴユリ・稚児百合とは読んで字の如し、小さな可愛いらしい花姿を小さな子供に見立てたのが、名前の由来です。
趣のあるいい名前ですよね。響きもいいし。

「お稚児さん」という言葉には、子供という意味の他に、耽美の香りプンプンの別の意味合いもあるよね。

お稚児さんに翻弄される中年?初老?のおっさんの悲喜劇。
それは私です。

1茎1花が基本ですが、まれにふたつの花がぶら下がっているものもあります。

一見すると可憐でか弱そうな風情はしていますが、どうしてどうして、実は逞しさも兼ね備えた植物です。
日当たりに恵まれれば地下茎を伸ばし、どんどんと増えていきます。
群生してるのは、珍しいことではないようですよ。

たくさんの花が並んで咲いているのを稚児行列に見立てたことが、名前の由来との説もあります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リラの街角 | トップ | 亜麻色の髪 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
質問です (ウチヤマ)
2008-05-02 10:41:32
毎日、忙しく仕事をされているのに、いったいどうやって撮影の時間を作っているのでしょうか?
それも、ただ単に写しているような写真ではないのに。驚いています。
笑。 (noodles3)
2008-05-03 00:53:44
僕は、暇人、趣味人、イマジンです。

これまた、素敵なものを見つけましたね〜!
まだ、咲いてます?
コメントありがとうございます! (悟郎)
2008-05-03 01:07:48
★ウチヤマさん

夜の商売ですので生活がずれていることで、午後の時間を自分の趣味に当てることが出来ます。
早めに家を出て、今日はこっち方面へと自転車を進め、撮影しているんですよ。
単に写してるだけですよ。
膝をついたり、時に腹這いになったりはしますけどね(笑)。

★noodlesさん

暇人、趣味人、イマジン、そうありたいものです~~

チゴユリ、可愛いでしょう?
どうだろう、もうそろそろお終いかな。

あわせて読む