goro's 花 Diary

東京の街を彩る花たちを追っかけています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

森の侵略者

2008年04月29日 | 08 花たち



【フジ・藤】マメ科

フジの花たちも、目につくようになりましたね。
初夏を代表する花のひとつで、紫の花色といい、揺れ具合といい、日本人好みの爽やかさを伝えてくれます。
すでに「Qちゃんちの白い藤」は紹介したし、昨年は、マイフィールドではまだ珍しいピンクの藤との出会いがあったんでした。
GWのうちに、ピンクのフジは見ておかなくちゃな・・・

東京で見ることのできる「藤の花のある風景」は、藤棚か盆栽に仕立られているものが圧倒的多数です。
樹木に絡んで這い登っていくフジの自然な姿を、東京の街で見ることは到底無理だろうと思っておりました。

それをね、都内某所で見かけたんですよ。


フジは森林の侵略者だってこと、知ってましたか?

この時期郊外に出かけると、新緑のなかでフジの花が咲いているのを見かけることがあります。
紫の花を見つけたら、フジかキリの花だと思って間違い無いでしょう。

もし山の中でフジの花が咲いているのを見かけたら、その山は荒れていることの証です。
数年にわたり、人の手が入っていない証拠です。
もし人手が入っている山であれば、フジの蔓などありません。真っ先に刈り取られますので。

樹木にとって、フジの蔓は天敵です。
蔓が幹を絞めつけて変形させてしまい、材木としての価値を下げるどころか、絡みついた木そのものを、「絞め殺す」ことだってあるんですよ。
まさに「庇を貸して母屋を取られる」状態です。

きれいな花が咲いているとのん気に見ているのは人間だけで、壮絶な生死を賭けた戦いが、森や林のなかでは、日夜繰りひろげられているんですよ。

つい最近のことですが、ターザンが雄叫びをあげながら、次々と飛び移っていくロープはフジの蔓ですかって訊かれたんだけど、おじさん、答えられませんでした。

フジ属の自生地は、日本や中国、北アメリカといわれています。

ターザンの舞台はジャングルだしね、熱帯地方にはフジは生育していないってことなのかな。
じゃぁ、あの太いロープ状の蔓は、何の蔓なんでしょうか・・・


このフジがどのあたりで咲いているのか、わかりますかね。

中央のビルは、六本木ヒルズですよ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「か」と「す」の間 | トップ | 足元の夏の雪 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しなやかに忍び寄る・・・ (ばね)
2008-04-29 05:56:01
学校の校庭を見渡す辺りには、藤棚が結構設けられています。
機会があれば亀戸天神か芝離宮の藤を見に参ります。藤棚の下に座っていると、懐かしい「ヘリオトロープ」の様な香りを嗅ぐことが出来るのですが・・・
そうか、藤が自生してるって、そういうことなんですね。こちらも可愛らしいマメ科の形なのに・・・^^;

ええっと・・・
今回は藤の自生場所のクイズでしょうか?地図とにらめっこしてきま~す(笑)
藤棚の下 (しゅうこ)
2008-04-30 00:00:06
今年は桜をはじめとして開花は早いのですが、さすがに藤はまだ先の話です。
好きな藤棚が二か所あるので、そこに行くのが楽しみです。ひとつは通路の上にアーチ状に作られた棚で、通り抜けるようになっているんですよ。

ライラックの蕾が少しづつ膨らんできています。
ライラック祭りというのが五月末にあるのですが、その頃には花の大半が終わっているのでは、と少し心配です。

いつもきれいな写真を見せてくださって、ありがとうございます。六本木ヒルズと藤は、不思議な風景でした。
コメントありがとうございます! (悟郎)
2008-04-30 19:08:40
★ばねさん

大小の公園が中心ですが、個人のお宅の玄関先を含め、藤棚は比較的目にします。花付きはマチマチですが。
亀戸天神の藤は有名ですよね。大昔にみたことがあります(笑)。
浜離宮にも藤棚があるのですか?
藤の花の香り、意識したことありませんでした。
今度嗅いでみます。

フフフ、特にクイズということでもなかったんですが、推理してみてください(笑)。

★しゅうこさん

桜前線、さっさと津軽海峡を越えちゃいましたね。
全体的に早目の開花になっておりますか。
お目当ての花を見に行くのは、ワクワクしますよね。
アーチ状の藤棚ですか。その下を通り抜けるのですね。
枝垂れた藤の花の下を通って行く・・・想像するだけでも素敵な状況です。

ちょうどライラックの記事を用意してたところです。
こちらではほとんど終わりです。
いまから蕾が膨らみ始めていたら、五月末まで持ちますかね。
花がらみのイベントは、自然との戦いですね(笑)。

六本木ヒルズのビルを画像に取り込もうと、必死でアングルを探しました。
写って欲しくないものが、すぐ手前にありましたので(笑)。
ご友人の散歩道の一角での撮影です。
ターザンの蔓は、 (noodles3)
2008-05-03 00:27:08
アケビ説に引っかかりますね(笑)。

因みに、ジャックとマメの木は、ブラック・ビーンズだそうで、マメだけで握りこぶしほど。
オーストラリア原産の観賞・食用で、デイゴに似た花が咲くようです。

藤とはずいぶん見当外れでした。。。
アケビ? (悟郎)
2008-05-03 01:17:32
★noodlesさん

ターザンの蔓って、アケビの可能性もあるんですか?
まさか・・・といいつつ自分で撮ったアケビの写真を見てみると、かなり太い蔓になるんですね。
このくらいの太さがあれば、確かにロープ代わりにはなるな・・・

ジャックと豆の木は、ちゃんと特定出来てるんだ。
豆の大きさが握りこぶしですか。  デカッ!
お話の世界のお化け豆だと思ってましたよ~~

あわせて読む