goro's 花 Diary

東京の街を彩る花たちを追っかけています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この花の居場所

2007年07月26日 | 07 花たち



しっかり写っている葉は、野イチゴです


【ヤブミョウガ・藪茗荷】ツユクサ科

すごく恵まれていると思うのですが、私の花環境で、それも極近い場所で、ヤブミョウガの群生を数ヶ所で見ることが出来ます。
林の下だったり、樹木に取り囲まれていたりで、この花を観賞するには、もってこいの場所です。

少し薄暗いところで見ることで、この花の魅力が数段アップすると、個人的には思っております。花の白さが際立ちますからね。
その上に雨でも降ってこようものなら、いや増しますよ、魅力が。

とはいいつつ、今回アップしたヤブミョウガの花たちは、上記の条件をほとんど充たしておりませんが・・・

かなりの丈があります。
1メートルくらいのものは当たり前に見かけますし、1、5メートル、それ以上になるものもあります。

茎の先に、数段の輪生状に花が咲きます。

ヤブミョウガのヤブは、推察いただけますよね。
ミョウガのほうは、葉っぱが似ているからです。
藪の中で育つ、茗荷に似た植物というのが、名前の由来ですかね。
とはいっても、花はまったく違いますし、そもそもショウガ科のミョウガとは、縁も所縁もございません。
こちらはツユクサ科ですから。

昨年も一昨年もヤブミョウガは紹介しておりますが、その折には触れていないことがありました。
理由は簡単、画像で説明することが出来なかったからです(いい写真が撮れなかったということです)

今回アップしてる写真を見ていただけるとわかります。

ヤブミョウガは、両性花と雄花とが、同じ株に混ざり合って咲くのです。

雌蕊がピンと伸びているのが両性花、雄花には当然ながら雌蕊はありません。
花が開く前から、雌蕊が突き出しているのがわかるでしょう?こちらが両性花です。
雄花はありますが、雌花だけというのはありません。

雌雄異花、異株の植物は樹木系などにはよくありますが、両性花と雄花という組み合わせもあるのです。
この場合の雄花の役割は、いざというときの「控え」ってことなんでしょうかね?
生き残りのための、戦略でしょうか?

勝手な推測です。

時を経てこの白い実は、メタリックな輝きを帯びた青い実へと変身していきます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな国の薬玉 | トップ | 小さいヒマワリ~ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こぐま)
2007-07-26 10:19:58
goroさま、おひさしぶりです。
東京はまだ梅雨があけないそうですね。
こちら国東は、先日の台風すぎたとたん、またもや炎暑です。

ヤブミョウガ、雌芯がつぼみのときから出てるとは知らなかったです。
でも、蕊が1本つきでてると、なんだか雄蕊が突き出てるようにカン違いしかねんのは、私だけだろうか?

ちなみに、今山ではミョウガが採れだしたよぉ!
納豆お好きな方は、ネギのかわりにヨカです、と私は思う。

この方達には (ポージィ)
2007-07-26 10:33:47
自分ちの庭で会えます。
日当たり悪くジメッとした庭が生育環境としてぴったり
だったんでしょうか、今年は去年より数を増やし、それぞれが
花を付けています。1.5mかそれ以上のものも…?悟郎さんのお写真の
花穂も長くて立派ですもんね!
ウギャッ そんなことになるのは困るなぁ。間引かなくっちゃ。
自分ちにあるのに、両性化と雄花の2種類が咲くなんて
まったく!ぜんっぜん!知りませんでした。
いかに観察ということをしていないかがバレバレですね。
(蚊に刺されるから外にいたくないんだも~ん 言い訳)
今、ガラス越しに見てきた限りでは、雌しべと雄しべ両方がある
両性花ばかりのようでした。蕾から雌しべだけ出ているのも
確認できました(^^)
く~~~ッ、、 (noodles3)
2007-07-26 15:14:27
雌花と雄花、混合でしたか~!!
知らずに雄花ばかり、撮ってしまいました。
(ゴローさんの理想の環境はキープしたのになあ。。)
コメントありがとうございます! (悟郎)
2007-07-27 00:45:47
★こぐまさん

お久し振りです。忙しかったんですか。
梅雨明け、まだなんですよ。
梅雨末期の高温多湿に、悩まされております。

雌蕊mもう蕾の段階で主張してます。
雄蕊と勘違いですか?
植物の世界で、雄蕊1本だけってことは、あまり考えられないですからね。
数で勝負するのが、雄の性です(笑)。

もうミョウガが採れだしましたか。
夏ですね~

★ポージィさん

ポージィ家の庭には、どこからやってきたヤブミョウガがいるんでしたよね。
環境にマッチして、勢力拡大してますか。
恵まれた環境のヤブミョウガは、かなり大きくなりますからね。
地下茎で増えていきますから、こまめに間引きをしないと、それこそ藪になっちゃいますよ(笑)。

両性花と雄花が混じって咲くこと、ご存知ありませんでしたか?
私は昨年気が付きました(記事中に、少々嘘が入ってます)。
ピンとした雌蕊の無い花があるなってことが、きっかけでした。
調べてみると両性花と雄花のことがわかったので、今年は是非それをと思ってました。
数えて調べた訳ではありませんから、正確なことはわかりませんが、両性花のほうが多いと思います。
雌蕊の突き出ている蕾、初めて出会ったとき、花の咲き終わった姿だと思っちゃいました(笑)。
★noodlesさん

両性花と雄花の、混合ですからね~~

素晴らしい環境で咲いてるヤブミョウガでしたよね(笑)。
どちらかというと両性花のほうが多いと思うのですが、noodlesさんは雄花の魅力に取り付かれちゃったのかな。
確かに雄花のほうが、可愛さは上だと思います(笑)。

TB、ありがとうございます。

あわせて読む