goro's 花 Diary

東京の街を彩る花たちを追っかけています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その花の下を来る人

2007年05月05日 | 07 花たち


♪その花の道を来る人の
明るい顔の不思議さに
くぐりぬけてみる花水木

♪何故か君のことを
何故か君のことを 考えてます


小椋佳の歌なんですけどね。
1971年に発売されたアルバム、「道草」のなかに収められている1曲、「くぐりぬけた花水木」という歌です。

私が【ハナミズキ・花水木】という花の名前を知ったのは、この歌が最初でした。
今でこそ街路樹はじめ、あちこちで花水木の木は見られますが、当時はまだこんなにポピュラーな花木ではありませんでした。
ハナミズキってどんな花だろうって、そう思いました。

実際に見たときにはね・・・
悲しいかな・・・ 記憶にないんだよな、これが。

その後大ブレークしましたよね、ハナミズキの花は。
新しく植えられる街路樹は、すべてハナミズキなんじゃないかと思われる様相を呈していたときがあります。
ここにきて落ち着いていると思いますがね。

上2枚の写真は、駒場の街の街路樹なんです。
ここのハナミズキを紹介したいと昨年も考えていたのですが、花時期を逸してしまって出来ませんでした。
満を喫しての登場です。

まだ若い木だと思うのですが、この街の雰囲気に合っていると思ったんですよ。
そこに例の小椋佳の歌が聞こえてきてね(自分で歌ってたんだけどね)、道行く人たちが、みんな素敵に見えました。


【ハナミズキ・花水木】ミズキ科

花びらに見えるのは総苞片で、花は中央のこの部分です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足元の風鈴 | トップ | 雀や~~い! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うお~っ! (ちょびママ)
2007-05-06 10:05:15
最後に雄叫び上げてしまいましたよ(笑)
最後の画像、キレイですね、たまりません。
後姿フェチと豪語してたのに、これは迂闊でした。
開き始めの姿ばかりに気をとられ、後姿はまったく頭になかったですよ。
あぁ悔しいッス(涙)
おかげ様で来年の楽しみが出来ました。
ラスト、 (noodles3)
2007-05-07 19:24:59
光に透けた花びらと葉が奇麗ですね♪
けっこう、大きな花ですか?
コメントありがとうございます! (悟郎)
2007-05-08 02:38:54
★ちょびママさん

琴線に触れちゃいましたか?
ちょびママさんの影響で、私もすっかり後姿フェチになってます(笑)。
あちこちの花たち、後ろから撮りまくっております。
その上、前々からの覗き癖もあって、いやはや変なおじさん街道まっしぐらで~~す。

★noodlesさん

ラスト画像に反応いただき、ありがとうございます。

あれ、ハナミズキの花、気付きませんでしたか?
かなり大きな花ですよ。
10センチくらいはあるのかな?

あわせて読む