goro's 花 Diary

東京の街を彩る花たちを追っかけています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花色グラデーション

2007年06月14日 | 07 花たち

時間を置かずして、またまたラッキーな出会いがありましたよ。

今回も労せずの出会いです。

見ていただきましょう。



【シロバナアカツメクサ・白花赤詰草】マメ科

月曜日にシロツメクサ白詰草・のピンクバージョン、モモイロシロツメクサ・桃色白詰草を紹介いたしましたが、今回はアカツメクサ・赤詰草の白花、シロバナアカツメクサ・白花赤詰草の登場です。

こんがらがっていませんか?
言葉遊びではありませんからね。

アカツメクサがところどころに咲いていましたのでね、何気にチェックしてみたんです。

アカツメクサに白花があることは、先にあげましたモモイロシロツメクサの存在を知ったのと同じく、ポージィさんのブログでした。

ピンクの白詰草のときはすんなり出会えたけど、白い赤詰草はそううまくはいかないだろうと思ってましたのでね。

それが今回もすんなりでしたよ。
ちょっと怖いくらいです。
いえね、何だか「運」を使っちゃってるんじゃないかな、なんてね、信心もへったくれもの人間が、殊勝にも思ってしまう訳ですよ。

一輪だけ咲いていました。
1株1花でした。
蕾がありましたのでね、この先もまだ咲くと思います。

シロバナアカツメクサは、特別に【セッカツメクサ・雪花詰草】と言うそうです。

雪花詰草か・・・
いい名前だよな。

まあ、名前負けしないようにして頂戴。

シロツメクサとの違いは、葉っぱが花のすぐ下にあることで区別できます。
丈とか花の姿などで、見るとすぐわかるんですけどね。


アカツメクサの色のバリエーションを、整理しておきましょうかね。







ピンクのグラデーションが展開しておりますが、おおまかに分けて、3色のピンクの濃淡があります。
上の2色が多いのかな。
最後のものなんか、遠目だと白に見えるくらいの花色です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♪リンデンバウムの大きな幹に | トップ | 梅雨明けはいつ? »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい! (ポージィ)
2007-06-14 10:11:57
モモイロシロツメクサをポン!と見つけられたと思ったら、
今度はシロバナアカツメクサもですか!快挙ですね。
雪花詰草の名前すごくステキですよね。なぜにこの子だけが
こんなステキな別名を貰えたのかしら。
色の微妙な違いもこれだけあるのですね。ツメクサたち奥深し。
ホラネ♪ (vp-kuro)
2007-06-14 10:12:37
やっぱりね。
花たちからの御礼の言葉が聞こえてきましたねー。
いつも観察しているからこそ、
見える花もあるのでしょうね。

あの悪夢の事件後、
ブログで悟郎さんの笑顔が感じ取れるのが
嬉しいです。
よかった!!

シロツメクサ白詰草・のピンクバージョン、モモイロシロツメクサ・桃色白詰草・アカツメクサ・赤詰草の白花、シロバナアカツメクサ・白花赤詰草
仰るとおり、こんがらがってまだわかりませんが、
いろいろあるんですね。可愛いよ。

え~と、、、? (noodles3)
2007-06-14 17:12:26
ラストの4枚は、モモイロツメクサではなくアカツメクサなんですね??
コメントありがとうございます! (悟郎)
2007-06-15 02:23:54
★ポージィさん

この僥倖は何なんでしょうか?
普段からあまり運のあるほうではないのに、続けざまの出会いに、少々驚いております。
モモイロシロツメクサのときと同様、アカツメクサも目についたらチェックしてみましたが、出会った1株以外は、見ませんでしたからね。
やっぱり快挙ですよね?

私もなんですよ。
別にこのおかたに文句をつける気はありませんが、何故あなたはこんな素敵な名前、雪花詰草って名前をいただいちゃったんですかって、聞いてみたくなりました(笑)。
ポージィさんのおかげで、ツメクサたちのこといろいろわかりました。
感謝~~

★kuroちゃん

そうなんでしょうかね、花たちが励ましてくれているんでしょうかね。
確かに数多くの出会いがなければ、変異したり、稀少な花たちには出会える機会は少ないですけどね。
今回は、あまりにすんなりいっちゃったので、ビックリでした。

フフフ、ね、こんがらがっちゃう名前でしょう?
まず基本の花を理解して、色の違いを持ってきてと・・・メンドウなこってすわ(笑)。
まあ、これも楽しかったりするんですけどね。

★noodlesさん

お答えします。
この記事中にアップしている画像は、すべてがアカツメクサです(笑)。

あわせて読む