≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.335 ジョニー・キャッシュ/黒い服の男 (1971)

2017-08-13 | Weblog
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その335
Johnny Cash - Man in black

いつものジョニー・キャッシュ・グルーヴで始まるイントロだけでもわたしはワクワクしてしまうのだけど、この曲もまた歌詞が素晴らしい。

1971~72年にかけて放送された『ジョニー・キャッシュTVショー』という彼がホストを務める番組のDVDが日本でも発売されていて、わたしはそのDVDでこの曲を歌詞の日本語字幕付きで聴き、感動したのだった。

ジョニー・キャッシュは上下真っ黒の服を着ていることが多いのだけど、そのことについての自身の想いを語った歌だ。

どうしていつも黒い服を着てるのかって?
なぜ明るい色の服を着ないのかって?
なぜいつも陰気くさいのかって?
それにはおれなりの理由があるんだ

絶望した貧民街の人たちのために
そして長いあいだ罪を償ってきた囚人たちのために
牢を出られない時の犠牲者のために
おれは黒い服を着る

言うことなしの人生を送っているおれたち
車を飛ばして、おしゃれな格好をして
でもだからこそ弱者を忘れないために
黒い服の男がいるべきなんだ

病気の人や孤独な老人たち
麻薬中毒で身も心も冷えきっている人たち
毎週100人もの若者たちが死んでいる
彼らを偲んでおれは黒い服を着る

何千人もの死者のためにおれは黒い服を着る
彼らは神様が味方だと信じていたんだ
何十万人もの死者のためにおれは黒い服を着る
彼らはおれたちが味方だと信じていたんだ

いつの時代も間違っていることはあるし
変えなければいけないことがある
だれもが世の中を良くしようと行動したら
おれは晴れて白い服を着るよ

だがおれはこの暗さを引き受けるつもりだ
この世の中が良いほうに変わるまで
おれは黒い服を着続けるんだ

うちのJKの娘もわたしが見ていたそのDVDで彼が歌うところをたまたま見て以来、なぜかこの曲を気に入ってスマホでよく聴いている。
たぶんジョニー・キャッシュはこの1曲しか知らないだろう。
そういう意味でも、この曲はわたしにとって、ちょっと特別な曲なのだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.334 キャロル・キング/君... | トップ | No.336 ジュディ・シル/ジー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL