≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.291 スマッシング・パンプキンズ/1979 (1995)

2017-06-30 | Weblog
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その291
Smashing Pumpkins – 1979

「1979」は、スマッシング・パンプキンズの3枚目のアルバム『メロンコリー、そして終りのない悲しみ』の収録曲だ。
アルバムは2枚組28曲入りの大作だが、彼らにとって初の全米1位となる大ヒットとなり、シングル・カットされたこの「1979」も、全米シングルチャートで12位まで上がる、彼らにとって最高位のヒット曲となった。
この頃が彼らにとっての商業的ピークだったと言えるだろう。

ちなみに「全米チャート」「全米1位」という言い方をよくするけれど、この「全米」とは、アメリカでは「R&Bチャート」「カントリー・チャート」「オルタナティヴ・チャート」などチャートが細分化されていて、そのぜんぶまとめた総合順位のことを「全米チャート」と呼んでいる。念のため。

われわれ当時のファンは彼らの代表曲と思っている「トゥデイ」なんかはオルタナティヴ・チャートで4位まで上がったものの、全米チャートでは100位以内に入ってもいなかったりする。

わたしはたまたまネットバカが集まる掲示板的なところで、スマッシング・パンプキンズを"「1979」だけの一発屋"という書き込みを目にして、へーそういう認識の人たちもいるんだ、と新鮮にすら思ったものだ。

そんな彼らの一発ヒット曲「1979」は、90年代前半のグランジブームのシンボルであった轟音ギターは封印され、シンプルで爽やかですらあるサウンドが印象的だ。だから広く受け入れられ、ヒットにつながったのだろう。
わたしはこの曲がヒットした時に「ああもうグランジブームは終わったんだな」と思ったものだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.290 オアシス/ドント・ル... | トップ | No.292 レディオヘッド/パラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL