≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.057 トム・ウェイツ『クロージング・タイム』(1973)

2009-11-28 | Weblog

トム・ウェイツのことはわたしはそんなによく知らないが、このファーストと初期のベスト盤はよく聴いた。

アメリカの田舎町の退屈な人生、パッとしない恋愛とうまくいかない結婚生活、貧しい暮らしと慢性的なフラストレーション、閉塞感に満ちた人生、わたしは歌詞も知らないのに勝手にそんなイメージの音楽ととらえて、ブルース・スプリングスティーンと同じように、共感をもって聴いていた。

わたしはたまたま今はちゃんと暮らせてるし、仕事もあるが、こんなものは偶然にすぎず、まともな生き方ができなかった可能性のほうがむしろ高い。
ひどく貧しい暮らしはしていないが、しててもおかしくはない。ひどく絶望的な人生を送ってはいないが、しててもおかしくはない。
そういうのは本当に紙一重のことだと思う。なぜそうならなかったのか、むしろ不思議なほどだ。
ある分岐点でちょっと頑張ったとか、あるいはある分岐点でちょっと運が良かったとか、ちょっとやりすぎてしまったとか、そんな程度で人生は大きく変わってしまう。

先月、もう7年だか8年だかいっしょに仕事をしてきた部下が、突然失踪した。
理由もなにもまったくわからない。無断欠勤したまま、とにかく連絡が取れない。
彼のアパートに行ってみても、荷物を持っていった形跡はまったくない。着の身着のままでいなくなっている。
そしてすべて今年の日付で、数社の消費者金融との契約書があったが、それがなにを意味してるのか、失踪になにか関係があるのかすらもわからない。

3週間ほどして家族の方から、彼が実家に戻ってきた、という連絡があった。3週間のあいだ車の中で寝泊りしていたそうで、円形脱毛症がひどく、放心状態でなにも話さないということだった。
わたしは50%の確率で死んでいると思っていたので、正直ホッとした。

でもそれ以上のことはなにもわからない。きっとこのまま、わたしにはわからないままなのだろう。
彼はもう会社に復帰することはありえないし、わたしと二度と顔を合わせることもないわけだ。
こんなことが起こるなんて考えたことは一度もなかった。彼の人生にそのようなブラックホールが顔をのぞかせるなんて、思ってもみなかった。

彼の車にはいつも同じCDしか積まれていなかった。音楽にはまったくといっていいほど興味がなかったのだろう。「北斗の拳」の主題歌集とビリー・ジョエルのベスト盤しか持っていなかった。
あまりいろんなことに興味を持つやつではなかったが、素朴で実直なところがわたしは好きだった。

われわれはドラマの主人公ではないので平凡な日々を送り続けるが、しかし平凡な日々にもびっくりするほど恐ろしい落とし穴がたくさん口を開いて待っている。平凡なわれわれはその対処の仕方がわからず途方にくれる。
こんなことがなんの前触れもなく起こること、そして何事もなかったかのようにまた新しい日々は過ぎていくこと、それについてこの数週間考え続け、なにに対して、というのがわからないような、やりきれない哀しみを感じ続けた。

トム・ウェイツの音楽を昼間に聴くという人はあまりいなさそうだ。わたしも必ず夜に聴く。
苦渋に満ちた声で歌われる美しいバラードを夜中に聴いていると、いろいろなことを考える。
同じ夜の月の下で、平凡な夜を送っている幸せな人々のこと、まだ働いている人々、あまり幸福でない夜を送る人、絶望的な夜を過ごす人々、そしてなにかから逃げようとして車の中で眠る男のこと。どのような気持ちなのか、わたしは思いをはせる。
考え続けると体は凝固してしまいなにも耳に入らなくなって生産的ではないので、「よし、終わり」と声に出して考えるのをやめなければならない。
わたしはわたしでまだまだ明日からも、平凡な日々を送るために、頑張って仕事をしなくてはならないのだ。


Tom Waits' Fabulous 5 Songs

1.Grapefruit Moon (1973)
2.Martha (1973)
3.Jersey Girl (1980)
4.Tom Traubert's Blues (1977)
5.Ol' 55 (1973)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特別編 追悼:加藤和彦 | トップ | No.058 スウェード『スウェー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明と暗 (まーこ)
2009-11-29 15:30:29
物事は考え方ひとつでゴロンと逆転してしまぅ。。
私は神経質でマイナス思考のタイプに生まれなくて本当に良かったと思ってる。

昨日も何人かの人に言われたけど、うち2人の仲が何でそんなにイィのかって。
それも多分、お互いのそんな所からも来てるんだろぅな。

ゴローさんもきっと前向き思考だと思うし、トム・ウェイツもそーだろぅ。
某”のせさん”も考えにくぃ数々のいろんな事があっても持ち前の前向きさのお陰で最後は幸せいっぱぃで逝った。

悪い時もあれば良い時も必ずくっつぃて来る!
平凡な日々でも精一杯楽しむべし☆
(あれ?こんな話じゃなかった??(^_^;))

トム・ウェイツは大好き♡
特に『New Coat Of Paint』は
聴く度に真っ昼間でもウィスキヰー(笑)が飲みたくなる!!!
そん時はストレートもイィけど”ロック”でね
まあほんとに (ゴロー)
2009-12-04 07:09:56
ほんとに恐れ入るぐらい前向きなご夫婦ですよね。頭が下がります。
でもそれこそが「平凡な毎日」という最上の日々を送るために普段からしている「努力」だと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL