≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.031 ステッペンウルフ/ワイルドでいこう! (1968)

2016-10-13 | Weblog
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ 31
Steppenwolf - born to be wild

若い子は知らないかもしれないけど、ロック好きのおじさんやおばさんはだれでも知ってる名曲だ。

若い子は一目見て「ダサいなあ」と思うかもしれない。
しかしカッコいいためにはダサい要素も必要なのだ。

この曲はデニス・ホッパー監督の『イージー・ライダー』で使用されて有名になった曲。
この映画こそ、社会からはみ出したダサいやつらのダサい運命を、技術は稚拙だけど荒っぽく奔放に描いた、史上稀にみるほどカッコいい映画だ。

『イージー・ライダー』は当時のアメリカ映画の常識をぶち壊したような映画だった。
全編にリアルタイムのロック・ナンバーが使われたのもほとんど初めてのことだった。

中でもこの曲は大型バイクで疾走する2人の映像になによりもうまくハマっていた。
単に映像と音楽の雰囲気が合ってるというだけのものではなく、その志や目指すものを含めて、映画とロックがシンクロした初めての瞬間だったのかもしれない。

わたしはデニス・ホッパーが好きで、彼の監督作や出演作はマイナーなものまでビデオを探してだいたい見つくしている。
監督としても役者としても素晴らしい、破天荒な天才なので、わたしは「アメリカの勝新太郎」と呼んでいる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.030 ジャニス・ジョプリン... | トップ | No.032 ザ・バンド/ザ・ウェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。