≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.034 ジョニ・ミッチェル/青春の光と影 (1969)

2016-10-16 | Weblog
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ 34
Joni Mitchell / both sides now

ほんとにたまたまなのだけど、ザ・バンド、レナード・コーエン、ジョニ・ミッチェルとカナダ人が3回続いてしまった。
ニール・ヤングもカナダ人だけど、わたしはカナダ人のこうしたじんわり哀愁漂うような音楽に惹かれるのだろうか。今までそういうふうに意識したことはなかったのだけど。

ジョニ・ミッチェルは比較的近年に聴くようになったので、わたしはまだそれほどたくさんの曲を知っているわけではないけど、とてもリスペクトしている女性シンガー・ソング・ライターだ。

女性の可愛らしさやセクシーさなどをまったく売りにしていないところ(失礼なのか?)が、この人の音楽の良いところだ。まるでベテラン音楽教師のように音楽に対する厳しさを感じる。
悪い意味ではなく、生真面目な音楽、というイメージだ。
そこがわたしは好きだ。

不真面目な音楽も面白いけど、生真面目な音楽もまた面白い。
いろんな音楽があったほうが楽しい。

これはジョニ・ミッチェルが書いた曲だけど、先にジュディ・コリンズが67年にこれをカバーしてヒットさせている。

ジュディ・コリンズのバージョンはストリングスも入った華やかでポップなアレンジだ。
でもわたしはこちらのリアルガチ感が素敵な、ジョニ・ミッチェル・バージョンのほうを好んでいる。



【早期購入特典あり】ブルー&ロンサム(通常盤)【特典:未定】
ザ・ローリング・ストーンズ
Universal Music =music=
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.033 レナード・コーエン/... | トップ | No.035 ザ・ストゥージズ/ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。