≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.189 ニルヴァーナ/カム・アズ・ユー・アー (1991)

2017-03-20 | Weblog
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その189
Nirvana - Come As You Are

ニルヴァーナの代表曲と言えば「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」にちがいないし、あの一発でロックシーンがブッ飛ばされた感が当時もたしかにあった。

でもあれはパンクやハードロックにまだ近い曲だったので、本当に彼らの新しさやオリジナリティに驚いたのはむしろこういう曲のほうだったと思う。あと「アバウト・ア・ガール」とか。

ニルヴァーナは当時のシアトルを中心とした「グランジブーム」の代表的なバンドのように語られたけど、実際にはグランジなんて呼ばれたバンドはだいたい70年代のハードロックバンドみたいなのばっかりで、ニルヴァーナみたいな斬新さを持ち合わせたバンドなんていなかったし、カート・コバーンみたいに曲が書けるソングライターなんて誰もいなかったのだ。

この曲もまたよくできた曲だ。
無駄がなく、カッコつけたところも、コケおどしもない。彼らはソングライティングだけで勝負するロックバンドだったのだ。

シンプルだけど独創的なギターリフと、フックのある歌メロの組み合わせは、数秒も聴けば忘れられない名曲になっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.188 チャック・ベリー/ジ... | トップ | No.190 R.E.M./ルージング・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。