≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.270 ブルース・スプリングスティーン/ハングリー・ハート (1980)

2017-06-09 | Weblog
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その270
Bruce Springsteen - hungry heart

十代の頃に、初めてブルース・スプリングスティーンを知った曲だ。

今でもこの曲を聴くと、なにかがこみあげてくるように胸が熱くなり、いろいろな場面の記憶がよみがえる。
歌詞に自分を重ね合わせて心を揺さぶられたり、孤独を感じたり、自分の間違いについて考えたり、勇気づけられたりした。

なんて思ってる人はきっと世界中にたくさんいるのだろう。わたしもそのひとりだ。
すべての、"満たされない心"を抱えた人々のテーマ曲だ。

ボルティモアに女房と子供がいた
おれはひとりでドライブに出かけて
二度と戻らなかったんだ
どこへ流れるかわからない川のように
間違った方向へ、そのまま進み続けたんだ

だれもが満たされない心を抱えている
なにかに賭けて、自分のやるべきことを探している

だれだって休息の場所が欲しい
だれだって家族がほしい
みんな同じことを思ってるだけなんだ
だれだってひとりぼっちでいたくないんだ


あ。
また孤独の歌だった。
わたしはどうしてもそういう歌に魅かれるらしい。

この曲が書かれたのは、アズベリー・パークでスプリングスティーンがジョーイ・ラモーンと偶然に出会ったことがきっかけだったらしい。
ジョーイはラモーンズに曲を書いてくれとブルースに頼み、ブルースは快諾してその晩に一気に書いたのが、この曲だった。

しかし自身のプロデューサーだったジョン・ランドーに聴かせると、この曲を提供するのはやめろ、と止められたということだ。
ジョン・ランドーはこの曲がヒットソングになると確信したのだ。

シングルとして発売されると、ブルースにとって初めてのトップ10入りとなる大ヒットとなった。

ラモーンズは好きだけど、あげなくてよかったと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.269 J.D.サウザー/ユア・... | トップ | No.271 チープ・トリック/永... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL