≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.188 チャック・ベリー/ジョニー・B・グッド (1958)

2017-03-19 | Weblog
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その188
Chuck Berry - Johnny B. Goode

とうとうチャック・ベリーが逝った。

彼は1950年代にロックンロールを創造し、世界に広めた、われわれロックファンにとっては創造主のようなものだ。

才能にあふれ、やんちゃでユーモアに富んで、傲慢でモテモテで、信じられないぐらいパワフルな、とても人間臭い創造主だった。

この「ジョニー・B・グッド」はチャックの代表曲であり、われわれの世代には「ロックンロール」と言えばまずこの曲をイメージするぐらい、ロックンロールのシンボルみたいな曲だ。

ルイジアナの遥か南、ニューオーリンズの近く
森の奥深くに粗末な小屋が建っている
そこにジョニー・B・グッドという田舎者の少年が住んでいて
読み書きすらできないけど、とんでもなく美しいギターを弾く

線路の脇の木陰に腰掛けて
列車のリズムに合わせて彼はギターをかき鳴らす
通りがかり人々は足を止めてこういう
「おお、こいつなかなかやるじゃないか!」

彼の母親はこう言った
「いつかおまえのバンドが有名になって
大勢の人たちが遠くから聴きに来るようになる
そしておまえはライトを浴びてその名前が告げられる
みなさん、ジョニー・B・グッドの登場です!ってね」


このシンプルな音楽は今聴いても圧倒的に素晴らしい。
ギターはこの曲を弾くためにあるかのように音が輝いているし、ヴォーカルは熱狂が伝わってくるほど生々しい。
60年前のロックンロールのシンボルは、少なくともわたしにとってはまったく色褪せずに輝きを放っているように聴こえる。

ロックンロールは、これまで何百年と続いてきた長い長い西洋音楽の歴史の中で、最も多くの人々が熱狂し、愛した音楽だろう。

自らが創造したロックンロールが子供たちや孫たちの世代に受け継がれ、世界中で熱狂的に愛され、人々の人生を幸福なものに変えたこの60年間を、チャックはどう見つめていたのだろう。
これほど誇らしく思うことはほかにないだろう。

90歳まで生きて大往生したロックンロールの創造主を、心からのスタンディングオベーションで送りたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.187 ニック・ケイヴ&ザ・... | トップ | No.189 ニルヴァーナ/カム・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。