≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.036 スライ&ザ・ファミリー・ストーン/アイ・ウォント・トゥ・テイク・ユア・ハイヤー (1969)

2016-10-18 | Weblog
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ 36
Sly & The Family Stone / I Want To Take You Higher

その昔、『ウッドストック』の映画でスライ&ザ・ファミリー・ストーンを初めて知った。
あの映画の中で観客が一番熱狂していたのはザ・フーでもジミ・ヘンドリクスでもなく、彼らのこの曲だった記憶がある。
その観客を巻き込む嵐のようなパワーが強烈な印象だった。

そのウッドストックのバージョンはあまりに違いすぎて、同じ曲とは思えないほどだが、わたしがスライ&ザ・ファミリー・ストーンを本格的に聴くようになったのは後年オリジナルバージョンを聴いて、それがとにかく気に入ったからだ。
重心が低く、やや遅めのテンポが、不穏な空気と独特のグルーヴをカモしていて最高だ。

彼らの音楽は史上初のミクスチャー・ロックと言えるだろう。
スライが開いた扉から、やがてプリンスが颯爽と登場した。

彼らは67年にデビューして69年のウッドストックあたりで絶頂期を迎え、しかし75年にはコンサートにもまったく客が入らないほど人気の下降が激しく、活動停止を余儀なくされた。

今から思えばタイムマシンに乗ってでも観てみたい伝説的なアーティストたちでさえも、その当時はあくまでただの人気商売で、われわれ音楽ファンの移ろいやすさ、飽きっぽさに振り回されて寂しい結末を迎えていたりするものだ。
仕方がないことなのだろうけど、寂しいものだ。



アンソロジー
スライ&ザ・ファミリー・ストーン
Sony Music Direct
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.035 ザ・ストゥージズ/ア... | トップ | No.037 キング・クリムゾン/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。