≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ by ごろー

洋楽ロッククラシックの偉大なる500曲を勝手に選びます。≪たのむから静かにしてくれ≫改題。

No.205 ジョニー・キャッシュ/フォルサム・プリズン・ブルース (1955)

2017-04-05 | Weblog
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その205
Johnny Cash - Folsom Prison Blues

ジョニー・キャッシュは1955年6月にサン・レコードから「ヘイ、ポーター」でデビューし、同年12月に2ndシングルとして発売されたのがこの曲だ。

1955年と言えばロックンロールが誕生した年だ。
この曲もまた、その偉大なる年に生まれたロックンロールの原型のひとつだ。
ギターソロもシンプルだけど、エッジの効いたロックンロールの香りがする。わたしはこのギターソロも大好きだ。

列車の音が聞こえてくる
きっと金持ちが食堂車で葉巻でも吹かしてるんだろう
でも俺はフォルサム刑務所に閉じ込められてる

おふくろはいつもいい子にしなさい、と言ってた
銃なんかで遊んじゃダメだって
でもおれはリノで男を撃ったんだ
ただそいつが死ぬところを見るためだけにな

だれか俺を解放してくれないか
あの列車に乗ってここから出ていきたい
このフォルサム刑務所から


なんとも恐ろしく哀しい歌だが、彼はいつもこれをライヴのオープニングで歌っていたそうだ。

この動画はカリフォルニア州立サン・クエンティン刑務所でのライヴである。
彼は道を踏み外して収監された囚人たちにシンパシーを感じたのか、刑務所での無料ライヴを何度か行っている。
もう1曲目からこの歌で、そりゃ盛り上がるに違いないが、よくこの曲を演奏することを許されたもんだと思う。
まあ、もし許されなくても彼なら演奏するだろうけど。

実際のフォルサム刑務所でも彼はライヴを行い、ライヴ盤も残されている。
この曲も演奏され、もちろん大盛り上がりである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.204 ザ・プラターズ/グレ... | トップ | No.206 エルヴィス・プレスリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事