「お元気ですか」岡野恵美です

日本共産党の岡野恵美の日常の政治活動や生活を紹介します。

「沖縄の心を聴く会」で山城博治さんにお会いする

2016年04月30日 | 日記

4月30日(土)

 きょう、「沖縄の心を聴く会」が開かれて、あの「戦場ぬ止み」で

辺野古新基地建設反対運動のリーダーとして頑張っていた山城

博治(ヒロジ)さんのお話を聞いた。

 米軍基地のゲート前で、ヒロジさんが先頭にたっていた闘いは、

裁判闘争に移って、いま一時休戦状態。

 この間に全国を駆け回っておられるとのこと。

 この集会は、三重県津市の造船所でつくっている埋め立ての

土台となるケーソン(52メートル×22メートル×24メートル、総

重量7400トンもある鉄筋コンクリート製の巨大な箱。)の建設

に反対している辺野古のケーソンを作らせない三重県民の会

が開いたもの。会場はほぼ満席。

 ヒロジさんとツーショット

 私は、 ヒロジさんにお会いできてとても感動した。

 沖縄の基地反対闘争は、米軍基地のゲート前にたちはだかる

人々を、県警やガードマンがごぼうぬきに散らす場面とか、

海上保安官と、反対派の住民が、小さな漁船やカヌーで対峙

する姿とか、激しいぶつかりあいがあって、実は私はこういう光景を

見るのが嫌だった。だから、きのう「戦場ぬ止み」を見て、むなし

さで胸がいっぱいになっていた。希望があるのかとの疑問も持った。

 でも、今日ヒロジさんのお話を聞いて、闘いの後で、みんなで

踊ったり、歌ったりするのだ。たたかいは「しなやかに」と言われ

た。ゲート前でも「けがをしないように。力をぬけ。」と言っている

との言葉を聞いて、ホットした。戦場は止められるとの希望が

わいてきた。

 いま全国で、8か所から沖縄に埋め立て土砂を搬入しようと

しているが、どこでも土砂搬入反対運動がおきている。沖縄の

闘いも本土の闘いも同じだと言われた。沖縄と本土が連帯

して、米軍基地をつくらせないことに確信が持てた。

 そのためには、安倍政権を参議院選挙で倒そうと心から思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「戦場ぬ止み」を見る

2016年04月29日 | 日記

4月29日(金)

 きょうは「戦場ぬ止み」の上映会が行われる。

 3回の上映で1回目の主催者あいさつを担当。

 安倍政権の辺野古基地建設にオール沖縄で

対峙。その闘いはすさまじいもの。まさに戦場。

ドキュメンタリーだから、実感をもってせまる。

 「戦場ぬ止み」は、沖縄は70年間戦場にされ

てきた。戦いの息の根を止めるという意味。

 参議院選挙で、がんばって安倍政権の息

の根を止めなければと思う。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三重県立美術館で「猫まみれ展」

2016年04月27日 | 日記

4月27日(水)

 三重県立美術館でいま「猫まみれ展」が開かれています。

 コレクタターによる350点もの作品で、ねこまみれ。

 猫のクッションも。化け猫から日本猫も、彫刻もいろいろ。

 とにかく楽しく見られます。6月26日までしています。

 ぜひご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪に「生活保護」の学習会に行きました

2016年04月26日 | 日記

4月26日(火)

 大阪社保協の研集会に参加し、生活保護の問題に

ついて学習しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本共産党で伊勢志摩サミット開催に係る県民要望と申し入れ

2016年04月25日 | 日記

4月25日(月)

 サミット開催まで、あと31日となりました。

 きょうの午後、党三重県委員会と県議団で副知事に

会って、「伊勢志摩サミット開催に係る県民要望と申し

入れ書」を渡して懇談しました。

 これは、先日の現地調査を含めて、この間の県民

要望をまとめたもので、15項目の内容です。

 大きくは①真珠養殖業者への対応②伊勢志摩サ

ミット宿泊センターの運営をめぐる問題点③20日から

29日まで、県発注のすべての工事を休止する問題。

④志摩市をはじめとする自治体への国の特別交付

税措置などの要望⑤サミット推進局の体制⑥伊勢

神宮の政治利用をやめることなど。

 石垣副知事は、県民に丁寧に説明することや、国

への要望など前向きに回答し、2週間以内に文書で

の答えると約束しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加