「お元気ですか」岡野恵美です

日本共産党の岡野恵美の日常の政治活動や生活を紹介します。

県議会一般質問3日目。農業経営の厳しさの訴え。

2016年10月01日 | 日記

9月30日(土)

 県議会一般質問3日目。4人が質問。

 私が印象に残ったのは、前野議員(自民党)の農業経営

の厳しさの訴え。1haから2haの農家への聞き取りによる

調査で、10アール(一反)あたりの農業収入は3万855

円と試算した一覧表をみせてくれた。汗水たらして頑張っ

ても一反あたり3万円少しにしかならない現状。

 農家は、皆が協力して水路の清掃や畔の草刈りをして

地域の農業を支えているのが現状。これでは後継者が

育たないのは当たり前。よくわかる。

 次に示したのは、農林水産省の農業統計調査。この場合

1反あたり526キロの収穫量で1ha~2ha規模の農家の

収入は21,808円の赤字。ただし15ha以上まとまれば15834円

の黒字となっている。要するに農地をまとめればやっていける

という事を意味している。そのほか、減反分を小麦や大豆など

の転作作物をつくって、収入を確保することなどを述べておら

れた。

 しかし問題はだれが農地を集約し、地域経済を守るために

頑張るかということだ。農地の集約はできるかという事もある。

もうけ本位の企業がおいしいところに参入して、地域をずたずた

にしてしまっては困る。

 私は、農業に従事する人が意欲を持てるようにするためには、

やはり行政がその役割をしっかり果たさない限り、未来はないと

思う。政府は、いろいろなプランを出してくるが、決して表面的

なプランにまどわされてはいけないと思う。ましてやTPP導入では

、農家が意欲を減退させてしまう。

 いまこそ大切なのは、外圧に負けず、三重県の農民や消費者の心

をしっかりととらえる三重県農政をつくることだと思う。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鈴木知事が政策的経費を4割... | トップ | 第12回津身連体育大会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (熊野人)
2016-10-01 07:40:42
水稲に関してだと思いますが
稲作、俵できは、まずありえませんから
仮に8俵できとした場合、(8×60k)480kgです
銘柄にもよりますが一俵13,000円とした場合
104,000円位の収入になると思います

耕作面積が1ha(学校の運動場位ですね)の場合
一反104,000ですから10倍で約100万円の収入
経費を差し引いた所得は(自家消費米が含まれます)
300,000円位でしょう
運動場位の面積の稲作でたった30万に所得なのです
一反にすると30,000円位の収入ではなく所得ですね

松阪や鈴鹿のように大きな田んぼはまだいいですね
しかし、集約で解決するものではないのです
低所得、嫁不足、耕作放棄 高齢化、
行政の見せかけてこ入れ・・・ 国の官僚は・・・
この問題は書き出したらきりがありません
この辺で止めます 
コメントについて (岡野)
2016-10-01 21:27:55
ありがとうございます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。