五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2015年05月31日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2015年7月号

 

 表紙は、『GA 芸術科アートデザインクラス』
 如月殿とあーさん、今では珍しくない組み合わせですね。
 生い茂る草花、木々の緑の中で、手紙を書き、本を楽しむ・・・
 何とものどかで、素敵な時間を過ごす2人が、まぶしいです。
 
 

 今月の「カラーで温泉で賞」は、『NEW GAME!』

 

 これはもう、今月号を購入しとかないと、コミックスでは色なくなりますよ!

 ・・・と思ってしまうほど、麗しの温泉回でありました(ォィ
 極楽気分の青葉さんと、上品にお酒を嗜むひふみさん。
 2人の“裸の付き合い”が楽しい内容でしたよ。

 一方、コウさん、りんさん、うみこさんのオトナ組の飲み模様や、
 ひとり酒を楽しむ葉月さんも楽しかった。

 とくに、葉月さんが青葉さんたちを眺めつつ、月の下でまったり過ごす様子が、
 あえて部下たちと距離をとりつつ、しっかり見守る良き上司といった趣で、
 何となく素敵な印象を残していました。

 

 

【連載スタート!】
●おちこぼれフルーツタルト (浜弓場双 先生)

  

 アイドル4人組の少女たち・・・ ですが、色々と問題アリ!?

 ゲストを経ての連載スタート。
 新人アイドルとして上京してきた桜衣乃さん(15)。
 「ネズミ荘」という寮に入った彼女、他3人の少女とユニットを組むことに・・・

 と始まったお話。
 少女たちは、子役であったり、ミュージシャンであったり、モデルであったり、
 様々な分野から集められているのですが、全員に共通しているのは
 「売れない」ということ!

 しかも、取り壊しが決まっている寮を守るため、お金を稼がねばならないから、
 色々と大変なスタートになってしまっています(^^;

 
 そんな今回、4人+マネージャーの生活が描かれますが、
 ロコ&ニナが一緒のベッドで寝ていたり、それにイノさんが嫉妬(?)したり、
 はゆさんが朝に弱かったり、何かと大変そうで楽しかった!

 さらに、登校することになる4人でしたけど、
 2組でそれぞれ学校が違うのは、ちょっと面白いかもしれないですね~。

 高校1年生がイノさんとはゆさん、2年生がロコさんとニナさん。
 このあたりの関係や、どのような学校生活+アイドル活動が描かれるのかも、
 気になってくる所です。

 などなど、いよいよ新生活とアイドル活動が本格化し始めたイノさん。
 4人の少女の個性はもちろん、彼女たちがこれからどうやって輝いてゆくのか、
 日々をすごすのか・・・ 連載スタート、今後も楽しみです!
 
 
 
 

【ゲスト作品】
●アイドル声優☆上村とまり17歳 (ぷらぱ 先生)

  

 アイドル声優を目指してがんばる少女のお話。

 コミックス1巻が発売中で、きららMAXからゲスト登場!
 アイドル声優に憧れる上村とまりさんの日々を描いた4コマ作品です。

 実は母親がアイドル声優「大内ゆりえ」のとまりさん。
 今回も、養成所へ特別講師(?)としてやって来て、娘の様子をうかがう母。

 娘がいる年齢であるにもかかわらず、それを隠して「17歳」を自称するとか、
 お茶目な方ですが、まさにアイドル声優といった貫録・・・ かも。

 そんなゆりえさんの(適当な)指導で、真面目に取り組む養成所の生徒たち。
 もちろん、とまりさんも真剣に頑張っていて、その様子を眺める母上が、
 お気楽で面白かったですね(^^;

 他、まゆりさんや、綾乃さんなども、頑張っていたり、
 そうした声優さんの訓練風景や、指摘の内容が興味深かったお話でした。

 やはり声優さんを描くということで、どういった指導があるのか、
 どのようなことをしているのかについて、描写があるのは面白い所です。

 そんな本作は、きららMAXにて連載中!
 コミックス1巻も発売中とのことで、今後も注目です!
 
 
 
 
●ミソニノミコト (PAPA 先生)

  

 サバの味噌煮の神様が、受験合格の応援に!?

 きららミラクにて連載中、コミックス1巻は7月発売!
 大学受験を控えた女子高生・塚原瑞穂さんが出会った神様は、
 サバの味噌煮の神でありながら、彼女の受験を手助けしてくるとか・・・?

 まあ、とくに何をするでもなく、まったりすごす神様なのですが(^^;
 そんな妙な神様と、瑞穂さんの同居生活が面白おかしい4コマ作品です。

 今回は、夕食の買い物に行く瑞穂さんとミソニさん。
 おまんじゅうをねだったり、アイスを買ってもらったり、コドモ状態の神様が、
 愛嬌あるというか、安心感あるというか・・・

 ところが、神様の本分(?)であるサバの味噌煮に異変が起きて、
 ミソニさん大ピンチ!? なんて感じでしたけど、
 ちょっとした気づかいで、危機回避できていたのは愉快でした。

 本作は、様々な神様が出てくることもあって、神社関連の知識や作法について
 解説されたりもするので、そうした点も興味深い作品になっています。

 とはいえ、肩の凝らない気楽さがありますし、まったり楽しめるのも良いです。
 そんな本作は、きららミラクにて連載中ということで、今後も楽しみです!
 
 
 
 
●ミカヅキぐろーいんぐ! (矢坂しゅう 先生)

  

 月の女王になるため、地球へ降りてきた少女・・・

 祈李さんは、月の民。
 母から言われて、女王になるための勉強をすべく、地球へやって来ますが、
 行き倒れていたところ、天野陽里さんに助けられ一緒に暮らすことに・・・

 と始まる本作品。
 天野さんは「あまの荘」のオーナーの孫で、そこには祈李さんのほかにも、
 様々な住人がいるようで、そうした面々の個性も面白味になっています。

 狼谷侑さんは、ちょっとズレた感じが愉快な少女。
 遥海涼さんは、しっかり者で、侑さんの幼なじみ。
 そこに、天野さんと祈李さんを加えた4人組のやりとりが楽しかったですね。

 ウサギっぽいと可愛がられる祈李さん。
 まずは友達づくりをしようと、天野さんたちの前で特技を披露しますが、
 これが超能力だったため、皆の驚く様子が面白かった!

 天野さんが対抗しようと手品を見せると、今度は祈李さんが驚いたりと、
 そうした交流が笑いを誘いつつ、楽しい気分にさせてくれました。

 祈李さんは月の女王になることができるのか?
 少女たちの和気あいあいぶりもよかったですし、つづきに期待ですね!
 
 
 
 

●mission (待雪巴 先生)

  

 スパイな女子高生のお話・・・?

 イブキさんは、米国諜報員!?
 と思ったら、記憶がないとか言い始めて、何やら言動があやふや。
 じつは、単なるスパイに憧れる少女ということで(^^;

 冒頭、起床シーンから始まったものの、
 その起床した少女が、まったく無関係なモブだったり、
 おかしなスパイ設定語りを始めたり、何とも奇妙な4コマ漫画になってます。

 イブキさんのスパイなりきりも愉快ですし、
 幼なじみのミツバさんから、きついツッコミが入るのも面白味。

 とはいえ、ミツバさんは、泣き出したイブキさんをなぐさめたり、
 何かと甘い幼なじみでもあって、そうした2人の関係も良い感じですね。

 待雪巴先生は、前作も荒削りでしたけど、発想が斜め上な所から
 攻めて来るネタが時々あって、そのあたりで注目したい所。
 これは、つづきに期待です!

 

 

【最終回!】
●平成生まれ2 (ハトポポコ 先生)

  

 コミックス2巻は、7月発売! ・・・ですが、最終回!?

 先月号で「ちょっとした発表がある」とありましたけど、まさかの最終回て・・・
 そんなラストも、いつも通りの佐藤さん?

 「最後」というシチュエーションに弱いのをやめたいとか言い出してます。
 佐藤さん、自分に会えるのも最後だと思うと寂しいでしょうと聞いてますが、
 四村さんがバッサリ切り捨てていて笑゜(*゜´∀`゜)゜ 寂しくないか~。

 さらに佐藤さん、死刑になる前に食べる物で、カレーに弱いとか意外な一面。
 まさか泣くほどとは(´▽`;) ちょっと可愛く見えたのは、気の迷いでしょうか。
 まあ、最後は四村さんに一撃加えて、いつもの佐藤さんでしたけど!

 そして、藤井さんが「脳だけで容器に浮いてるやつになりたい」とか言ってて笑!
 それに志村さんが共鳴していたのも、重ねて可笑しかったり、この2人、変です。

 また、中川&原田さんの「抱きしめていい?」からの肩車で、
 「!?」となっていた中川さんが可愛くて面白かったり、
 そこから輪をかけて妙なことになっていたのも、愉快でありました!

 最後は、卒業アルバムの写真撮影ということで、ちょっとしんみり佐藤さん。
 けれど、四村さんが励ましの言葉をかけて、笑顔になっていたのはよかった。

 などなど、何とも奇妙な最終回でありましたが、
 最後の最後に、大事なお知らせが載っていて、「オイオイ」と思わずツッコミ!

 なんだよ、『平成生まれ3』って! 実質終わらないということじゃないですかー!
 ・・・と、心の中で叫びつつ、まだまだ終わらぬ「平成生まれ」に期待しながら、
 今後も楽しみです!
 

②へつづきます。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2015年05月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2015年7月号 のつづきです。

 ①は、『敗者復活戦!』 『トリセツなカテキョ』です。
 
 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 「医者ってよくダークサイドに堕ちそうになる職業ですね」

 瀬尾先生は堕ちそうになると、大地くんに持ち上げられて救われてるそうで、
 今回、そうした闇と、堕ちそうになる所でキャッチすることについてのお話。

 本作は、明るい雰囲気なので、そういったことを感じさせない上手さがありますが、
 当然、医者という立場は多くの闇を引き受けねばならないものですからね・・・

 後半、急患が吐血して、榊先生はじめ、各科の先生方が次々集合してゆく様子が、
 不安を覚えさせつつも、頼もしく感じられたのは良かったですね~。 「救う側」か。

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 コミックス19巻、6月5日発売! そんな今回、もうすぐチチの日。

 ということで、冒頭からまなみさんがマッキーのチチをわしづかみ。
 それはともかく、らいかさんの父の日の贈り物が、チャレンジャーすぎて笑!
 頼んだ父上も、人が悪いというか、ヒドイ(^∇^;

 小西くんが「食べるウンコ(?)」を贈ろうとしているのは可笑しかったですけど、
 竹田くんと父上のやりとりも、絵に描いたような“優等生”っぷりで、むしろ笑!
 母上の「気持ち悪っ!」という感想にシンクロしてしまうとは、私も汚れたものだ(ぇ
 らいか父と竹田父の、娘と息子を見守る会話も楽しかった!

 

●ゆらゆら薬局プラリネ (松田円 先生) 

 梅雨、兄と妹にとって思い出の長靴・・・

 靴箱から、それを見つけたみさきさんは覚えておらず、捨てようとしますが、
 兄が「重要文化財」として保護していたのは笑!

 みさきさんが子供の頃、兄が買ってあげた長靴で、みさきさんもお気に入り。
 この頃の彼女が兄を慕い、なつく様子が珍しくも可愛らしくて楽しかったり、
 兄が妹一辺倒というわけでもなかったことが、いかにも子供らしかったりと、
 2人のあまり見られない姿が拝めたのは、よかったですね~。

 

●放課後すずなり倶楽部! (みなづき忍 先生) 

 天気予報は晴れ、母上は傘を持って行けと言いますが・・・?

 それなのに、傘を忘れて雨に降られてしまった鈴鳴さん。
 部室で先輩たちとおしゃべりする中、玉緒さんは鈴鳴さんの母上を
 知っているようなそぶりを見せていて・・・

 なんて話でしたけど、鈴鳴さんが夢で見た2人の少女は、
 やはり母上と玉緒さん・・・ なのでしょうかね?
 そんな不思議な想い出が、雨の湿っぽさと重なって、素敵な印象を残します。

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生)

 遅刻だと慌てていた一花さん、転んだところを、みやびなご婦人に助けられ・・・

 と始まった今回、そのご婦人がお客様としてやって来て、掃除家電をご所望に。
 そこで、一花さんと草薙さんによる、夢広がる掃除家電の解説が楽しかった!

 一方、おじさまなお客様もやって来ていて、ご婦人の関係者というまでは
 予想の範囲内でしたが、この2人が、まさかまさかの“関係者”さんで、
 ニヤリとなってしまう面白さでありました(´▽`;) そいえば、来るって話でしたね。

 

●たよスポ! (王嶋環 先生) 

 たよりさん、アジア大会の取材に同行するの巻。

 喜んでいるのは良いものの、英語を話せるかと聞かれて、
 「心が通じ合えば 言葉は通じますよ☆」なんて言っているのは愉快!
 でも、上司の皆さんには、シャレになりませんな(´▽`;)

 しかし、日本からの代表選手への質問で、ポカをやらかすたよりさん。
 独り反省会状態になってしまったのは気の毒でしたが、
 最後に、意外な収穫と、事実の発覚に大笑゜(*゜´∀`゜)゜ ミスリードが見事!

 

●社外秘!神田さん (大乃元初奈 先生)

 悩める神田さん、朝倉さんに依存するの巻。

 パワースポット巡りへ行って、むしろ疲労をためこんでしまった神田さん(^^;
 朝倉さんと食事をすることで癒されてますが、そこから依存が始まって・・・

 なんてお話でしたけど、栗原くんにズバリ指摘を受けて悩んでいたのは、
 神田さんにしては珍しい感じでしたね・・・ でも、そこから立ち直る姿は
 いつもの彼女で、己の内面と向き合う様子が、清々しかったですね~。
 そして、栗原くんへの謝罪失敗には笑いましたが、借りを返すあたり、粋です!

 

●ぎんぶら (安堂友子 先生) 

 今回は、惑星レグランスフ! 美意識の高い住人の星ということですが・・・

 特産品の美しさは素晴らしいものの、「とても惜しい星」と言われる所以でもある
 ニオイのキツさが残念無念! 「牛乳拭いた雑巾のニオイ」とか、考えただけで(^^;

 そういった外見的美しさと、ニオイのキツさのギャップが、色々と可笑しかった今回。
 権田原さんが襲われない稀有な星でもありましたけど、その理由となった事柄は、
 相手にとって普通なものでもこちらに不快なのは、何も自分たちだけとは限らない
 というカウンターになっていて、笑いつつも、引き締められる気分でしたね・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2015年05月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2015年7月号

 

 表紙は、ガッテン山下さん!
 大工スタイルが様になっていて、さすが(^^;
 他、らいかさんは工作していたり、小森さんのさらし姿は危険だったり!
 
 

 今月の「そのアニメって・・・で賞」は、『小森さんは断れない!』より!

 

 今回、三送会(3年生を送り出す会)!

 小森さんも、陸上部の後輩のため、準備を手伝ったというのは(^^;
 後輩さんのモノマネが真に迫っていて、若干引いてしまったものの、
 それに小森さんが対抗していたのは愉快でした(´▽`;)

 そんな中、小森さんの友人でもある陸上部の部長さんのモノマネは、アニメ!
 ・・・だったのですが、そのアニメが地獄巡社製作というのだから、面白い。

 クール教信者先生の作品世界は、その多くが共通であり、関わりが存在する
 ということは理解していたのですけども、地獄巡社がアニメ製作する話は、
 他社4コマ誌で連載中の『おじょじょじょ』で出てきた話だったので、驚きました。

 そして、三送会が湿っぽくも愉快に繰り広げられていたのは、楽しかった!
 次は、卒業式を待つのみ・・・ ですかね。

 

 

【出張ゲスト!】
●敗者復活戦! (辻灯子 先生)

  

 古本屋さんと、バイトの女子高生と・・・

 『よゆう酌々』完結4巻は、6月5日発売!
 そんな今回、「まんがホーム」にて連載中の辻先生作品がゲスト登場。

 極度の静電気体質ゆえ、機械を壊しがちな女子高生・新名(ニーナ)さん。
 そのため、彼女が選んだバイト先は、古本屋。
 そこで働く月穂さんと共に、ゆる~い日常が描かれる4コマ作品です。

 
 今回は、「月がきれい」という所から、夏目漱石ゆかりのエピソードに
 ふれる冒頭・・・ と思いきや、単純にサボるための口実に使うとは(^^;

 そんなちゃっかりぶりを発揮する月穂さんとニーナさんが面白い。
 そして、作業の後、ニーナさんの友人・夕記さんも加えて、銭湯へ!

 そこでリラックスできたのはよかったものの、月穂さんのおっさんぶりが
 色々と見え隠れしていて、可笑しかった(´▽`;) 名前は風流なのに・・・

 さらに、帰ってからは、お泊りでの勉強会。
 月穂さん指導のもと、ニーナさんがみっちり勉強させられたようで、
 これで期末も安心・・・なのかな?

 
 などなど、いつも通りに何ともない、ゆるい日常が繰り広げられてましたけど、
 やはり本作の魅力は、辻先生らしいマイペースな女性たちのやりとり。

 そこに生まれる脱力した空気からは、ある種の安らぎを感じられますね~。
 なんて感じの本作品は、まんがホームにて連載中ということで、今後も注目!
 
 
 

【最終回!】
●トリセツなカテキョ (山東ユカ 先生)

  

 コミックス3巻、7月7日発売! ・・・ですが、最終回!!

 最後は、センパイを追って大学へ入った春吉くん。
 ついに、センパイと再会しますが・・・?

 のっけから、いきなり告白モードに入っていて笑!
 周囲から、「入学式の日にプロポーズしてるヤツがいる!」
 なんて言われてますが、彼は気にするタイプではないですね(^^;

 むしろ、言われたセンパイが赤面しちゃって、春吉くんを引っ張って、
 人のいない場所へと移動しているのが、いじらしいというか可愛かった。

 
 けれど、そこで冷静になった春吉くん。
 先走って告白したは良いものの、交際を断られたら・・・ なんて考えて、
 顔面蒼白になっていたのは、さもありなん。

 それでも、そこから【答え合わせ】の時間となり、センパイとの会話を経て、
 ようやく機が熟したことが伝わって来たのは、よかったですね。

 88ページ、大ゴマを使ったセンパイの笑顔が、素晴らしかったです!
 そして、春吉くんの言葉に、センパイが安堵していたのも素敵でした。
 「ああ 良かった ずっと 好きでいて」 その言葉の心地よきこと・・・

 
 などなど、春吉くんの大学入学、センパイとの再会が描かれた最終回。

 最後は、2人だけの世界を舞台に、青春模様が繰り広げられましたけど、
 これまでのことに思いをはせつつ、なおかつ、離れ離れになってからの
 2人のことを考えると、最高のハッピーエンドとなったことに、ただただ感謝。

 再びつながった2人の関係は、新たなステージへ・・・
 そんなことを感じさせるラストに、しみじみしながら、楽しませていただきました!
 
  

②へつづきます。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムスペシャル 感想②

2015年05月25日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2015年7月号 のつづきです。

 ①は、『ピンポン☆ブー』 『ごにんばやし』です。
 (今月の『恋愛ラボ』感想はこちら
 
 

●笑って!外村さん (水森みなも 先生)

 席替えで、外村さんの隣になったのは・・・?

 三雲くんでしたけど、「仲良くれるといいな」と考えつつ、
 ドスをきかせた笑顔で威圧する外村さんが、相変わらずです(^^;

 と思ったら、実は見とれているのに、ずっと三雲くんに見つめられて
 「ガンつけられてる」なんて考えてしまう、外村さんの誤解も面白かった!
 そんな風に、物理的な距離の近づいた2人が、どう交流してゆくのか、楽しみ。

 

●みずいろミュージアム (あさみゆとり 先生) 

 夏の特別展示、準備中!

 「透明で涼しそうな生き物」を展示する企画ということで、なかなか面白そう。
 そんな話をする中、さかなさん、白子先輩について「先輩好きだなあって」
 なんて言いだして、色っぽい話かと思ったら、「クラゲが好き」ということらしく(^^;

 ということで、白子先輩とさかなさんで、展示の準備。
 そこで、クラゲの話が興味深いのはもちろん、クラゲへの先輩の情熱と、
 そんな先輩を理解するさかなさんが、とても素敵な感じでした!

 

●光れ!メシスタント (310 先生)

 イケメンふたたび!

 光くんが本屋で会ったイケメンさん、もしや先生の彼氏・・・?
 と思ったら、作家友達のユズミマサハル先生で、今回は助っ人参加!

 中辻さんが大ファンで、いつもと違った顔を見せていたのが面白い。
 先生よりも、紳士的なユズミ先生に人望が集まっていたのも可笑しく、
 ユズミ先生考案のおつまみを、光くんがアレンジして作っていたのも楽しかった。

 

●うぶコメ! (枕辺しょーま 先生) 

 進展を求める恋人たちの巻!?

 喫茶店で“進展”について話合う、かなでさんと力斗くん・・・
 その「リア充」ぶりが、「可愛い」に変化する落差に笑ってしまいました!

 キスを意識しまくる力斗くんに気づいたかなでさん、「ほほう?」とみせた笑顔が
 妖しくて素敵でしたけど、何とか良い雰囲気になろうと画策する様子が面白い!
 そのことごとくが失敗するあたり、まだまだですけど、一歩ずつ確実に前進中。

 

●なり×ゆきリビング (乃花タツ 先生)

 センターカラーで水着回!

 ダイエットを志した2人、市営プールで泳ごうとするも、佐藤さんはメガネオフ!
 メガネがないと、ほとんど見えない佐藤さんの頼りなさげな姿が、ちと可笑しい。

 プールでも、実は泳ぐの苦手(自分では気にしてない)佐藤さんを眺めて、
 ひそかに面白がっている篠峰さんが愉快だったりと、楽しい雰囲気でした。
 それにしても、見えない佐藤さんと手をつなぐ篠峰さんの姿が、よかったです。

 

●天王洲会長にカレシができないワケ (椎太 先生) 

 どうして恋愛は「男女」ばかりなのか!?

 と疑問を投げかける会長さん、無論、彼女は男性同士の恋愛を求めてます(^^;
 冷静なツッコミには笑いましたけど、会長さんの想いも、わからなくはないか(ぇ

 そこへ、葛葉亮くんが相談へやって来て、男友達とのことだと聞くや、
 やる気満々になる会長が面白い(´▽`;) 葛葉くんの友人・北条遙くんとの関係を
 何とかくっつけようと見守る会長が、幸せそうで何よりでした(えー

 

●タフオ☆カスタマイズ (プイケル 先生)

 タフオくん、ダイエットに励むべく、プールへ来ましたが・・・

 よしのさんが来ないとわかるや、露骨にやる気失くしててアカン(^^;
 けれど、ダイエットのためと頑張るあたり、よしのさんへの想いは本物か。

 と、そんな中、溺れそうになっている少女を助けたタフオくん。
 泳いでいるときの彼、ちょっとカッコイイのが面白いですね~。
 「浦島太郎」には笑いましたけど、助けられた少女、今後どう出てくるのか・・・
 楽しくなってまいりましたよ~。

 

●メェ~探偵フワロ (ナントカ 先生) 

 レモンさん、ダイエットするの巻。

 最近の流行である短いスカートが、都会では5年前に流行っていたと知り、
 アーサーさんにはモサく見えているのでは? と不安になるレモンさん。

 そこで、ダイエットを始めるものの、アーサーさんの目よりも、
 女性としての【価値観】で走り出しているのが、リアルというか何と言うか(´▽`;)
 そして、自分に合ったコンディションを見つけるという話に納得しつつ、
 最後は、親孝行のために頑張るレモンさんに、笑!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムスペシャル 感想①

2015年05月24日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2015年7月号

 

 今月の『恋愛ラボ』感想はこちら
 表紙は、エノ&サヨ!
 パーカーだけでなく、髪型までおそろいにして、腕まで組んで、
 まさに親友といった趣が、楽しげで良いですね~。
 
 

 今月の「わかるで賞」は、『ローカル女子の遠吠え』より、五樹くん!

 

 今回、高校の同級生の結婚式に出席するりん子さん・・・

 でしたが、そこで“天敵”五樹くんに再会したものだから、心穏やかならず。
 チャラ男ながらも、要領が良く、軽いノリで何でもこなしてゆくタイプで、
 働きアリ・タイプのりん子さんとは相性悪し。

 けれど、会話の中で彼が述べていた「苦労したヤツの方がエライ」という
 価値観について、バッサリ斬っていたことは、共感を覚えてしまいましたね~。

 まあ、それで「会社員に向いてない」という結論になっているのはどうかと
 思いますけど、苦労したことを理由にして、優位に立ったつもりになる
 人間に対する反感は、理解できてしまいましたよ・・・ わかるわかる。

 ・・・とか言いつつ、たまに自分もやりそうになっちゃうこともあって、
 難しいものですけどね(´▽`;) 自慢することで楽になるのかな・・・

 他、次の掲載作『みずいろミュージアム』であるにも関わらず、
 イルカ食の話が出てきたり、なかなか挑戦的でよかったですね(ぇ
 りん子母と雲春くんのやりとり、最高に面白かったです!

 

 

【最終回!】
●ピンポン☆ブー (藤島じゅん 先生)

  

 コミックス2巻は夏ごろ発売予定・・・ ですが、最終回!

 いよいよ、予選決勝の決着!
 9対9で迎えた最終問題、問題文が「なぜ・・・」と読まれた段階で、
 早押しを押したのは・・・ まさかの景二くん!?

 「なぜ・・・」だけで、答えはわかるものなのか?
 と思ったら、世一くんが解説する問題文「なぜ」についての話は、
 なかなか興味深かったですね~。

 「なぜ・・・」だけでも、答えを絞ることは可能というあたり、クイズ道、奥が深い。
 けれど、予選決勝ということで、解答のバリエーションも多いだろうと、
 世一くんに言われ、動揺する景二くん・・・

 
 でしたが、そこであややが叱咤!
 そこで彼女に励まされ、佐原くんに諭され、景二くんが落ち着きを取り戻したのは、
 世一くんとの大きな違い=仲間の存在を感じさせてくれる場面でありました。

 ここで景二くんが、あややとの第一歩が始まりだったことを告げていたのは、
 なんとも感慨深いものがありましたね~。

 そして、2人で発した解答は・・・?
 1ページまるごと使った「4コマ」が、最高に盛り上げてくれましたよ!

 景二くんと世一くん、その大きな違いが勝負を分けた瞬間。
 景二くんの願いと、それを聞いた人々の反応と、先生のモノローグと、
 すべてが素晴らしかったですね・・・ 感慨無量でありました!

 
 その後、あややに起きた異変に笑いつつも、先生が気の毒に思えたり(^^;
 さらには佐原くんの「タオルケット」という表現が見事だな~と感じ入るラスト!

 などなど、クイズ大会の予選決勝に決着がついた最終回。
 これまでの様々な出来事が、思い起こされて感慨ひとしおでしたよ!

 本作は、クイズにかける青春が面白おかしく描かれつつ、
 それでいて、きちんと真剣に取り組む姿勢が、熱く描写されていたことに、
 魅力を感じられました。

 ここにきて、中盤あたりは影が薄くなっていた
 あややに焦点が当たったことも、ワタシ的にはポイント高かったですね~。
 コミックス2巻は夏ごろ発売予定とのこと・・・
 そんな感じで、楽しませていただきましたー!
 
 
 

【連載スタート!】
●ごにんばやし (水瀬るるう 先生)

  

 バンドを組みたい少女たち・・・でしたが?

 ゲストを経ての連載スタート!
 バンドをやろうと言い出した亜子さんに、友人2人が巻き込まれつつ、
 和風バンドという方向性を見つけることになりますが・・・

 といったお話になっています。
 今回は、亜子さんが母上に“恋人”を紹介する場面から始まってますが、
 まあ、恋人といっても、楽器だったから母上が混乱していて笑!

 
 そして、家で琴を弾く亜子さん。
 よくわからないけれど、「綺麗な音」だと評価する母上でしたが、
 まさか娘が、バンドのために琴をやっていると聞き、驚いているのが可笑しい。

 ここが、タイトル「ごにんばやし」につながりそうではあるのですが、
 まだまだ始まったばかりということもあって、初心者丸出しの亜子さん。

 友人のミッチーさんから琴を習いつつ、しおんさんは三味線を担当しそうですし、
 “和風バンド”の結成が期待されて、楽しみになってきますね~。

 
 しかし、いちばん詳しそうなミッチーさんが、乗り気でないあたり、
 今後どうなってゆくのか、そして「ごにんばやし」である以上、ほかに2人、
 参加することになるのかどうか・・・

 現時点では、初心者ゆえに無謀な挑戦をしようとする亜子さんの
 突っ走りっぷりが面白味になっていますけど、ここからどのように動き出すのか
 気になりつつ、連載スタートということで、今後も楽しみです!
   

②へつづきます。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加