五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想②

2015年03月31日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2015年5月号 のつづきです。

 ①は、『Aチャンネル』 『NEW GAME!』 『ばーどすとらいく!』
     『きんいろモザイク』 『るいたま』
『BACK♪STAGE』
です。
 
 

●GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ 先生)

 雪の結晶をデザインする・・・

 なんて課題を出された今回、カラーの雪景色、そして結晶の数々が本当に美麗です。
 しかも、雪の結晶には同じものはないということから、他人とデザインが被るとNGなど、
 かなり厳しいお題ですが、いつもの5人は楽しく課題に取り組みます。

 江戸時代ごろの雪の結晶を模様にした着物があったという話は、興味深いですね~。
 それに、雪の結晶のデザインは、どれも凝っていて、本当に見ているだけで心地よし。
 けれど、雪が吸収する音の世界、如月殿のみた【靄のかかった光景】は、気になる所・・・
 なのに次号、お休みとはー!

 

●すわっぷ×すわっぷ (とめきち 先生) 

 今回、4人でお出かけ!

 とくに、一之瀬さんが楽しみにしている姿が微笑ましいというか、愉快というか(^^;
 「お友達とお出かけって初めて」なんて言っていて、いつもの笑顔が目立ちます。
 カワプリ撮影や、服選び、カラオケする様子が楽しげで、良い雰囲気でした。

 そして二階堂さん、服の試着で一之瀬さんと入れ替わって自分を眺めるとか、
 面白いことしてましたけど、その際、試着室でするキスの背徳感、悪くなかった(ぇ
 何だかんだで、4人での関係も板について来て面白くなってきましたし、
 一之瀬さんの妹さんも登場し、にぎやかになってきていて、楽しい!

 

●まちカドまぞく (伊藤いづも 先生)

 ようやく借金返済で、貸し借りなしになる・・・かと思いきや?

 桃さん、シャミ子さんにお金の他の使い道を提示して、受け取ろうとしないのが面白い。
 一括返済は困る桃さんに、自分の優勢を確信するシャミ子さん、調子乗ってます(^^;
 けれど、桃さんの家族の話を聞くや、彼女を気づかうあたり、やはりイイ娘ですよね~。

 そして、シャミ子さんの妹・良子さんに、何か買ってあげることに・・・
 良子さんもイイ娘で、姉を気づかっているのは良いのですが、兵法書で「六韜三略」を
 勧めているのは笑いましたわ゜(*゜´∀`゜)゜ 「孫子」でないあたり、マニアックな匂い。
 そうした買い物風景が楽しく、姉妹愛を感じる流れも素敵なお話でしたね。

 

●ぱわーおぶすまいる。 (ウロ 先生) 

 まゆさん家を訪問する宗馬くんでしたが・・・

 ドアを開けて現れたのは母上で、しかも水着姿とか、思春期男子には刺激強すぎ~。
 そんな始まり方をした今回ですけど、宗馬くん、まゆさんの胸元を気にして、
 まゆさんから、「最近えっちすぎ」とか言われていたのは笑!

 でも、それに対する宗馬くんの返答には納得(ぇ。 言葉の使い方は間違ってましたが。
 そんな感じで、まゆさんと2人きり、仲良く遊んでましたけど、そこへ妹・宮乃さんが来て、
 想いっきり妨害してたのは、微笑ましいかも(´▽`;) でも、3人でも楽しげで良い!

 

●カスタムメイド! (たちつてつこ 先生)

 今回、自撮りに挑むユウ様。

 クラスメイトが自撮りしているのを見て、自分が撮ろうと申し出たものの、
 なぜかユウ様撮影会になっていたのは笑! この空気、イイですよね~。

 そこから、自撮りに挑もうと考えるユウ様でしたが、手ブレでうまくいかない!
 岡野先生の自撮りが見事だったのはともかく、ブログまでやっているとは(^^;
 そして、桜咲く庭での“撮影会”、色んな人を巻き込んでいて楽しかったですし、
 ユウ様の優しい人柄に触れられたのも、気持ちよかったですね~。

 

●ブレンド・S (中山幸 先生) 

 今回の主役は、小さな妹キャラ担当・星川麻冬さん!

 お店では可愛い“妹”を演じてますが、実際は、家で弟たちの面倒をみるお姉さん。
 けれど、体が小さいためか、子供にみられて色々と大変だったようで(;´∀`)
 そんな彼女、自分目当てで近づいてくるのは、ロリコンだけだと思っている様子。

 店長との「壁ドン」練習には大笑いしましたけど、自分に告白してきた男性との
 公園でのやりとりからの流れは、ちょっとロマンチックで素敵でしたよ!

 

●フタリグラシィ (赤瀬よぐ 先生)

 2人暮らし4コマ、ゲスト2回目の登場!

 りなさんが洗濯して、すすぎの段階なのに、洗濯物を放り込むしぇるさん、がさつ!
 けれど、りなさんも文句を言うわけでもない・・・ という風な2人の関係、相変わらず。

 しぇるさんが洗濯ものを干しても、ごちゃごちゃになっていますが、黙ってピシッと直して、
 笑顔になるりなさんが、何だか面白い感じですよね~。 これで、うまくいってる2人。
 しかし、料理となると、しぇるさんが凄かったり、バランスとれているのかな?
 最後のドワーフ人形フレーバーが、最初のネタの回収になっているのも、面白かった!

 

●イキモノシステム (ユイザキカズヤ 先生) 

 エマーソンがエマーソンになる前のお話が描かれた今回・・・

 それは、セカイの秘密を解き明かす物語でしたけど、エマーソンの中二しゃべりが、
 「虚無の令嬢」に仕込まれたものだったのは、何だか可笑しかったかも(^^;
 そして、エマーソンの力に気付いた令嬢が願ったセカイは・・・?

 明かされた真相、そしてこれからのセカイ・・・
 エマーソンがいなくなることを嘆くゆにさんが切なくも、「術式解除」の言葉が響きます。
 そして始まる新たな時間。 笑顔のゆにさんが微笑ましくも、いっそう切なさが増す夕暮れ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2015年03月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2015年5月号

 

 表紙は、『Aチャンネル』より、るん&トオル!
 濃い彩りの背景に、白の花、その花でつくった冠が映えますね~。
 
 

 今月の「誰だこれで賞」は、『ひだまりスケッチ』より、宮子さん・・・!?

 

 今回、修学旅行先が決定!

 吉野屋先生の“伝え方”には笑いましたが、行き先は、かつてゆのっちの行った場所。
 2度目ということで、ゆのっちには新鮮味のない修学旅行になってしまうかも・・・

 と、ちょっとがっかりムードがあったかと思いきや、そこで宮子さんがこの台詞!
 という流れだったわけですけども、宮子さんの笑顔や雰囲気が、まるで別人だな~
 なんて考えていたら、別の人のマネだったから納得でした(^^;
 あの人も、【一年前言ってました】とのことで、なるほどドンピシャなわけですね。

 他、クラスの交友関係を把握しきっている吉野屋先生がさすがでしたし、
 ゆのっちが「枕投げ」の字を間違えて、【一転大荒れ】だったのは笑いましたし、
 茉莉さんのおススメの場所は、確かに面白そうだけど、乃莉さんにはキツイしで、
 色々と楽しかった!

 そして、ラストの【カウンターアタック】も、イイ雰囲気なのに、オチになっていて笑!
 でも、それだけ、ゆのっちや宮子さんにとって、あの人の存在が大きいということの
 証でもありますよね、今回のやりとりは・・・

 

 

【コミックス6巻、ほやほや発売中~!】
●Aチャンネル (黒田bb 先生)

  

 ナギさん、デートへ行く!? の巻。

 今度、出かけるのだけど服がない、と言っているナギさん。
 服って意外と値段高いので、ほいほい買える物でもないですからね。

 しかし、出かける理由が「ゲーム買いに行く」だけなのに、
 なぜ新しい服が必要なのか? と疑問に思ったトオルさんたち、
 さっそくナギを尋問し始めていて、笑!

 
 問い詰められて、何やら乙女な仕草をみせるナギが可愛い・・・
 のですが、そこから、るんさんたちの推理により、「デート」疑惑が浮上!
 と思いきや、先回りでオチを考えるトオルさんに笑゜(*゜´∀`゜)゜

 そんな流れで、4人で服を交換し合うことになり、ナギさん家に集まりますが、
 ナギさん以外、新品みたいな服の畳み方をしていたのは面白い。
 これが女子力の差・・・なのか!

 そして、ナギのコーディネイトにいそしむ一同。
 あれやこれやと服を着せる様子が楽しかったわけですが、
 出来上がったナギの姿が、「いつもと別人」になっていたのは驚き!

 
 ナギさん、オシャレ可愛くなってましたけど、これでデートも成功・・・?
 まあ、デートの真相は、そんなことか~といった感じでしたが(´▽`;)

 などなど、ナギさんの服をめぐって、デートなのか気になったり、
 るんさんたちによるコーディネイトが愉快だったりした今回のお話。

 でもナギさん、服を気にしていたのは、本当に“それだけ”だったんですかね~。
 なんて気にしつつ、今後も楽しみです!
 
 
 
 

【コミックス2巻、ほやほや発売中~!】
●NEW GAME! (得能正太郎 先生)

  

 個別面談の巻!

 新たな企画へ向けて、前作の開発の感想などを聞き取る面談。
 そこで青葉さんから、葉月さんに直球質問が浴びせられていたのは笑!

 たしかに、女性ばかりのチームというのは面白い所ですけど、
 葉月さんの趣味というのも、あながち間違ってはないのかも(^^;
 とはいえ、実力と相性をみて選んでいるという、りんさんの言葉も事実でしょうね。

 
 けれど、男性が入ることで、コウさんをとられるかも? なんて言われて、
 コウさんの面接で動揺していたりんさん、ちょっと可愛かったです、ハイ。

 そして、仕事の話では、新たなキャラリーダーには、ひふみさんが候補ですけど、
 人見知りな本人は、それを聞いて固まってしまうほど、衝撃を受けていたり(´▽`;)

 うみこさんは、ひふみさんとは対照的に、肝の座った対応をしていて頼もしい。
 葉月さんに、“でこぴん”を約束させるなど、交渉?上手な一面もあるのかも。

 
 はじめさんは、自ら企画書を見てもらおうと持参するあたり、やる気が感じられます。
 ダメ出しされはするものの、葉月さんとのやりとりの中で、ダメな所を確認し、
 次へつなげられるよう、考えられていたのは良いことですよね。

 りんさんは、「(企画書が)よければ通るというものでもない」と、葉月さんに言いますが、
 葉月さんは全てわかったうえで、はじめさんに期待を寄せているようで、
 このあたり、部下のやる気を保ちつつ成長させようとする、上役の手腕と素晴らしさを、
 見ることができた気がします。

 
 そして、ゆんさんは、なんとなく会社へ入った自分が、青葉さんやはじめさんのように、
 目標があるわけでもないまま働いていることで、悩んでいる様子。

 でも、大半の社会人って、こうした感じなのではないですかね・・・
 いや、統計とったわけでもないのでわからないですけど、私も似たようなものですし(ォィ

 ゆんさんは、りんさんに励まされてはいましたけど、表情の曇りが晴れていないのは、
 今後の課題になってきそうですね。 目標をもたない社会人がテーマになりそう。

 などなど、スタッフの個人面談から、各々の課題なりが見えてきた今回。
 とくに、ひふみ・はじめ・ゆんといった、青葉さんに近い人たちに注目かもですね。
 なんて考えつつ、今後も楽しみです!
 
 
 
 

【コミックス1巻、ほやほや発売中~!】
●ばーどすとらいく! (もず 先生)

  

 トリ型宇宙人による地球侵略計画、進行中・・・!?

 クル=ッポー・デーデポッポーは、地球侵略のための先兵。
 地球のことを知るべく、潜入調査をするはずだったものの、
 なぜか地球生活になじんでしまい、友達もできて楽しく過ごす日々・・・

 なんて感じの4コマ作品ですが、今回、クルさんに危機が迫る・・・?
 クルさんの上司である総統閣下の政敵から、刺客が放たれた!

 
 と、緊張感高まる冒頭シーンでしたが、この刺客・クロ=ゥ・カーカァ・ホゥさん、
 ちょっと抜けたところがあるようで、人間の下着をどこに装着するかわからず、
 ノーパン状態のまま、頭にかぶって歩き回っていたのは可笑しすぎ!

 あとりさんや、ひたきさん、ウートカさんに、せっかさんなど、
 クルさんの友人に接触していたのは、ちょっと危機感を覚え・・・ ませんね(^^;
 だって、頭にパンツかぶっている姿が、ただの変質者だし!

 そんなこんなで、刺客・クロさん登場でしたけど、地球文化がわかっていないため、
 色々と言動がおかしくなってまうあたり、面白おかしかったですね~。

 けれど、穏健派のクルさんに対し、クロさんは武断派。
 彼女の登場で、日常がどのように変化してゆくのか・・・
 コミックス1巻も発売中という事で、ますます今後も、楽しみです!
 
 

 

【ゲスト作品】
●きんいろモザイク (原悠衣 先生)

  

 TVアニメ2期は、4月から放映開始!

 まんがタイムきららMAXからゲスト登場!
 今回は、バレンタイン前で、チョコづくりにはげむ少女たち。

 穂乃花さんがお菓子の本を読んでいたことで、カレンさん、「告白」すると勘違い。
 それを聞いたあやさんは、泣き出してしまうから驚いた!
 「告白」から先のことまで考え過ぎて、感極まるとは感受性が強すぎ~(´▽`;)

 
 そして、陽子さんに対して、「バレンタインは聖戦」なんて言ってるあやさん。
 世界一のチョコをつくろうと意気込んで、久世橋先生に教えを請うことに!

 アリスさんとカレンさん、穂乃花さんも加えて、友チョコづくりが始まりますが、
 カレンさん以外の3人は、真面目で先生もあまり教えることがない状態。

 そこで、物足りなさを感じていた久世橋先生。
 カレンさんのポカを叱りつつも、嬉しそうにしていたのは面白かった!
 さらに、あやさんのチョコを「恋チョコ」だと勘違いして、応援していたのも(^^;

 
 そんな感じのチョコづくりが楽しかったのですが、
 渡すとき、しのさんからアリスさんへのチョコは、意外にも(?)まともなのに、
 アリスさんのチョコに書かれていた言葉に、しのさんが固まっていたのは笑!

 また、カレンさんから穂乃花さんへの特注チョコがすごすぎたり、
 あやさんが、陽子さんのモテモテぶりに弱気になっていたりと、
 色々と楽しかったですね~。

 まあ、あやさんは陽子さんの反応に、照れていたのでよかったですし、
 最後、先生たちのバレンタインも、何だか仲良しっぽくて素敵でした。
 男性教師陣には複雑でしょうけど・・・

 なんて感じに、バレンタインのあれこれが、愉快だったり微笑ましかったりの今回。
 アニメ放映も近づいてきたましたし、ますます今後も注目の作品です!
 
 
 
 

●るいたま (枡石きのと 先生)

  

 とあるソフトボール部の少女たち・・・

 香澄るいさん、高校1年生。
 彼女はソフトボール部のマネージャーなのですが、
 部員はるいさんと、クラスメイトの須々木ともさんだけ・・・!?

 そんな2人だけのソフトボール部の活動を描いた4コマ作品。
 しかも、マネージャーのるいさんは、キャッチボールもまともにできないので、
 活動らしい活動ができないという(^^;

 るい&ともさんを見守るのは、顧問の東先生。
 けれど、先生もまた、ソフトボールに詳しくないなど、何をする部なんだか。

 また、るいさんの幼馴染・百合園らんかさんは、るいさん大好き少女。
 美人で頭の良い上品なタイプですが、るいさんの涙をふいたハンカチを
 洗濯しないようにするなど、どこか変態さんっぽくてアカン(´▽`;)

 さらに、新入部員となる、人見知りの御城はとこさんも加わって、
 何やら楽しくなりそうな気配・・・ ということで、つづきに期待ですね!

  

  

●BACK♪STAGE (シャチカマボコ 先生)

  

 妙に個性的なアイドルグループのお話。

 アイドルグループ「キルシュフィーア」。
 リーダーの吾妻美波さんを中心に、4人組アイドルとして活動中。
 しかし、楽屋での彼女たちは、ちょっと面白い雰囲気で・・・

 吾妻美波さん(17)、キュートで天真爛漫なリーダー。
 けれど、楽屋に帰ってくれば、おっさんくさい態度で、あたりめ食べたり(^^;

 三色順さん(20)、クールでボーイッシュなお姉さん。
 けれど、女の子のファンレターの匂いをかいで、よだれをたらす変態さん。

 嶺上蓮花さん(18)、セクシー担当の妖艶タイプ。
 けれど、やたらとネガティブで、大勢の前で歌って踊るのは苦手とか。

 白中葵さん(15)、ミステリアスで物静かな少女。
 けれど、実は重度のオタクで、発想も物騒だったり、何かとおかしい。

 などなど、個性的すぎる少女たちによるアイドル活動!
 それぞれの個性が絡み合い、妙な面白味を生み出しているのは良いですね。
 もちろん、つづきに期待です!

 

②へつづきます。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2015年03月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2015年5月号 のつづきです。

 ①は、『おかん』 『トリセツなカテキョ』です。
 
 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 柚月ちゃん、早口言葉にハマっている様子・・・

 まだまだ、たどたどしい感じが可愛らしかったりもしましたけど、
 そこから、様々な「言いにくい言葉」が出てきていて、面白い!
 医療関係の用語は、そうした言葉多そうですものね(^^;

 「骨粗鬆症」の言い方は、私もそんなイメージで言ってますね~。
 早口言葉は誤嚥防止に役立つかも? というのは興味深い所。
 あらゆるものを、医療につなげて考える視点が、何を生み出すこともあるのかも?

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生) 

 夕日を見て、晩御飯を酢豚に決める小学生・竹田くん(´▽`;)

 そこで、八百屋へタケノコを買いに行きますが、店番しているのは小さな女の子。
 けれど、仕事のことをわかっているのかいないのか、ちぐはぐな受け答えが面白い!

 しかも、八百屋なのにプチトマトが苦手で、そのことを竹田くんにからかわれつつ、
 慰められれば調子に乗るなど、愉快なやりとりが楽しかったですね~・・・
 と思っていたら、帰って来た母上から出た少女の名前! 気付かなかったー!!
 さらに数年後、成長した姿まで拝めるとは感慨無量・・・ もちろん竹田くんたちの姿も。

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生)

 「みもり」の建てつけの悪いドアに苦戦する粧子さんでしたが・・・

 優さん、とんでもない所から中に入ろうとしてて笑! 【戸締り】は気を付けて!
 しかし、コタツがなくなってる理由が、戸田くんがらみなうえに、赤面するほど
 照れるなんて、優さんもだいぶ揺れているんですね~ニヤリ。

 そして終盤、「阿藤」さんの登場で、何やら不穏な気配が漂ってきましたよ~・・・
 なんて思っていたら、なんか次回で最終回とか書いてあるんですけどー!!??

 

●迷想乙女の文学会議 (吉村琉香 先生) 

 今回の文学作品は、「注文の多い料理店」!

 「どんでん返しが印象に残った」「子供が読んでもおもしろい」と語り合う2人ですが、
 「そこが自分の立場が反転しうる厳しい世界という自覚のない人間」の話だと、
 倉野さんが述べていたのは興味深い内容でした。

 合コンに例えていたのは愉快ですけど、確かに“捕食者”の立場が逆転することも(^^;
 そして、作者である宮沢賢治先生のことを説明しつつ、自然と人間について言及する
 倉野さんの話は、真面目に面白かったですね~。

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生)

 何やら、VIPっぽいお客様がやって来た!?

 「昔からの名家には外商部が向かうだろう」というさんちゃんの話は興味深いですし、
 千花さんが「飛び込み営業と店員」の違いについて語る【似て非なるもの】は納得
 などなど、2人の話が面白かった。

 そして、VIP=株主さん、しかもこないだのお子様の関係者さんということで、
 千花さんたちとのやりとりが楽しいことに! さんちゃんと夫婦に間違われるのも
 お約束になってきましたが、さんちゃんへの【引き抜き】に慌てる千花さんも、
 おやおや~な感じでしたよ・・・ でも、自分にも“慈悲”を求めるとは笑!

 

●ぎんぶら (安堂友子 先生) 

 今回は、いまだ異星人の存在が知られていない星・ロズウェールへ・・・

 そこで、見つかってはいけないと、人里離れた山奥へ降りますが、
 他の宇宙船がハデに光っていて、いかにもUFOっぽいのが面白い!
 さらに、現地の人に見つかって、驚かれているあたり、レアな感覚で愉快でした。

 そうしたように、現実の地球とそう変わらない“異星人への反応”が面白かった今回。
 こんな視点で描かれると、我々が俯瞰されているような不思議な印象を受けますね。
 もしかすると、地球に来ている異星人も、こんなユニークな感じなのかも・・・なんて。

 

●神崎さんに見つかりたい! (のらじゃ 先生)

 今回も、隠れながら見つかりたい佐渡先輩でしたが・・・

 センパイも中3ということで、進路について悩んでいるのだとか。
 何でも、父上から海外の名門校へ行くように言われているようですが、
 それを聞いた神崎さん、「海外」に大きく反応して、うらやましがってます。

 けれど佐渡先輩、引き止めてほしかったんだな~ということで、
 かくれ仮面になって可笑しなことしてましたけど、何だかんだで丸く収まり、
 佐渡先輩が己の道を見つけていたのはよかった・・・ けど、妙な「進路」に笑!

 

●まんしゅう (唯洋一郎 先生) 

 授業参観、「ぼくとお父さん」の作文を発表する子もいますが、まんしゅうは・・・?

 「お父さん」を選ぶわけないとは思いましたけど、「駄菓子屋のおばあちゃん」か(^^;
 また、授業中に子供に答えを教える父兄もいれば、先生にアドバイスするパパさんも!

 そんな様子が面白おかしかったりしましたが、最高だったのは【春だから】。
 春は別れと出会いの季節、先生が校長の送別会で会った新任の西島先生。
 3コマ目で自己紹介からの、4コマ目での即行の別離に大笑いでした゜(*゜´∀`゜)゜

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2015年03月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2015年5月号

 

 表紙は、ウォーキングな山下さん!
 笑顔で元気な姿に、健康を感じますね~。
 他、小森さんはジョギングっぽく、らいかさんはお買いものと、様々な運動風景です。
 
 

 今月の「あなたはそのままいくの?で賞」は、『小森さんは断れない』

 

 今回、卒業を前に、クラスでお世話になった人へ感謝の手紙を・・・ という話。

 でしたが、その手紙がなくなっていた所、まさ子姉が「拾って」いて、
 そこで小森さんとの会話となってゆくのですが、その内容が興味深かった。

 感謝の手紙ということで、中身はキレイな思いが詰まったもの。
 まさ子姉はそのキレイさが、どのように今後「汚れて」ゆくのかを楽しみにしている様子。
 そんな彼女の“闇”を感じさせる言葉におののきつつ、どこか共鳴しそうになったりも・・・

 けれど、まさ子姉が小森さんに、「あなたはそのままいくの?」と尋ねた場面。
 ここでの小森さんの返答が、まさ子姉を少しだけ悔しがらせていることに、
 痛快さを覚えたりもしてしまうんですね~。

 2コマ目、まさ子姉の背後に影があることと、3コマ目、小森さんの背景は真っ白という
 対比もまた、2人の関係性を示していて面白い点でありました。
 この白さが、影に浸食されることは考えにくいと思わせるあたりも、安心感ありますね。

 まだ中学生、揺れる時期、それでも真っ直ぐに、自分の行く道をブレずに見つめる・・・
 そんな小森さんの姿が、とても素敵でしたよ。

 

 

【今月のピックアップ!】
●おかん (小坂俊史 先生)

  

 おかん、アイドルにハマるの巻。

 トビラのサツキさんが可愛いぞ、と思ってしまった今回。
 おかんがアイドルになる!? ・・・ではなくて、アイドルにハマってしまうことに!

 「アイドルとは疲れた心に力をくれる存在・・・」
 なんて言ってますけど、的確なサツキさんのツッコミが入っていて笑(´▽`;)

 
 しかし、アイドルのDVDを繰り返し観るなど、おかんが本格的に
 ハマっちゃっているのが面白おかしいお話になっていました。

 母に影響を受けて、ジュンくんまでもがハマるのはわかりますけど、
 それで平和になるかと思いきや、嫌いなアイドルの悪口で盛り上がっているのが、
 自然といえば自然なのだけど、健全とはいえないような(^^;

 さらに、アイドルの熱愛発覚に、本気で嘆くなど、まさに沼に落ちたごときおかん。
 「食傷気味」だと、お気に入りアイドル以外のアイドルに手を出しつつも、
 さらなる沼へと分け入ってゆくバイタリティが、もう脱帽でありました!

 
 また、サツキさんをアイドルにしようともくろむも、
 サツキさん自身が述べる「今のアイドルって皆野心家」=自分はそうではない、
 という言葉が説得力あって面白かったですね。

 「野心家」というのは悪い事でもないですし、「自分から動く」という点では、
 そのパワーには見習うべき点も多いでしょうから・・・

 などなど、アイドル沼に落ちたおかんが愉快な今回でしたが、
 よかったな~と思うのは、おかんが飽きるオチをつけなかった所。
 最後も、さらなる野心を燃やすおかんに苦笑しつつも、ちょっとした安心感がありました。
 なんて感じで、今後も楽しみです!

 

 
 
●トリセツなカテキョ (山東ユカ 先生)

  

 春吉くん、頑張るの巻。

 剣道部に復活した春吉くん。
 なずなさんは「ゆるい雰囲気がうつる」と非難してますが、
 進学(推薦)のためとはいえ、春吉くんは本気という所が頼もしい。

 「惚れた女のため」なんて、高宮くんは言っていて、
 なずなさんは「不純」だと怒ってましたけど、それが原動力となって、
 本気出せるのであれば、べつにかまわんですよね。

 
 センパイとの約束なんてない。
 だけど、それでも、同じ大学をめざすという春吉くんの覚悟は、相当なもの。
 
 さすがのなずなさんも、「ロマンちっく」とやきもきしてますが、
 その背景に、大して練習しているわけでもないのに強い春吉くんへの
 剣道を志す人間としての対抗意識が見えていたのは、好印象でしたね~。

 春吉くんの頑張りは凄まじく、出稽古では父上にしごかれて、
 さらには、まさかの勉強までやっていて、これには父上も動転していて笑!
 そして、その成果が出ていることにも驚きましたよ。

 
 などなど、春吉くんの頑張りが描かれた今回のお話。
 1人になった彼が、いわば“ひとりだち”しているような感慨を覚えてしまうのは、
 ちょっと不思議な感覚でしたけど、それだけ頼もしく感じられました。

 もう1度、センパイの前に立つための努力という、何ともけなげで真剣な想い。
 そうしたものに、感じ入ってしまうのでしょうかね・・・
 こうしたことって大切なことだと思いますから。

 なんて感じでしたけど、さて、いよいよ春吉くんにとっての正念場が迫ります。
 彼の戦い、いったいどうなってゆくのか気にしつつ、今後も楽しみです!

 

②へつづきます。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムスペシャル 感想②

2015年03月24日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2015年5月号 のつづきです。

 ①は、『美味しいタノミゴト』 『いごどころ』 『ふんわか×あぶのーまる』です。
 (今月の『恋愛ラボ』感想はこちら
 
 

●笑って!外村さん (水森みなも 先生)

 外村さん、春野さん家に泊まりに行くの巻。

 勉強合宿ということで、春野さんに勉強を教えることが目的ではあるものの、
 友達の家でのお泊りに、期待を膨らませる外村さんが可愛い・・・
 けれど、気を引き締めようとするあまり、笑顔が怖いのはいつも通り(^^;

 そして、春野さんの家では、いつも通りの笑顔な外村さんに、
 春野さんのご両親が不安がっているのが、気の毒ながらも愉快でした。
 いや、普通に怖いよ、外村さん!

 

●ごにんばやし (水瀬るるう 先生) 

 琴を弾くところが見たいと、ミッチーさんの家へ行く亜子さんたち。

 ミッチーさん、わりとお嬢様らしく、家が広くて上品な雰囲気なのは驚いた!
 そして琴を弾く姿も、雅に麗しく、亜子さんたちも聞き惚れるほどとは・・・

 さらに、亜子さんも自分で弾いてみたいと挑戦するのですが、
 彼女が琴の音の魅力にとりつかれてゆく様子が、楽しげで好感触でしたね~。
 また、しおんさんも別の楽器に興味を示していましたし、もしかしてこの作品、
 一般的なバンドではなく、ちょっと変わった邦楽系になるのでしょうか? 楽しみ!

 

●光れ!メシスタント (310 先生)

 1日だけ、新人さんが来ることに!

 外内ヒナトくん、なんと16歳の高校生で、しかも新人大賞とったというから大物。
 SNSで編集さんの目に留まったというのですが、光くんの言うとおり、
 「(SNSやってても)編集さんに目をかけてもらえるなんて一握り」なんでしょうね。
 卑屈になってる光くん&中辻さんには笑いましたが(´▽`;)

 そんな大型新人くんを加えてのアシスタント業。
 アナログ・デジタルといった話も興味深い所でしたが、やはり光くんの料理から、
 美味しそう+楽しそうな空気が、ヒナトくんにも伝わっていたのはよかった!

 

●うぶコメ! (枕辺しょーま 先生) 

 今回、風邪をひいたかなでさん・・・ 社会人に風邪は辛い!

 マスクを付けて出社するも、営業先でマスクはまずいなど、色々と大変そう。
 先輩のおかげで、裏ワザ(?)を使えたあたりはよかったのですけども、
 翌日も熱が続き、それでも出社して頑張ったのに、「やる気が足りない」なんて
 言われていたのは、真面目に気の毒すぎでしたよ。

 体調管理も仕事のうちとは言いますが、なる時はなるものですからね~。
 おかげで落ち込んでしまったかなでさんでしたが、そこは力斗くんが看病しつつ、
 彼女の頑張りを認めたことで、好転していたのが好印象。
 認められるって大事ですから・・・ でもラストは、力斗くんがお気の毒(´▽`;)

 

●みずいろミュージアム (あさみゆとり 先生)

 トビラの3人が「青」に映えて麗しい今回、澪さんが大ピンチ!

 前回、気になる引きでしたけど、自信を喪失してしまった澪さん、落ち込みまくり。
 学生時代から、水族館で働くことをめざし、友達付き合いもできなかった彼女。
 念願の水族館に入れても、1年間掃除ばかりで、これからのことに不安が生じ・・・

 「私には これしかないのに」と嘆く澪さんの心情が、痛いほど伝わる冒頭でしたが、
 そこから海さんの肩の力を抜いたアドバイスで、少しずつ心のほぐれてゆく様子に、
 安心感と爽快感がありましたね。 笑顔を取り戻し、楽しそうな澪さん、何よりでした!

 

●ピンポン☆ブー (藤島じゅん 先生) 

 クイズ甲子園、地区予選当日!

 世一くん率いる天祭高校のメンツがそろっていますが、3人目のメンバーが彼とは!
 こいつは強敵じゃないですか~・・・ なんて、おののきましたけど、
 世一くんは、自分だけの力しかあてにしていない様子。

 そんな世一くんに、ツッコミ入れる佐原くんでしたが、「昨日のオカズ」を当てられて、
 吐血ダウンしてしていたのは笑ってしまいました゜(*゜´∀`゜)゜ プリンなのにオカズか~。
 そして予選開始となるも、あややさんの幸運、佐原くんの頭脳で勝ち抜きまくり!
 まさかの凡倉高校の躍進が楽しくも、立ちはだかるのは天祭高校・・・ どうなる!?

 

●ローカル女子の遠吠え (瀬戸口みづき 先生) 

 新幹線「のぞみ」は静岡に停まらない・・・ そんな悲しみを知った今回(ぇ

 学生時代、恋人がいなかったりん子さんは、そのことを気にしてなかったものの、
 地元へ帰って来てから、「彼氏いなかったの?」攻撃をくらうことでめげる心情、
 なんとなくわかる気がします(^^;

 東京へ出る前のりん子さん、母上から様々な助言を得ていたようですが、
 その内容が可笑しかったりもするのですけど、物騒なことも想定しておくのは、適切かも。
 また、雲春くんが桐島さんに言い寄られてましたけど、そのかわし方には笑!
 ルンバ買っておいた方がいいかな~とも考えたものの、そもそも言い寄られることがないな(涙

 

●メェ~探偵フワロ (ナントカ 先生)

 ホワイトデーのお返しに悩む男性陣の巻。

 フワロさんにつれられて、街へ行くアーサー&ヨシュアくんでしたけど、
 【女の園】に対して、「門外漢」と表現される4コマ、わかりますわ~(´▽`;)
 まあ、香水売り場で、犬科の2人がダウンしていたのは気の毒でしたが、
 女性向けの買い物に悩む男性という図式は、共感を覚えるポイントでありました。

 とくに朴念仁のアーサーさんが、宝石に象徴される言葉で「招福」「長寿」を、
 迷いなく選ぼうとしていたのは大笑い゜(*゜´∀`゜)゜ 縁起いいですよね~でもねえ。
 でも、レモンさんへの贈り物は、やっぱり実用的というのは、安心感ありましたよ!
 ・・・オチついたけど(^^;

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加