五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想②

2015年01月31日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2015年3月号 のつづきです。

 ①は、『ブレンド・S』 『すわっぷ⇔すわっぷ』 『プライベートガール』です。
 
 

GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ 先生)

 やって来た冬休み ・・・の宿題は、描き初め!

 元旦、ナミコさんの家へ集まって、新年「最初の絵」を描くことになった一同。
 ノダ殿やキョージュなどは晴れ着で麗しかったりもしましたが、
 汚れないよう工夫するのも、一苦労(^^;

 ナミコ殿は、年賀状が「描き初め」になってましたし、
 ノダ&トモカネは、愉快な二人羽織り描きしてましたし、そんな様子が楽し。
 キサラギ殿は、ひょんなことから宝船の素敵な絵を描いてましたけど、
 その際、メガネを外して眺めていたのは、夢に想いを馳せるためだからでしょうか。

 

●ばーどすとらいく! (もず 先生) 

 コミックス1巻、3月発売! そんな今回、風邪をひくクルさん。

 カラスに滑り台に誘われて、時間も忘れて遊んでいたため、
 帰りが遅れて体が冷えて・・・ という経緯が、子供みたいで可愛らしい(^^;

 そこへ、友人一同がお見舞いに来る様子が楽しかったわけですけども、
 ここで「友達
」の温かさにふれるクルさんが、素敵な感じでしたね~。
 けれど、上層部ではヘロン参謀長が何やら暗躍中で、新キャラも不穏な予感!

 

●カスタムメイド! (たちつてつこ 先生)

 今回、クラス会ということで、カラオケ参加のユウ様&マサキさん。

 「ドレスを新調しなきゃ」とか言っちゃうユウ様、さすがです(^^;
 そんな世間知らずなお嬢様ぶりも可笑しいのですが、アニソンしか歌えない
 オタクなユウ様にとって、カラオケはピンチ!?

 カラオケの設備に興味津々な箱入りお嬢様の姿も可愛らしかったですし、
 歌の乗り切り方も、めっさ可愛くて、クラス中が萌え泣くのも当然かと(ぇ
 マサキさんも面白かったし、最高のパーティでした!

 

●Aチャンネル (黒田bb 先生) 

 コミックス6巻、3月発売! そんな今回、ミホさん回!

 しっかり者といった感じの1日の始まりに、「見習わなきゃ」と思ったり(ぇ
 ユタカさんを朝、迎え(起こし)に行くあたり、面倒見の良さも優秀です(^^;

 そんなミホさんの家へ行くことになった、トオル&ユタカ。
 そこで明かされるミホさんの赤裸々な秘密が、いろいろ楽しかったですね~。
 “アイドル”のポスター貼ってるんですね・・・ ミホさんにとってのアイドル。
 あと、意外な欠点もあったりして、そうした所も、また魅力です。

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生)

 コミックス2巻、3月発売! そんな今回、打ち上げ!

 ゲーム完成の打ち上げパーティということで、大勢の人たちと、豪華な料理。
 そんな光景が、いかにもといった雰囲気で、臨場感あふれる楽しさでした。
 声優さんにサインもらいに行くとか、ね(^^;

 でも、青葉さんが最初にサインをもらいたいのは、もちろんあの人。
 ディレクターの葉月さんから、コウさんの過去の失敗話を聞いてなお、
 きちんとコウさんのことを理解している青葉さんが、素敵でしたね~。
 その言葉も、よき仲間も、全て素晴らしかったです。

 

●だいたいこんなンで? (永深ゆう 先生) 

 誰もいない部室へやって来たこかげさん・・・ と思いきや?

 とある理由で、ロッカー内に隠れていたほのりさんもいたのですが、
 そこへ相談者が訪れて、こかげさんが1人で相談に応じることに!
 はたして、内気なこかげさんで対応できるのか・・・?

 と気になった話でしたけど、相手の顔を見ないことで、気軽に話をしたうえ、
 適当に話に乗っているだけなのに、なぜか相談事がうまく運んでしまう、
 そんな様子が可笑しくも、楽しかった! ラスト・オチも笑!

 

●いろはよしなに (ひみつ 先生)

 ゲスト2話目! 2人の上級生と3人暮らしになったいろはさん。

 おっとり穏やかな美代子先輩と、キリッと厳しい鏡子先輩。
 そんな2人に挟まれた生活が、百合風味に面白いですね~。
 でも、いろはさんは女性が苦手というから、いろいろ大変そう(^^;

 甘えさせたい美代子先輩と、甘やかせてはいけないと考える鏡子先輩。
 2人がいろはさんを取り合うような形になるのも楽しいのですが、
 妙に息の合ったやりとりも、素敵でしたよ・・・ 2人とも優しい。
 でも、最後の「廊下で音を立てない走り」は、シュールで笑った!

 

●フレラジ☆ (種田優太 先生) 

 コミックス2巻、3月発売! そんな今回、人との繋がりを感じるお話。

 茜さんと藍さんが2人で話しているのを見かけた白河さん。
 「若い子がすぐ仲良くなれていいな」と考えてますけど、これってつまり、
 白河さんぐらいになると、簡単に打ち解けられないことを示していて、
 少し寂しかったりもしましたね・・・

 けれど、そこで茜さんから声をかけられて、小さくても確かなつながりを
 感じていたのは、とても素敵な事だったと感じます。
 業界内での人との繋がりは、貴重なのかもしれませんね~。

 そして、フレラジメンバーとの食事も、楽しげでした!
 けれど、次回、最終回!?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2015年01月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2015年3月号

 表紙は、『GA 芸術科アートデザインクラス』
 チョコレートをイメージしたキサラギ&ノダ殿が、バレンタインの予感。
 スイートかつゴシックな雰囲気が、格別であります。
 
 

 今月の「ブルータスで賞」は、『ぱわーおぶすまいる。』より、佐々島くん!

 

 今回、宗馬くんを追いかけて、観久さんとかっけこするまゆさん。

 軽快に熾烈な争いとなっていましたが、途中、佐々島くんに観久さんを
 足止めしてもらおうとするものの、ここで佐々島くん、とつぜんの裏切り!?

 ここで、まゆさんが「佐々島くんのブルータス」と言っていたのは笑!
 裏切り者=ブルータスという表現が、妙に心地よく響いてきました(^∇^;

 しかも、観久さんを見逃した目的が、ある人の写真で、そのせいで
 「ヘンタイ」の汚名までかぶせられて・・・ いや、汚名じゃないか(ォィ

 

 

【コミックス1巻、ほやほや発売中~!】
●ブレンド・S (中山幸 先生)

  

 心優しいのに、目つきの悪いさで「S」に見られてしまう少女のお話。

 桜ノ宮苺香さんがバイトすることになったのは、
 様々な「属性」の店員さんが、お客を楽しませてくれる喫茶店。

 そこで苺香さんは、目つきの悪さから「ドS」属性で接客することになります。
 他に、ツンデレや妹キャラのウェートレスもいて、
 キッチン担当や店長さんも含め人々との日々が、楽しく描かれる4コマ作品です。

 
 今回、苺香さんが店へやって来ると、そこに見知らぬ人が・・・?
 いったい誰かと思いきや、メガネをかけたら即判明!
 その人に対して、苺香さんが「制服を縛る本の方」と言っていたのは大笑!
 
 天野美雨さん、新たに店で働くことになったようですが、彼女の本に関して、
 衝撃の事実が明かされたことで、苺香さんがフリーズしてしまって、笑!

 「女性は奥が深いですね・・・」なんて言葉が飛び出して、
 夏帆さんにツッコミ入れられていたのも、愉快でした(´▽`;)

 
 美雨さんの「属性」は「お姉さん」ということで、甘い空気をお客様に振りまきつつ、
 それでいて落ち着きのある態度が、いかにもといった感じで、心地よかった~。

 そんな彼女の接客を、見習いたいと考えた苺香さんでしたが、目つきだけでなく、
 ドジっ子も相まって、「ドS」に磨きがかかり、可笑しなことになっていました(^^;

 そうした様子が面白かった今回でしたけど、
 店長さんと苺香さんのやりとりを見て、美雨さんがインスピレーションを得たのは、
 良い事なのかどうなのか・・・ なんて感じつつ、コミックス1巻も発売中ということで、
 新メンバー加入もあって、ますます今後も楽しみです!
 
 
 

【新連載!】
●すわっぷ⇔すわっぷ (とめきち 先生)

  

 キスで入れ替わる少女たち!

 ゲストを経ての連載スタート!
 ギャルっ子な二階堂夏子さんと、秀才な一之瀬春子さん、
 ぶつかって偶然キスしたことで、なぜか互いに入れ替わるようになってしまい・・・

 というお話で、このことは2人だけのヒミツ。
 なのですが、わりと節操なくキスしまくって入れ替わってしまうあたり、
 あまりこだわりなさそうな所が、ライトで面白いですね~。

 ところが今回、二階堂さんが「こういう関係って良くないと思うの」
 と言い出し、気軽に入れ替わることをやめようと提案するのですが・・・?

 
 ギャルっ子のわりに、中身は乙女な二階堂さん。
 キスは大事にしなきゃなんて可愛いことも言ってます。

 対して、一之瀬さんはおとなしめの秀才と思いきや、
 性格はさっぱりしているというか、大雑把で気にしてなさそうな所が面白い!

 けれど、意志は弱い二階堂さん、バナナクレープを美味しく食べるために、
 あっさり決意をひるがえしていたのは、笑いましたわ゜(*゜´∀`゜)゜ 弱ッ!

 そんな風に、気軽にキスして入れ替わる少女たちを描いた4コマ作品。
 潔い2人の関係が面白おかしくはあるのですが、それでもやはり、
 キスする際の描写など、“百合”を匂わす風味なのは、注目かもしれません。
 いよいよ連載スタートとのことで、今後も楽しみです!
 
 
 

【ゲスト作品】
●プライベートガール (要 先生)

  

 マイペース少女と、彼女を気にする幼なじみ。

 宮田澄花さんは、マイペース少女。
 ボーっとするだけならまだしも、言動が妙にズレていますが、
 そんな彼女の幼なじみ・高瀬羽凪さんは、澄花さんを気にしてばかり・・・

 といった2人を中心に、澄花さんのマイペースぶりが可笑しい4コマ作品。
 幼なじみである澄花さんと、もっと仲良くしたいがゆえに、
 彼女の言動を気にかけまくっている羽凪さん。

 けれど、澄花さんのマイペースぶりに、いつもやきもき。
 一方で、澄花さんも自分の言動が、人に迷惑かけることを自覚していて、
 そのあたり、無自覚なイヤミにはなっていなくて、良い感じでありました。

 羽凪さんの友人・美月さんや楓(椛?)さんは、理解ある人たちですし、
 マイペース少女を中心に、面白い輪ができあがっている印象。
 そんな少女たちのお話、次号も登場のようですので、期待です!

 

②へつづきます。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2015年01月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2015年3月号 のつづきです。

 ①は、『ラディカル・ホスピタル』 『秘書の仕事じゃありません』です。
 
 

小森さんは断れない! (クール教信者 先生)

 小森さんの一般入試!

 今回は、体調も問題なく、大谷くんの御利益?も受け取って万全の状態。
 というか、大谷くんをだっこするのが、リラックスの秘訣なんですかね(^∇^;

 いざ本番になっても、落ち着いていられたのは、「気休め」のおかげ。
 試験に挑むときは1人だけど、独りではないと感じさせる様子が良かった。
 結果発表での、まさ子&めぐみさんの涙は、友情の証と言えるでしょうね・・・

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生) 

 戸田くんの留守中、師匠がみもりを訪ねてきてましたが・・・

 その際、戸田くん不在で、優さんが応対したためか、
 何やら師匠さん、優さんと戸田くんの関係を誤解(?)しているご様子で、
 そうした齟齬に基づくやりとりが、面白おかしかった!

 優さんとの関係は、何事もない清々しい(コントのような)ものですけど、
 はたから見れば「同棲」なわけで、戸田くんも指摘されたことで意識し始め・・・?
 いつも通りなのに、ちょっとした言葉で過剰に反応する戸田くんの
 “中学生”っぷりが可笑しかったですね~。 でも、最後は平常運転か(´▽`;)

 

●放課後すずなり倶楽部 (みなづき忍 先生)

 優良先輩、バレンタインに友人とチョコ交換することになりますが・・・?

 「家族に手作りチョコを贈る」なんて言ったものだから、チョコ交換する流れに。
 けれどネコかぶりの彼女、本当はお菓子なんて作ったことがないため、困惑。
 そこで、鈴鳴さんが代わりに・・・ ではなく、作り方を伝授!

 優良先輩の家で、チョコづくり。
 ここで優良先輩が、自分の外面よくてゆがんだ性格について語ってましたけど、
 チョコづくりを通じ、鈴鳴さんが“ゆがみ”を否定していたのは、良かったですね。

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生) 

 寒さの厳しい季節に、頼りになるのは暖房器具!

 ということで、寒がりのお客様が暖房器具を購入に来てますが、
 外見がコートにマフラー、帽子を深々とかぶった怪しい姿なのは笑!
 8畳間をまんべんなく暖めるための器具をそろえたいとは、寒がりすぎ(^^;

 でも、部屋のアンペア数は気を付けないとですね~。
 私は結構少ないアンペア数で契約したので、ブレーカー落ちやすいですし。
 そんなこんなで、暖房器具に関する話が興味深く面白かった今回ですが、
 最後、草薙さんは大丈夫だったのでしょうか(´▽`;) 次回も、いますよね・・・?

 

●たよスポ! (王嶋環 先生)

 東京出張へ行くたよりさんの巻!

 一般スポーツ記者として行くことになっていましたが、パンサーズの試合もあり、
 公私混同をしてしまわないか苦悩するたよりさんが、面白おかしい(;´∀`)

 公私混同しない自信がない、と言い切る彼女の自己分析は的確で、
 ゆえに、そこを気を付けようとする姿勢は、とても好感持てましたよ。
 それでも引っ張られてしまうあたり、まだまだでしたが、頑張ってほしいですね。

 

●トリセツなカテキョ (山東ユカ 先生) 

 卒業式も終わった教室で、桜川さんと話をするセンパイ。

 そこで、春吉くんとのことを聞かされてましたけど、
 普段通りな桜川さんの笑顔の裏に、哀しみが秘められていたのだと、
 センパイのモノローグから判明する瞬間には、震えましたねえ・・・

 そして、春吉くんとセンパイの「最後」の待ち合わせ。
 センパイの寂しさを取り除きたい、けれどそれが何かわからない。
 【新しい季節】に、センパイ不在をかみしめる春吉くんの背中が、寂しい。

 

●どす恋!りきしー女 (銅代きいろ 先生)

 バレンタインに、双葉さんが期待するのは、売れ残ったチョコのセール!?

 大野くんに渡すチョコは、どうするのかと思っていたら、
 何やら独創的なチョコづくりをしていて大笑゜(*゜´∀`゜)゜
 被害者は、おもに家族でしたが・・・

 ターニャさんたちのチョコも美味しそうでしたけど、
 双葉さんが食べていたチョコは、まさに恋の味・・・だったのかな?
 のぼせるほどとは(^^;

 

●神崎さんに見つかりたい! (のらじゃ 先生) 

 何やら、神崎さんにつきまとう影が増えている様子。

 佐渡先輩の他にも「かくれんぼ女子」出現という事態で、怯える先輩に笑!
 まあ、バレンタイン間近ということで、女子にもモテモテ神崎さんが、
 注目されているということらしいのですが・・・

 そんな「かくれんぼ女子」たちが、部活の邪魔にならぬようにと、
 先輩が楠井くんと共にとった対策が、これまたブッ飛んでいて可笑しい!
 「かくれ仮面」で「かくれて鉄槌」とか、どこまで面白いんだ、この人(^∇^;

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2015年01月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2015年3月号

 

 表紙は、ナースな山下さん・・・ って本職ですがな!
 らいかさんや小森さんも、ナース姿で清潔感あふれてますね~。
 
 

 今月の「ナイスコンビで賞」は、『らいか・デイズ』

 

 漫才コンビ「ダブルM」ふたたび!?

 マッキー&まなみさんの漫才コンビですけども、マッキー祖母だけでなく、
 病院内の人たちにも評判で、きびしい練習したりと楽しいお話でした。

 そんな2人を見たらいかさん、コンビに憧れ、身近な2人=ご両親を
 コンビに見立てていましたが、そこで付けていたコンビ名に大笑゜(*゜´∀`゜)゜
 らいかさん、ボケの素質ありますわ~・・・ ユニ〇ーンでしたっけ。

 そんなコンビに関する内容が愉快な今回でしたけど、
 らいかさんにも名コンビ、いるじゃないですか~なラストが、笑いと共に良い感じ!

 

 

【2月6日、コミックス27巻・発売!】
●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

  

 鏡よ鏡・・・

 榊先生に、内視鏡の鏡がどこにあるのか尋ねる山下さん。
 思ったよりも真面目な答えが返って来てがっかりしてますが、
 ボケを期待していたのでしょうかね(^^;

 医療機器に付いている鏡についての話が興味深かったりもしましたけど、
 山下さんが鏡を気にするのは、患者さんが私物の鏡を割ってしまう
 きっかけを作ってしまったためで、その鏡に関するお話になっていました。

 
 患者さんにとっては、お孫さんがくれた鏡。
 そのため、孫に謝る患者さんを見て、山下さん、自分が割ったと名乗り出ますが、
 そこで意外な展開になっていたのは、なかなか微笑ましかったですね~。

 おじいちゃんを心配していた、お孫さんの無邪気さがよかったですし、
 察してノリで対応した山下さんの心遣いも、可笑しいながらも素敵でしたよ。

 そして、病院内で患者さんの私物を破損してしまうことの重大さも、
 伝わってくる内容になっていたのは、見事だったと感じます。
 関口さんのおっしゃるように、「物の価値ってその人の思い次第」ですからね・・・

 それでもって、鏡には霊力が宿るなんてマッキーの話から、
 オチへつながるラストが愉快だったのも、また良いものでありました。
 なんて感じで、今後も楽しみです!
 

 
 

【ゲスト作品】
●秘書の仕事じゃありません (東屋めめ 先生)

  

 スピンオフ・ゲスト!

 「まんがタイム」で連載中の本作品、はかせさんを主役にしての登場です。
 社長秘書の中田さん、その部下であるロボットの部下ちゃんをつくったのが、
 はかせさんこと、葉加瀬さん!

 しかし、自己紹介が「はかせ」なので、博士だと思われて(間違ってはいない)、
 名前を覚えてもらえないのは、可笑しかった(^^;
 葉加瀬博士ですから~。

 
 そんな葉加瀬さんに、中田さんが部下ちゃんのケガを診てもらいに来てます。
 けれど、指先を切っただけなのに、腕ごとパーツを取り外す様子が、
 何となくショッキングで笑! 中田さん慌ててますし(´▽`;)

 そして、葉加瀬さんの部屋にある部下ちゃんのパーツが、
 ホラーチックと言いますか、ちょっと不気味だったのも面白かった!
 部下ちゃん、怖いよ!!

 そんな感じで、葉加瀬さんの凄い所が色々とみられた今回。
 若いのに、コネで研究所を持てたと言ってますけど、
 社長のコネとは一味違っているのが、さすがでありました!

 とはいえ、どこか変人っぽい所が、愉快な人ですけどね(^∇^;
 次号も本作が登場とのことですが、内容はやはりスピンオフなのでしょうか?
 いずれにせよ、次回も楽しみです!

 

②へつづきます。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムスペシャル 感想②

2015年01月25日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2015年3月号 のつづきです。

 ①は、『ローカル女子の遠吠え』 『天王洲会長にカレシができないワケ』
     『注文の多いお姉ちゃん』 『銀河系女子高生ありすちゃん』
です。
     (『恋愛ラボ』感想はこちら
 
 

笑って!外村さん (水森みなも 先生)

 バレンタイン、冬馬くんにチョコを渡したい綾乃さんですが・・・?

 身近な人に渡してもらおうとしても、お姉さん=外村さんでは怖くて無理(^^;
 そこで綾乃さん、まずは外村さんに認めてもらおうと、
 あさっての方向に努力しようとしていたのは笑!

 冬馬くんには、他にもチョコを渡そうとする人たちがいましたけど、
 何だか久しぶりな感じでしたね、あの3人(´▽`;)
 そうしたバレンタイン模様が、面白かった今回でしたが、綾乃さん、
 結局、外村さんの壁を越えられなかったのは、まだまだですかね~。

 

●ピンポン☆ブー (藤島じゅん 先生) 

 凡倉学園の代表3人も決まり、準備にいそしむ景二くん。

 そんな今回、景二くんが語る、クイズ仲間だった世一くんのお話。
 体の弱かった世一くんが、自分でも活躍できる分野としてクイズを選び、
 無敗を誇るほどになったのは良いのですが、その鬼っぷりには苦笑(^^;

 そんな世一くんの話を、嬉しそうに話す景二くんでしたけど、
 景二くんが受験に失敗した原因に不穏な影ありで、
 アヤシイ展開になってきましたね~楽しみです。

 

どろんきゅー (吉村佳 先生)

 今回、佐倉さんと父上のお話・・・ ですが、父上はすでの他界。

 まだ佐倉さんが幼いころに亡くなったものの、幽霊になった父上が、
 佐倉さんには見えていて、父親がいないことをわかっていない様子なのが、
 何とも切なさ倍増といった感じで、しみじみしちゃいましたね。

 母上がお茶目だったのは笑いましたけど、幽霊な父上の方は、
 見守っているつもりでいて、実際は娘の生活を邪魔していたことに気付き、
 「離れ難い」と未練を覚えている場面には、響くものがありましたよ・・・
 でも、この見守り期間は、佐倉さんにとって大切な猶予期間だったのでしょうね。

 

●みずいろミュージアム (あさみゆとり 先生) 

 七夕展示開催中の今回、さかなさん、お子様の面倒をみるの巻!

 主任の姪っ子・真魚ちゃんを、1時間ほど見ることになったさかなさん・・・
 でしたが、人見知りな真魚ちゃんを相手に、なかなか打ち解けられず。
 そこで、水族館の色んな魚を見て回りますが・・・?

 ところが、真魚ちゃんが打ち解けなかったのは、人見知りだけではなく、
 ある心配ごとがあったためで、その緩和をきっかけに、
 さかなさんと仲良くなっていたのが、優しい雰囲気でしたね~。

 

●BONSAIガール! (ミツナナエ 先生)

 巻中カラーの今回、盆栽展へ行く梅山さん!

 女子大生が盆栽展という意外性もでしたけど、そこに竹林くんもいて、
 着ぐるみ姿の彼が、正体がばれないよう、梅山さんを避けよとする様子が、
 面白い内容でありました(^^;

 と、盆栽展には松田秀造先生という方もいらして、何やら有名人でしたけど、
 実は、梅山さんとも竹林くんともつながりある人物だったのは愉快!
 明るくお茶目なおじさん・秀造先生の個性が、良い具合に接着剤になりそう?

 

●うぶコメ! (枕辺しょーま 先生) 

 今回、1人でお仕事することになったかなでさんでしたが・・・?

 先輩には大丈夫と言われたものの、まだまだ自信なさげ。
 けれど、お客様の鈴木さんから、「とても話しやすい」と言われて感激。
 自信がついてきている社会人模様が、なかなか楽しかったですね。

 しかし、その一方で、学生である力斗くんとの会話にズレが・・・
 仕事が楽しくなってくる時期、学生との意識の齟齬は、ありがち。
 その違いが、かなでさんの心を惑わしていたのは、不安要素でしたね~。
 学生に社会人を理解してもらうのが無理なら、学生を理解すればよろし。

 

●ゲキカラ文化交流 (沼江蛙 先生)

 コミックス3巻、4月発売! そんな今回、ラーメン店の雪蘭さん話。

 彼女がオーナーとなったいきさつや、カレー屋への偵察の日々などが
 描かれてましたけど、まあ要するに、みゆきさんたちと仲良くなりたいと(^^;
 そうした雪蘭さんの様子が、可愛く面白かったりでした。

 一方、林くんはみゆきさんとの関係を進展できるのか気になりますけど、
 さすがに前世どうの言い出したのは、うん、ちょっと引いたぞ(ォィ
 あと、本当にアイシャさんがテスト出していたのは大笑いでしたが、
 何か次号で最終回って書いてあるんですけど~!!??

 

アテナの初恋 (縞はるひ 先生) 

 オリンポス音楽祭に向けて、合奏の練習をするアテナ様。

 しかし、音楽の素養なきアテナ様、騒音のもとになっていたのは気の毒(^^;
 そんな中、オルフェウスくんと出会ったことがきっかけで、
 サルピンクスを使って演奏できるようになっていたのが、楽しい。

 ある理由から自信喪失していたオルフェウスくんも、
 わだかまりが消えて、スッキリできていたのが清々しかった~。
 それにしてもアテナ様、恋のきっかけは逃してしまったかも?
 このあたり、どうなるのでしょうね。

 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加