五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2014年04月30日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年6月号 のつづきです。

 ①は、『ラディカル・ホスピタル』 『社外秘!神田さん』 『シネマちっく!キネ子さん』です。




●小森さんは断れない! (クール教信者 先生)

 勉強でも頼られる小森さんでしたが、「頼られても実力がつりあっていなーい」状態に(^^;

 そんなこんなで、めぐみ&まさ子さんと勉強会することに! そこで、まさ子姉の揺さぶりが、

 3人の友情を試す展開・・・と思いきや、揺るがぬ小森&めぐみの言葉が、安心感でしたね。


●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 連休にご両親が海外で、マッキーはお手伝いさんの家へお邪魔することに! お嬢様参上。

 猫かぶりのマッキーに、息子さんも旦那さんもメロメロ状態で面白い(´▽`;) 男ってヤツぁ。

 そして最後の【女たち】では、女怖~でしたけど、らいかさんの釘さしが、良きバランスです。


●よゆう酌々 (辻灯子 先生)

 優さんのつくった一品を、森永さんやお客様に試食してもらいますが、年配の会社員の方が

 【スキル】を発揮してほめていたのが面白かった! 会社で磨かれたスキルでないのが(;;)

 でも、優さんが料理を作ることに、喜びを感じているのは良い感じ。 戸田くんの苦労は笑!


●満開!Sister (東屋めめ 先生)

 今回、武士武士くんがデート!? お相手はカンナさん・・・ ではなく、妹のさくらちゃん!?

 クラスの友達に彼氏自慢をしたいとのことで、子供だな~と思ったら、裏があって苦笑(^^;

 そんな今時の小学生事情(誤解)が愉快でしたが、さくらちゃんの武士くんへの想いには驚。


●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生)

 カラーで登場の今回、一花さんがCM出演? 家電ガールかエプロン姿か期待が高まるも、

 案の定の恰好させられて、お気の毒(;´∀`) ではありましたが、お仕事には一生懸命!

 そんな一花さんのヤケっぷりや、さんちゃんのメガネ男子ぶりが楽しかった。 お疲れ様~。


●オトメシュラン (王嶋環 先生)

 ヨウさんに試作品を評価され、ついにランチとして出すことになり、喜ぶ慎太くん、めでたい。

 けれどお客様には、料理をつくったのはヨウさんと思われて複雑ですが、そこで活を入れる

 東海林さんの言葉は的確でした。 自信が大事、一成くんをめぐるヨウさんにも言えますね。


●みつめるっ!上野さん (中邑天 先生)

 カラーで登場の今回、仕事のイメージトレーニングのため、忍者映画を観ている上野さん。

 「所長が忍者なんだもん。私も忍の道・・・がんばろう!」に大笑! 頑張り方、間違ってる!

 そんな上野さんの言動が可笑しかったわけですが、新人学芸員も登場して、さらに楽しい。


●先生のたまご (みなづき忍 先生)

 生徒たちが卒業してから、心ここにあらずのたまこ先生、春眠暁をおぼえず状態で可愛い。

 とはいえ、新年度への準備も始まり、変化も現れています。 数木先生が柔道部の顧問て。

 さらに、新たな出会いも・・・? これは、新年度もつづくとみて良いのでしょうかね? 期待!


●あまかす*あくとれす (オオトリキノト 先生)

 1つ前でも書いた通り、ラーメン店の宣伝映像撮影で、役に入り過ぎる晴菜さんが面白い!

 未経験のラーメン作りも、見事な手捌きでこなしてしまう晴菜さん、何気にすごい才能(^^;

 その一方、こずえさんの女優ぶりも楽しかった! “女性”を活かした演技は、まさに女優。


●春雨平安日記 (松阪 先生)

 冬子さんの家の周りをぐるぐる回る、春雨くんの牛車ですが、その理由が飛びぬけてて笑!

 牛がしゃべっているだけでも可笑しいのに、コンタクトレンズしているとか、どれだけ(´▽`;)

 そして、夏子さんが語る春雨くんの【たまのやさしさ】が面白い! いや、それ、やさしさか?

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2014年04月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年6月号

 Manga_time_or_2014_06

 表紙は母の日、カーネーションの束をもった山下さん。

 榊先生は外科病棟の「母」、咲坂師長の肩をもんでますし、

 らいかさんも母上に花を、おかんも花を持っておまんじゅう食べていたりと、安らぎます。

 

 

 今月の「入り過ぎで賞」は、『あまかす*あくとれす』より、晴菜さん!

 Manga_time_or_2014_06_p134

 今回、三浦さんの友人がやっているラーメン店に、宣伝映像を撮影に行く晴菜さんたち。

 そこで撮影になりますが、役に入りきった晴菜さんが、なりきりすぎてて面白かった!

 女優志望の彼女、しっかり役作りをするためか、素人なのにラーメン作りが様になるほど。

 すごい才能だな~と思っていたら、役に入り過ぎてしまって失敗したり、

 カチンコ鳴らされると元に戻ったりと、「役者」を核にしたキャラクター造形が愉快でしたね。

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 Manga_time_or_2014_06_p005_2  Manga_time_or_2014_06_p006

 「何かを『苦手だ』と感じる時って、たいてい半分は自分の中に原因があると思う」

 冒頭、家族で買い物に来ていた麻生さん。

 そこで1人、マッサージチェアに座っていると、うとうと・・・ではなく、

 豪快に寝息をたたてお休みになってしまうほど、お疲れのようで(´▽`;)

 

 そんな今回、保健イベントのミーティングにて、内科の蓮見師長から、

 厳しい指摘と宿題を出されてしまった麻生さんが、悩みつつも、前進するお話でした。

 自分が「キチンとした人に嫌われる」と述べる麻生さん、

 蓮見師長に嫌われていると思っている様子ですが、

 マッキーは「師長はそんな了見の狭い方じゃない」と言っていて、

 どうも蓮見師長は、麻生さんを見込んでいる気配があるらしいと考えています。

 

 そこで出た言葉が、「何かを『苦手』だと感じる時~」のセリフ。

 蓮見師長を苦手だと感じている麻生さんは、実はリアル母に似ているから苦手らしく、

 苦手の理由が自分の中にあるというのは、わりと納得できる話で、興味深かったですね。

 マッキーも、昔の自分なら、麻生さんを苦手に思っていたと告白していますけど、

 それも自分の欠点の裏返しだと自覚できているあたり、

 外科での生活が彼女を変えたのかな~と思えて、微笑ましかったです(^^;

 

 そして見事に、蓮見師長からの“宿題”をこなす麻生さん。

 そこで、一定の評価を得られたと感じた彼女が、ガッツポーズをとって喜んでいるのは、

 それだけ本気で課題に取り組んだ、姿勢の表れでもあるのですよね。

 さらに、蓮見師長がなぜ、麻生さんを見込んでいたのかが明かされるラストに、笑!

 なるほど、冒頭のシーンに伏線が隠されていたのですか! と感服でありました。

 などなど、テキトーにみえて、わりとがんばり屋な麻生さん。

 苦手な蓮見師長との関係も、融和へ向かっている感じがよかったですね。

 もちろん、今後も楽しみです!

 

 

 

●社外秘!神田さん (大乃元初奈 先生)

 Manga_time_or_2014_06_p029 Manga_time_or_2014_06_p031

 関西出張編、つづき~。

 ホームへ戻ったためか、やたらと絶好調の神田さん。

 飛び込み営業もなんのその、次々と軽快に、明るくこなしてゆく様子が爽快です。

 

 ・・・が、それも、ここでの飛び込みは1回きり(あとは引き継ぎで)だから、

 思う存分「女優」になれるという理由なのは、良いのかどうなのか(;´∀`)

 そのことを恋愛に例えていますけど、まあ、わらんでもないですかね(ぇ

 でも、神田さんの演技が嫌味にならないのは、そのさっぱりした性格があるからでしょうね。

 これって、わりと重要だと思いますよ。

 

 それにしても、本社へ戻ることを告げる神田さんが、

 「日本橋」に寄ると宣言した途端、一斉に頼みごとをされていたのは笑った!

 日本橋=電器街ということで、しかも【神田さん ウデを信じてる】というタイトルが、

 いかにも関西っぽいというか、ああなるほど~と思わせてくれました(^∇^;

 札束を勘定するシーンが、いかにも悪者って感じだったのも面白かった!

 

 しかし栗原くん、もしかして神田妹さんにモテてる?

 それとも、神田家風のご挨拶なのかな?

 なんて気になりましたけど、いちばん気になったのは、最後の雨。

 日本橋でお買い物なのに雨なんて~と思いきや、どうも神田さんには恵みの雨らしい??

 いったいどーゆーことなんだろう・・・ と気にしつつ、

 関西出張編のシメになりそうな、日本橋での買い物話、楽しみです!

 

 

 

【5月7日、コミックス1巻・発売ゲスト!】

●シネマちっくキネ子さん (ÖYSTER 先生)

 Manga_time_or_2014_06_p125 Manga_time_or_2014_06_p126

 名監督と自称する少女と、映画オタクくんのシネマな日々。

 川島キネ子さんは、映画カントク!

 ですが、まだ映画を撮影したことはなく、

 宮川大八くん(22)を助手にして、映画を撮影すべく奮闘する様子が

 面白おかしい4コマ作品になっています。

 

 今回は、大八くんの記録映画をとるべくつけ回したりしてますが、

 たしか最初も、いきなり彼のアパートにやって来て、そんな風に始まってましたよね(´▽`;)

 たこ焼きをつくっている場面を撮影したりしてますけど、まさかのたこ抜きとは・・・

 また、彼の映画マニアぶりも、キネ子さんにとっては“地雷”になっていたり、

 大八くんの個性が、キネ子さんとのやりとりで活かされるネタが面白かった!

 

 さらに、キネ子さんの祖父や、アクション俳優・越前ハリウッ太くん、

 着ぐるみ役者の中野方くるみさんなど、キネ子さんの周囲にいる可笑しな面々も、

 紹介風に描かれていて楽しめましたね。

 ハリウッ太くんの「映画っぽいセリフ」を言いたいだけネタなどは、

 映画あるある的に笑えましたし、くるみさんの着ぐるみ演技の秀逸さは、

 秀逸すぎて常識はずれだったりと、とにかく個性の飛び抜けたキャラクターが面白味。

 

 まんがホームにて連載中の本作品。

 はたして、いつになったら映画撮影できるのか?

 そのためにスポンサー探しをしているのですが・・・

 ついに、コミックス1巻発売とのことで、今後も注目です!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2014年04月28日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2014年6月号 のつづきです。

 ①は、『そんな毎日』 『ボク恋コンダクター』 『酸いも甘いもシッタカ姐さん』

     『メリー3と疾風堂コロラチュラ』 『おじいぽんとわたし』です。

 

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

 沙夜さん、あつみさんとなつみ姉が並んでるのを見て、あつみさんが大きくなったと勘違い。

 なつみ姉の大人な雰囲気がそう感じさせるのでしょうけど、彼女を見て吉岡くんが驚愕(^^;

 「ロリが成人したら大人になる」とショック受けてたのは笑! すっぴんのなつみ姉、可愛い。

 

●たばたちゃん派 (みずしな孝之 先生) 

 いよいよ幼稚園のたばたちゃん。 制服に着替えるシーンでの「ごさん」が、可愛く面白い!

 なかなか寝付けなかったりと楽しみにしていたのに、いざ行ってみると知らない人ばかりで、

 不安が増す様子は、私も覚えがありますね~。 けれど、あの少女との再会で楽しくなりそ。

 

●うしろのご先祖さま (勇人 先生) 

 風邪をひいて休んでいる静さんの所へ、ご先祖さま達が看病へやって来たは良いけれど、

 案の定、大して役に立たないどころか、迷惑かけている気が(;´∀`) 乾布摩擦、アカンて。

 でも、菜々緒さんが来てからは、癒し効果が和みます。 にしても、正宗さんは何してたの?

 

●まほろばきっさ (tugeneko 先生)

 今回、五条マリさんとその後輩たちが登場! 優雅な喫茶店を期待して、訪れたお客様・・・

 でしたけど、店員が店先で相撲とってて笑(*゜´∀`゜) 優雅のカケラもない店に激怒しつつ、

 自らバイトに入って指導を始めますが、その純情乙女ぶりが面白かった! いいキャラだ。

 

●はるまち・ダンス (佐藤両々 先生) 

 連休に、予定のない人は遊ぼうという話になってますが、さっちんが仲間外れなのには笑!

 理由は「カレシがいるから」とは言うものの、まだ彼氏ではないと、恥じらうさっちん可愛い。

 第2ボタンをもらった意味を、あれこれ考える一同が楽しかった。 最後のメールが熱いね!

 

●路傍のミオ (小池恵子 先生)

 学校で、占師をやっていると噂になるミオさんですが、イメージが違うとか言われてて哀れ。

 それでも理解してくれる人もいて、何だかんだで「学校は楽しい」と考えるミオさんが、良い。

 そして、変わった人たちがお客として来ることに、「普通」と答えられる彼女、強いですよね。

 

●龍女生徒会っす! (野広実由 先生) 

 男子とフォークダンスするという話で、乙女になってしまう生徒達が、可愛いというか面白!

 何、あの恥じらいの表情(´▽`;) しかし、ダンスしてくれる相手の男子校がみつからない?

 龍女が相手じゃ仕方ないですよね~とは思いますが、直さんの頑張る姿勢には感心です。

 

●ヒナ書房へ行こう (都波みなと 先生)

 雑誌の表紙に、内容とは無関係の動物がいたりしても、売れれば結果オーライ!?(´▽`;)

 ・・・と思いきや、思ったように売れないのですね~。 それでも猫好きは例外なのですかね。

 そして【本当にあったんです】の話が、本気で意味不明すぎて、笑う以前に怖くなりましたよ。

 

●ぼくとことりちゃん (野々原ちき 先生) 

 今回、陵くんと陽菜さんの関係に不穏な影あり!? 雑誌の占いという所が根拠弱い(^^;

 ゆみ&いよさんが、陽菜さんに気をつけるよう忠告しますけど、動じてないのがスゴかった。

 そして水難がありつつも、それがむしろ陵くんの株を上げていて面白い! 占いは心がけ。

 

●ラジ娘のひみつ (小坂俊史 先生)

 ゴールデンウィークのラジオといえば渋滞情報! 道端さんとあいりさんの会話が面白い。

 遊びに行く人々をやっかみながら、2人の息の合う様子が鬼(;´∀`) 連休に仕事だもの。

 【知られざる完全敗北】で、苦労が無意味となっていたのが可笑しくも、良い雰囲気でした。

 

●のぶながちゃん公記 (くりきまる 先生) 

 1つ前でも書いた通り、じい平手政秀さんの切腹! 信長関係では、有名な話ですからね。

 徳政令で寺社の了解を得られないまま悩む政秀さんでしたが、岩室さんの打開策で解決?

 その策が裏目に出てしまい、「切腹」となってしまいましたが、まさかの展開が痛快でした!

 

●しばいぬ子さん (うず 先生)

 3匹目の犬っぽい人・まめ子さんも加わりましたが、相変わらず茶子さんだけは困惑(´▽`;)

 弟・優人くんの反応は「かわいい」でしたけど、やっぱり犬に見えているのが可笑しい姉弟。

 しかも、まめ子さんを保険にしようとしてる優人くん、わりと鬼畜! というか、壊れてるぞ!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがくらぶオリジナル 感想①

2014年04月27日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2014年6月号

 Manga_club_or_2014_06

 表紙は、もう半袖姿のあつみさんとあつしくん。

 春も終わりを告げ、初夏っぽくなりましたね~。

 その他、人気作、ゲスト、短期集中連載、コミックス発売作品と、並んでおります。

 

 

 今月の「隠された歴史?で賞」は、『のぶながちゃん公記』より、平手政秀さん!

 Manga_club_or_2014_06_p168

 平手政秀の切腹について描かれるのかどうか、ということは、本作の注目点の1つでした。

 今回、ついに「その時」が来たわけですが、徳政令を原因にしていたのは、興味深い所。

 いわゆる諌め説や、信長との不仲説をとっていないのは、わりと珍しいかもですね~。

 そしてその切腹も、決して暗く描かれないよう、ちょっとした裏があったのはお見事でした!

 なるほど、こう来ましたか~と、感服でありました。

 

 

 

【コミックス5巻、ほやほや発売中~!】

●そんな毎日 (おーはしるい 先生)

  Manga_club_or_2014_06_p019 Manga_club_or_2014_06_p021

 ポパイとオリーブとの日々。

 今回は、春になって元気いっぱいの猫たちが駆け回る!?

 寒い冬に動かなかったことで、反動があるみたいですね~(^^;

 

 そして、そんなポパイ&オリーブに振り回される先生が面白い!

 と思いきや、ポパイはすぐに疲れて休んでしまっています。

 もう12歳なのですか・・・ う~ん、ちょっと気になる年齢です。

 けれど、オリーブの方は元気に動き回る!

 かまってほしくて、やたらとじゃれつく様子が可愛らしい~。

 仕事中の先生は大変そうですけども(´▽`;)

 

 それでも、何とか相手をしてあげる先生の創意工夫が愉快でしたね。

 オリーブの性格を考えた方法や、ちょっとした工作アイデアがよかったです。

 などなど、ポパイ&オリーブとのそんな毎日。

 コミックス5巻が発売中ということで、今後も楽しみです!

 

 

 

【コミックス1巻、ほやほや発売中~!】

●ボク恋コンダクター (坂巻あきむ 先生)

 Manga_club_or_2014_06_p127  Manga_club_or_2014_06_p129

 幼なじみの恋を応援していたけれど・・・?

 女性が苦手な高校生・中村コウタくん。

 幼なじみの向上歌恋さんから、女子力向上のための相談を受け、

 彼女の恋のために協力する、という所から始まった物語・・・

 

 でしたが最近は、自分の気持ちに気づいてしまったコウタくんが、

 いろいろ悩んでしまったりと、シリアス恋模様が展開されています。

 今回は、コウタくんの家で勉強&お泊り会のつづき。

 歌恋さんとの会話で、踏み込んだ一言を口に出したコウタくん。

 己の想いを自覚し、それが歌恋さんに届かないことに悩んでいます。

 夜風を感じるシチュエーションが、静かにロマンティック。

 

 一方、歌恋さんは、コウタくんが真剣な表情だったことを気にしている様子。

 お風呂上りに振り返る姿が、ちょっと大人っぽくて、だけど可愛らしい。

 そこで、コウタくんに話を聞こうとしますけど、コウタくんは踏み出せない。

 そんなシリアスムードが、良い感じでしたね~。

 ちょっと重くなりそうでしたが、最後はセツナさんが、軽めの雰囲気にしてくれたのが愉快!

 

 などなど、幼なじみの少女の恋路を応援していたのに、

 自分がその少女の事を好きだと気づいてしまった少年のお話。

 はじめは、女性が苦手なコウタくんによる、歌恋さんの女子力向上の訓練を、

 面白おかしく描いていた4コマ作品でしたが、途中からは恋模様が中心になっています。

 ついにコミックス1巻が発売ということで、まとめて読み返すのも一興。

 

 前半では、歌恋さんの妹・愛さんがよく出てきていたのに、

 コウタくんが自分の気持ちに気づいてからは、友人2人=亮介くんとみのりさんが、

 よく関わってくるようになっていますね。

 それだけ、話の方向性が変わっていることの証しでもありますが、

 幼稚園児にしてIQ大学レベルの愛さんも面白いキャラクターなので、登場に期待したい所。

 といった感じで、もちろん今後も楽しみです!

 

 

 

【短期集中連載!】

●酸いも甘いもシッタカ姐さん (ひらふみ 先生)

 Manga_club_or_2014_06_p013  Manga_club_or_2014_06_p016

 行き倒れの尼さんは、したたかさん!?

 中学2年の高畑めぐみさんが、帰り道でみつけた行き倒れの尼さん。

 彼女を介抱したところ、何だかつきまとわれてしまい・・・

 

 と始まるお話。

 その尼さんは、叱咤果(しったか)と名乗る

 タバコ吸ったり、欲深かったり、家へ上り込んだりする、したたか者。

 そんなシッタカさんと、めぐみさんの交流が面白い4コマ作品になっています。

 

 めぐみさんの家へお邪魔して、タバコ吸いながらゲームしたり、

 それでめぐみさんの妹・ひろみさんや、兄・のぞむくんを籠絡する、俗っぽいシッタカさん。

 厚かましくはあるのだけど、不思議と彼女のペースに乗せられてしまう所が面白かったり。

 そんな魅力ある尼さんのお話ですね~。 次回も楽しみです!

 

 

 

●メリー3と疾風堂コロラチュラ (胡桃ちの 先生)

 Manga_club_or_2014_06_p047 Manga_club_or_2014_06_p051

 ちょっと不思議なボーイ・ミーツ・ガール?

 中学時代、俊足のメリーと呼ばれていたらしい少女。

 少しうっかりしていることを除けば、身体能力はズバ抜けている様子。

 そんな彼女が学校へ行く途中・・・?

 

 少女が出会った(?)のは、モフモフ大好き少年。

 モフモフが好きすぎて、行動の可笑しな所に愛嬌あります。

 ヒツジとか大好きっぽくて、ヒツジを見つけて感激するほど(^^;

 2人とも、入学早々に遅刻しそうになりますが、猛ダッシュで登校していたところ、

 定番の曲がり角で衝突したわけですが、ここでただのボーイ・ミーツ・ガールに

 ならなかったのが面白い!

 

 というのも、少女の方に秘密があって、

 その秘密を軸に展開しそうな点が、期待を感じさせる要素に。

 短期集中連載とのことで、次回も楽しみです!

 

 

 

【5月7日、コミックス1巻・発売ゲスト!】

●おじいぽんとわたし (橘りた 先生)

 Manga_club_or_2014_06_p135_2 Manga_club_or_2014_06_p136

 くまのおじいぽんとの日々。

 よいこさんは、進学を機に1人暮らしを始めた女子大生。

 そんな彼女が出会ったくまのおじいぽんとの毎日が、

 まったり感覚で楽しませてくれる4コマ作品。 まんがくらぶで連載中です!

 

 今回は、おじいぽんのいれたコーヒーを堪能するよいこさん。

 とても美味しいらしく、それまでコーヒーを飲めなかったよいこさんが、

 おじいぽんのコーヒーを飲んだことで、飲めるようになったというから、よほどのもの。

 そこで、【ほかのコーヒー】も試してみようと、お店に入ったは良いのですが・・・?

 

 といった内容になっていました。

 お店で飲んだコーヒーと、おじいぽんのいれたコーヒー。

 その違いは、1人暮らしを始めたよいこさんのことを考えると、想像つくかもですね。

 1人で飲むコーヒーよりも・・・ といった感じに。

 などなど、作中のまったり感覚が、読者をゆったり気分にひたらせてくれる作品。

 ついにコミックス1巻が発売とのことで、今後も注目です!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムスペシャル 感想②

2014年04月25日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2014年6月号 のつづきです。

 ①は、『ゲキカラ文化交流』 『大家さんは思春期!』

     『軍神ちゃんとよばないで』 『だけど温田さんはひとりでデキない』です。

 

 

●どろんきゅー (吉村佳 先生)

 トビラが、小学生時代の佐倉&アキさんということで、今回は2人の「出会い」小学生編~!

 小学生の頃、幽霊が見えるため、浮いていた佐倉さんが面白おかしく描かれていましたが、

 受験生の霊の姿は怖かったですよ(((( ;゜д゜))) 最後、アキさんの笑顔がまぶしすぎて笑!

 

●笑って!外村さん (水森みなも 先生) 

 ヒナさんにせがまれて、お店のチラシ配りをする外村さんですが、ヒナさん、何を企んでる?

 と思ったら、外村さんに怖がった人たちを、自分の方へ誘導してチラシを渡すとか笑った!

 でも、外村さんを誤解していない彼女の存在は貴重。 何だかんだで、仲良くなってきてる?

 

●先生のすみか (伊藤ハチ 先生) 

 今回、女子中学生ゆりさんの家庭教師をすることになったヤマト君。 管理人さんのいとこ。

 しかし、ヤマト君とは合わなそうなタイプで、勉強も得意でないため、苦戦しそうでしたけど、

 マンガ好きを突破口に、きちんと「家庭教師」しているのがよかった! ゆりさんも純情だし。

 

●踊る!アントワネットさま (にしうら染 先生)

 閑散としたヴェルサイユ宮殿で、嘆くマリーさんの姿が哀しい今回、フェルセンが不穏・・・?

 彼の狙いは普通に、祖国スウェーデンのフランスに対する影響力を強めることでしたけど、

 アントワネット様との関係については、ロマンスにならずに残念。 “片想い”とか見たかった。

 

●おかってスタディ (大川マキナ 先生) 

 1つ前でも書いた通り、今回は立場逆転? せりあさんから茶道を教えてもらうハヅキくん。

 料理べたで、いつも拙いせりあさんが、手際よくお茶をたてている姿が、麗しかったですね。

 逆に、ハヅキ君が残念だったのは面白い(´▽`;) でも、せりあさんは、やっぱりせりあさん。

 

●みずいろミュージアム (あさみゆとり 先生)

 センターカラーで登場の今回、休館日! ゆっくり休むさかなさん・・・と思いきや、出勤!?

 お客さんのいない日でもやるべきことは色々あって、水槽内のお掃除などの様子が楽しげ。

 さかなさんの頑張る姿もよかったですね~。 そして、サプライズの温かさも心地よかった!

 

●ようこそ!オーロラ百貨店 (師走冬子 先生) 

 まんがホームから出張ゲスト! 今回は、靴売り場の責任者・倉沢志穂さんが主役・・・!?

 足フェチな彼女の感覚は「足」中心で、ぬいぐるみにまでモデル体型の脚を求めてて笑(^^;

 えにさんにも、ミニスカをはかせて脚を愛でる徹底ぶりでしたが、私も最後の恰好の方が(ぇ

 

●信長のおよめちゃん (大場玲耶 先生)

 信長くんと引き離されたお濃さん、1人寂しく月を見上げていますが、そこへ来たのは・・・?

 お犬さんなのに、猫の鳴きまねをしていたのは笑った! お濃さんを元気づけるお犬さん。

 信長くんの心と、お濃さんの心、もう答えは決まっているハッピーエンド最終回は、次回!?

 

●アテナの初恋 (縞はるひ 先生) 

 アテナ様がアレスに恋~!? 犬猿の仲な2人が急接近という展開が、面白かった今回。

 デレデレなアテナ様が、従順っぽいのに芯は強いというか、自分を曲げない所が可笑しい。

 アレスの横暴なふるまいも、そんなアテナ様の前では無力(;´∀`) 愛の力は偉大ですね。

 

●メェ~探偵フワロ (ナントカ 先生)

 レモンさんの友人ハンナさんが割れたお皿を見つけたものの、彼女が割ったわけではない。

 高価なお皿ということで、割れた原因を探ろうと、レモンさんが協力するというお話でしたが、

 ハンナさんの悲壮な表情が、要所要所でオチになっていたのは笑! フワロさんもさすが。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加