五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2013年11月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2014年1月号

 Manga_time_kr_carat_2014_01

 表紙は、『Aチャンネル』のトオルさん!

 チェック柄のサンタコスが可愛いですけど、

 帽子がとれて困り顔なのがアクセントになってますね。

 

 

 今月の「卒業その後で賞」は、『ひだまりスケッチ』

 Manga_time_kr_carat_2014_01_p050

 アニメも放映されました『ひだまりスケッチ 沙英・ヒロ卒業編』

 卒業を迎えた3年生2人ですが、こちら原作ではその後が描かれていますね。

 そう、2人がひだまり荘を出てゆく日。 引っ越しの日です。

 アニメはもちろん、ラジオでも、1つの「終わり」が感じられて、感慨深かった・・・

 まだ、「つづき」はあってほしいものです。

 

 

 

【12月26日、コミックス1巻・発売!】

●ハレハレハレルヤ! (つっつ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_01_p133 Manga_time_kr_carat_2014_01_p137

 風邪をひいたみずほさんの巻。

 作中では夏なので、夏風邪をひいたみずほさん、学校を休んでます。

 そこで、園芸部の面々がお見舞いに・・・ というお話でした。

 

 まず家を知るために、咲さんに会いに行くしな乃さんたち。

 咲さんとしな乃さんが知り合いだったとは驚きですが、

 はじめ気づかなかったしな乃さんが、つくり話を始めていたのは笑った゜(*゜´∀`゜)゜

 そんなこんなで、4人になってお見舞いへ。

 咲さんのしっかり者ぶりが目立っていましたけど、みずほさんは朦朧としていて、

 可笑しな言動になっていたのは、お気の毒ながらも面白かったです(^^;

 

 などなど、みずほさんのお見舞いに行く話でしたが、

 園芸部と咲さんのつながりができたのは、何となく微笑ましかったですね。

 12月26日、コミックス1巻が発売とのことで、今後も楽しみです!

 

 

 

●あまゆる。 (マウンテンプクイチ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_01_p159 Manga_time_kr_carat_2014_01_p164

 こちらも、12月26日にコミックス1巻が発売です!

 田舎で暮らす少女たち、ほんのり百合風味をただよわせつつ、楽しい日常が描かれます。

 今回は、夏休みが終わって始業式・・・ですが、

 寝ぼすけハルさん、アヤさんに起こされています(^^;

 

 「始業式は憂鬱」と言いながら、「今日はそうでもない」とつづけるハルさん。

 「多分アヤと一緒だから」という言葉が、屈託なく出てきてますけど、

 それにアヤさんの方は、少し照れ気味になっているのが可愛らしい。

 こんな風に友情を描きつつ、ちょっぴり百合っぽさを含ませてくるのは、本作の醍醐味です。

 

 そして、ユウ&マオをまじえて、4人での登校。

 いろんな会話が楽しいのですが、アヤさんとケンカすることを想像しただけで、

 涙ぐんでしまうハルさん、可愛すぎでしょー!

 いつもマイペースなだけに、なおさらでした。

 

 後半の風紀検査では、髪型をかえて乗り切ろうとする4人が面白かった。

 ユウさんにせよ、ハルさんにせよ、だいぶイメージ変わりますね。

 マオさんは少し残念なことになってましたけど(´▽`;)

 などなど、いつもの4人のやりとりが、ゆるやかでした。

 12月26日、コミックス1巻・発売。 もちろん今後も楽しみです!

 

 

 

【12月26日、コミックス3巻・発売!】

●セカイ魔王 (双見酔 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_01_p177 Manga_time_kr_carat_2014_01_p181

 魔王が、神に会える可能性は・・・?

 神に会えるのは「勇者」であって、「魔王」ではない。

 当たり前のようですが、魔王さまは神に会える可能性を考えた様子。

 しかし妖精族の長老は、当たり前のことを述べるだけでした。

 

 世界の仕組みを何とかしたい魔王さま。

 そのために、神に会えば何とかなるのではないか?

 ということのようですが、「神に会えたところで何か解決するという保証はない」んですよね。

 このあたり、神に願って願いがかなわないと、「神なんていない」と言い出す人とは違い、

 神の立場に立って考えているのが、魔王さまらしいというか、何と言うか(^^;

 そう、神がいたとして、神が願いを叶えるとか、何とかしてくれる保証なんてないのです。

 

 それはともかく、長老が魔王さまに伝えた伝言は、なんとも残酷なものでしたね。

 真の勇者になりつつあるアルシャくんと、魔王をやめたい魔王さま。

 2人の運命に、暗雲が立ち込め始めておりますが、いったいどうなってしまうのか・・・

 このまま衝突することになるんですかね? そうした不安を覚えつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●癒さレクチャー! (みにまる 先生)

 Manga_time_kr_carat_2014_01_p185 Manga_time_kr_carat_2014_01_p188

 癒されたい少女たち!

 入学したての授業初日、遅刻している大城戸麗さん。

 さっそくドジッ子の評価を受けていますが、教科書を忘れたりしていて、やはりドジッ子(^^;

 そんな彼女とクラスメイトたちの、癒されたい日常を描いた4コマ作品。

 

 授業初日ということもあり、お弁当を誰と食べるかで困ってしまう麗さん。

 けれど、まわりにも同じような少女たちがいて、何だかんだと集まって来るのが微笑ましい。

 メガネの冬麻聖さん、マフラーの渕園汐里さん、そして美少女・逢沢七瀬さん。

 ドジッ子の麗さんに、しっかり者(すぎる)聖さん、沈黙系の汐里さん、にぎやか七瀬さんと、

 4人の個性がからみあうやりとりが、楽しい作品になっていますね。

 

 「もやシス(もやもや指数)」という麗さんの造語から始まり、

 いかにストレスを軽減するか、癒されるかというテーマを中心に語り合ってますが、

 まだ若いのに、なんつー話題を(;´∀`)

 けれど、その癒し部分が、読んでいてもまったり感覚あって、そのあたりは良いかもです。

 つづきに期待ですね!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2013年11月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年1月号 のつづきです。

 ①は、『満開!Sister』 『つばさワーク』 『ひよスタ!』です。

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 1つ前でも書いた通り、「〇〇すぎる」をめぐっての話が面白い! と同時に「さげる」もNG?

 近藤さんが周囲の困った出来事を、自分のせいだと責めることに、二郷先生が注意喚起!

 「自分をサゲる事で許されようとする」という指摘には、目から鱗。 自分を大切に、ですね。

 

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生) 

 今回、大谷くんが校外で、女子と歩いているのを目撃した小森さんが、放心状態に(;´∀`)

 動揺する小森さんが面白くもやきもきする展開でしたが、誤解(?)がとけたのは良かった。

 それにしても、まさ子さんが小森さん・大谷くんの仲をよく思っていない様子が、少し怖いぞ。

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 らいかさんが早朝ジョギングでぶつかった美少女は、雑誌モデルのマコさん、再登場です。

 小西くんねらいなので、まなみさんは気が休まらない様子ですが、今回、大きな進展が!?

 まなみさんの「だめ」の一言が、響き渡るシーンはドラマティック。 小学生の恋話も面白い。

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生) 

 家電知識が増してきて、日常会話がセールストークになっている一花さんに、笑゜(*゜´∀`゜)゜

 そんな今回、イメチェンが楽しい話なのですが、「イメチェン」が死語って本当なんですか?

 一花さんの髪型チェンジもよかったですけど、さんちゃんのイメチェンには驚きましたよ~!

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生)

 お休みに大掃除! 優さん、戸田くんに言われてのことですが、カニのためとは彼女らしい。

 その中で見つけた元旦那の荷物、何やらワケありらしいと思いきや、男性の事情か(´▽`;)

 戸田くんに「欲しいの?」と聞いていたのは笑いましたが、処分できない理由には呆れた~。

 

●カフェぽぽのチノちゃん (神馬耶樹 先生) 

 チノさん、カフェでテスト勉強をすることを、「都市伝説」だと思っているのは面白い(^∇^;

 世界史が苦手な彼女の、絵本風な覚え方も良かった。 まあ、覚えにくいのが欠点ですが。

 などなど、都市伝説=カフェでの勉強風景が、チノさんのおとぼけぶりで楽しかったですね。

 

●おかん (小坂俊史 先生)

 おかんがやせた!? すぐに戻ると言いますが、子供たちはせっかくだからとキープ希望。

 そのための努力が、けっこう涙ぐましいのは良いとして、10㎏単位で増減してたのは、笑!

 服をお下がりにしないための措置も楽しかったというか、なぜそこまでするか、母として(^^;

 

●オトメシュラン (王嶋環 先生) 

 クララさん、ルボーシェルのメンバーに! 「元気な女子が増えて肩身せまい」慎太くんが、

 ヨウさんに同意を求めていたのには、私も一瞬なにがおかしいのか、わからなかった(´▽`;)

 けれど、クララさんの仕事っぷりは不安いっぱい。 仕事への意識も低いようで、どうなる?

 

●鹿女子【バンビーナ】 (新山ハルキ 先生)

 伝説の「鹿の王国」ナラコウエンをめざす小鹿1頭、公園で力尽き、琴子さんに遭遇し・・・?

 元居た場所で人間に鹿が狩られていたため、人間を怖がる小鹿を新鮮に感じる琴子さん。

 深刻な状況かと思いきや、わりとコミカルに描かれていて楽しかった。 鹿煎餅への反応も。

 

●機動教師アルファさん (ユーキ 先生)

 期末テストが近づいて、ミッちゃんはだいぶお悩みの様子。 そこで、アルファ先生が助言?

 米太くんの秘蔵写真で、やる気を出させようとしてますが、ミッちゃんの本気の表情が面白。

 けれど、アルファ先生よりも米太くんの方が役立つようで(´▽`;) 乙女心、燃えてますねえ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2013年11月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2014年1月号

 Manga_time_or_2014_01

 表紙は、クリスマス!

 山下さんをはじめ、らいかさん、カンナ&さくらちゃんが、サンタ衣装をまとってますが、

 榊先生は子供たちに囲まれて、トナカイになっているあたり、愛嬌ありますね~。

 

 

 今月の「過ぎたるは及ばざるがごとし?で賞」は、『ラディカル・ホスピタル』

 Manga_time_or_2014_01_p004

 「美人すぎる〇〇」なんて言葉、一時期よく目にいたしましたが、

 それに対して榊先生が、「ほめ言葉かな」とおっしゃっているのは、よくわかります。

 過ぎたるは及ばざるがごとし、何となく引っかかるものを感じてしまいますから・・・

 けれど、外科の人々が「元気すぎる」のは、決して悪いものではないですよね!

 今回は、余裕があれば長文感想を書きたい内容でありました。

 

 

 

【12月7日、コミックス3巻・発売!】

●満開!Sister (東屋めめ 先生)

 Manga_time_or_2014_01_p023 Manga_time_or_2014_01_p024

 クリスマスが近づいて・・・

 公園で、クリスマス・イルミネーションが始まる頃。

 カンナさんとさくらさんは見に行きたがっていますが、武士くんは興味なし。

 けれど、「兄」として頼られたとたん、やる気になっているのは、悪くない感じでしたね~。

 まあ、さくらさんの心の内では、妙な計算が働いていましたが(^^;

 

 そんな今回、イルミネーションを見に行く3人。

 なかなか美しい夜の景色が、雰囲気あって楽しいですけど、

 イルミネーションを堪能する武士くん、写真を撮っておくかと聞かれて、

 「感動だけが残ればいい」なんてカッコつけているのは笑ってしまった゜(*゜´∀`゜)゜

 

 また、キラキラに感動するさくらさんに、

 「女の子はこういうの好きだよな」と声をかける武士くんでしたが、

 「女の子は光り物大好きです」と、純粋な笑顔で答えちゃう、さくらさんも面白かった!

 武士くんは言い間違いだと思っているのも、また重ねて可笑しい。

 

 などなど、イルミネーションをめぐり、姉妹と武士くんのやりとりが楽しかった今回。

 最後、自宅でもイルミネーションをしてましたが、日本風なのが愉快愉快。

 まあ、風情はありますよね・・・ なんて思いつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●つばさワーク (小林かも 先生)

 Manga_time_or_2014_01_p145 Manga_time_or_2014_01_p146

 先輩社員さんと新入社員さん、可愛い2人のお話。

 お菓子メーカーの新入社員・上野桜さん。

 彼女の教育係となった先輩社員・花岡翼さん。

 そんな2人のやりとりが楽しい4コマ作品です。

 

 小さくて可愛い桜さんを見て、「妹にほしい」なんて言っちゃう翼さん。

 元気はつらつ、ハキハキしている先輩さんですが、

 仕事中は雑誌を読んだり、お菓子食べてる時間が目立つ、のんびりさん(;´∀`)

 そんな彼女に不安を覚えつつも、真面目さゆえにつき従う桜さんという、

 2人の関係が面白味になっていますね。

 

 まあ、翼さんもやればできる人なのが安心感になっています。

 そして何より、2人とも可愛らしい感じなのが、読んでいて好感触。

 うだうだしていた翼さんが、ケーキバイキングのチケットにつられて

 元気になる所は、とくによかった~。 あと、桜さんがほっぺたをもちもちされる所(^^;

 これは、つづきに期待ですね!

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●ひよスタ! (松嶋でぇご 先生)

 Manga_time_or_2014_01_p155_2 Manga_time_or_2014_01_p156_2

 陸さんを助けるべく、仁兄さんがデート!?

 バイト先のお客に、つきまとわれている陸さん。

 そこで、空&海が考えたのは、空さんの兄・仁くんとデートさせること!

 これでストーカー的なお客さんを、あきらめさせるという作戦ですが・・・

 

 なんてお話でしたけど、いや~面白かった!

 陸さんが仁くんを好きだというので、そっち方面もお膳立てで一石二鳥。

 これをきっかけに、もっと距離を縮めさせようとする目的もあるわけです。

 そんなわけで、ニヤニヤさせてくれる場面が多かったですね~。

 

 手をつないでの「恋人アピール」では、緊張のあまり、ただの握手になってしまったり、

 目を合わせることもできないため、「こっち見ないで」と言えば、

 他の女性に目が行く仁くんに、理不尽な要求を突き付けたりするのには、笑いましたが(^^;

 

 けれど、ストーカー的お客さんをあきらめさせる、

 仁くんの思い切った一手には、思わず「うひゃ~!」となってしまいましたよよよ!

 ラスト、陸さんの驚く表情が、とても可愛らしいじゃありませんか~。

 空手黒帯で、腕っぷしでは仁くんよりも強い陸さんが、彼に助けられたカタチとなり、

 また、乙女な雰囲気で接しているのが、めっさ良い感じでありました。

 

 などなど、陸さんの恋心が、楽しかったり微笑ましかったりの今回。

 う~ん、これはどのように進展してゆくのか、気になってしまいますね。

 なんて感じで、今後も楽しみです!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2013年11月27日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2014年1月号 のつづきです。

 ①は、『安西信行の鋼鉄日記』 『園児様のゆーとおりっ!』 『さかな&ねこ』です。

 

 次号、『まほろばきっさ』が連載スタート!

 さらに、コミックス1巻発売中の『MEDIGIRL』もゲスト登場です。

 

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

 今回の主役は小林くん! 沙夜さんに好意を持たれていると誤解して、張り切ってます(^^;

 背を伸ばすための運動に汗を流してますけど、その爽やかな笑顔が、フビンすぎて、もう・・・

 最後、沙夜さんの誤解を、さらに小林くんが誤解するスパイラル! 面白いけど、ハラハラ。

 

●うしろのご先祖さま (勇人 先生) 

 もうすぐ、クリスマス! ・・・なのですが、ハナ&梅には初めてのクリスマスで、楽しみ倍増。

 「ご先祖さま」なのに、子供のように喜ぶ梅ちゃんが、可愛らしいやら微笑ましいやら(^∇^;

 かと思えば、菜々緒さんに注意する正宗じいちゃんが祖父らしかったり、面白かったです!

 

●銀子の窓口 (唐草ミチル 先生)

 相変わらず“完璧”な銀子さん、クールにきっちり働いてますが、意外とユーモアある?(^^;

 子供に「御面ライダー」そっくりと言われて、見城さんを「改造人間」に見立てたのは笑った!

 音々子さんが仕事で動揺してしまい、厳しく注意した後のフォローにも、ユーモア精神あり?

 

●猫系彼女と草食男子 (こいずみまり 先生) 

 1つ前でも書いた通り、何だか面白くなってきましたよ。 根古田さんを気にする日下部くん。

 仕事にも身が入らない・・・と思いきや、雑念を払うべく、バリバリ集中しているのが面白い!

 オフィス街で根古田さんの姿を見かけてましたけど、これってどーゆーことなんでしょうね?

 

●まちこう! (浦地コナツ 先生)

 家へ帰れば仕事の愚痴ばかりな草太くんですが、妹さんから町工場をバカにされたと感じ、

 反論していたのは良い感じ・・・なのですけども、大手の工場との違いを説明できずに萎縮。

 そんな今回、町工場の利点をうかがい知れる、技術の話が興味深い! 妹さんも納得~。

 

●龍女生徒会っす! (野広実由 先生)

 副会長に会計がそろって、生徒会始動! しかし、ケンカばかりで何も話し合えない(´▽`;)

 そこで、直さんの友人・みーさんの学校で、生徒会見学をするのですが、龍女とは別世界な

 様子に驚く、黒虎さんたちが面白い。 みーさん受難でしたけど、文化祭が楽しみですね!

 

●ボク恋コンダクター (坂巻あきむ 先生) 

 コウタくんの姉・セツナさん、留学していたのだけど、夏休みで帰宅! コウタくんの天敵?

 女性苦手意識をもった原因の1人でもあるらしく、コウタくんがいじられる様子が面白い・・・

 けど、歌恋さんをまじえての恋話は、少し切なく響きましたね。 そして、樹さんと関係が!?

 

●はるまち・ダンス (佐藤両々 先生)

 女子高生のクリスマス、さっちんの予定は何かと気にする友人達・・・ トメ兄がいるからか。

 浮いた話のあるのが彼女だけというのも、どうなんだろう(´▽`;) 他の人には、ないのん?

 そんな風に、さっちんの予定で勝手に盛り上がる女子高生たちが、かしましく、楽しかった!

 

●路傍のミオ (小池恵子 先生) 

 メガネを壊してしまい、裸眼でお仕事することになったミオさん・・・ですが、目つきが悪い!

 けど、それがむしろ「真剣」だと、お客様に受け取られ、やたらと繁盛するのが面白かった。

 「怖い」と思われても占いは当たるし、「人は見た目じゃない」というテーマ設定が、お見事!

 

●ヒジキのお仕事 (山野りんりん 先生) 

 コミックス2巻、発売中~! 前回、家出をかましたヒジキでしたが、何者かに捕まって・・・?

 一方、鰐石さんはヒジキを捜しに行きますが見つからず、拾った時のことを思い出しながら、

 涙を流しているのが印象的でしたね。 拾ったのがあの人で一安心でしたけど、最後は笑!

 

●ラジ娘のひみつ (小坂俊史 先生)

 北唐みなみさんが、一週間ゲスト! 裏あいりさんは苦手としてますが、表とは気が合う?

 けれど番組では裏なので、悪戦苦闘するあいりさんが面白い! 道端さんまで敵わないて。

 純粋キャラなのに、物おじしないあたり大物だな、みなみさん(´▽`;) 最後は、アレですが。

 

●のぶながちゃん公記 (くりきまる 先生) 

 新当主となった信長ちゃん・・・ですが、葬儀での奇行によって、人望のなさが浮き彫りに!

 尾張の情勢はだいぶ厳しいもので、家督を継いだからとて安心はできなかったんですよね。

 味方は平手のじいさまだけ、信行のもとへ人が集まりつつありますが、一体どうなるのか?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがくらぶオリジナル 感想①

2013年11月26日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2014年1月号

 Manga_club_or_2014_01

 表紙は、『リコーダーとランドセル』と、新連載『安西信行の鋼鉄日記』が大きく載ってます。

 他、『たばたちゃん派』『しばいぬ子さん』『ちっちゃいおっさん』『後ろのご先祖さま』

 そして、最終回を迎える『園児様のゆーとおりっ!』と、盛りだくさん!

 

 

 今月の「ユーいっちゃいなYO!で賞」は、『猫系彼女と草食男子』

 Manga_club_or_2014_01_p042

 おしかけ同居中の根古田さんのことが、いろいろ気になり始めた日下部くん。

 ですが、他の女性からデートのお誘いがあって、さてどうしよう? なんて状況ですが、

 ここで彼が「俺自身じゃなくて」、自分のステータスが気に入られているだけなんじゃないか、

 なんて考えているのは、面白かった。 恋愛がらみでは、ありがちな思考ですよね。

 それに対して根古田さんが、「いーじゃない、それで!」と、軽く後押ししていたのも楽しい。

 きっかけがあるだけでも、マシってことかな。 なんだか面白くなってきましたよ~。

 

 

 

【新連載!】

●安西信行の鋼鉄日記 (安西信行 先生)

 Manga_club_or_2014_01_p091 Manga_club_or_2014_01_p097

 「鋼鉄」と書いて「メタ」と読む、エッセイ日記漫画!

 2011年、連載を終えてからの安西信行先生は、燃え尽きていた・・・

 そこへ声をかけたのが、竹書房のタカハシさん。 そして始まる日記漫画への道・・・?

 

 ストーリー漫画はキツイと述べる安西先生。

 ゆるいオマケ漫画みたいなのなら、ということで、日記漫画ということになるのですが、

 いやはやご本人もおっしゃられているように、下品ネタも出てきて、なかなかカオス!

 しかも、何を描こうか定まっていないのも、また無軌道な面白味になっていますね。

 思い切り「おっぱい」描いていたのは笑いましたわ゜(*゜´∀`゜)゜

 

 かわいい4コマ誌に下品な日記漫画・・・と、おっしゃってますけど、

 くらオリは、わりと下品レベル高めな方ですよね(ぇ

 まあ、それはともかく、これじゃいかんと奥様にダメ出しされた安西先生。

 飼っているネコの「おもち」と「コタロー」を題材に、

 2本目は、ネコ擬人化マンガなんて描いちゃっておりまする。

 

 可愛らしいネコの擬人化で、エサをめぐってあれこれ騒ぐ、おもちさんとコタロー君。

 意地悪なコタロー君に翻弄されてしまうおもちさん、という構図が楽しいわけですが、

 ちょいとばっかり、おもちさんが可哀想な気がしないでもなかったですね(^^;

 ムダに(ォィ)、ストーリー風になっているのも面白かった!

 

 などなど、エッセイ日記漫画の始まり始まり。

 どのような作品になってゆくのか、まだわかりませんが、

 ネコ観察日記っぽくなるんですかね? 今後が楽しみです!

 

 

 

【最終回!】

●園児様のゆーとおりっ! (ミキマキ 先生)

 Manga_club_or_2014_01_p052 Manga_club_or_2014_01_p055

 おマセな園児たちとアラサー先生による、幼稚園4コマも・・・ 完結です!

 最後は、お遊戯会を舞台に、恋の花が咲くや散るやの物語。

 

 ・・・幼稚園で「恋の花」ってのもアレですが、

 ゆき先生と旭先生がお付き合いしている、と誤解した柊くんの様子がおかしい。

 いつもクールな彼が心ここにあらず、動揺しまくりの失敗ばかりで、

 お遊戯会はどうなってしまうのか!? といった感じの展開でした。

 

 まあ、そこは誤解がとけて、無事に進行できたわけですけども、

 最後、まさかまさかの【衝撃】に思わず、「うはっ!」と声が出てしまいましたよ!

 「初恋は幼稚園の先生」なんて言うと微笑ましいものですが、

 柊くんのクールさは、5歳児らしさを微塵も感じさせないのだから、面白い。

 彼、本気ですものね・・・ 何歳差だよ(;´∀`)

 

 などなど、お遊戯会の話から、ゆき先生と柊くんの関係に、一歩前進(?)あっての最終回。

 いやいや私はてっきり、旭先生の登場以降は、彼とゆき先生が接近してゆくのかと

 思っていたのですが、初志貫徹と言いますか、園児様と先生の恋物語でシメとは・・・驚き!

 でも、そんな所が楽しかったですね。

 

 本作は、マセた園児たちと、恋を焦るアラサー先生のやりとりが面白い作品でした。

 とくに柊くんの5歳児と思えないクールさと、彼の言動に戸惑うゆき先生には笑!

 終了は残念ですが、ミキマキ先生の次回作に期待しつつ・・・ 楽しませていただきました!

 

 

 

【12月18日、コミックス1巻・発売!?】

●さかな&ねこ (森井ケンシロウ 先生)

 Manga_club_or_2014_01_p090

 ねこがさかなを食べちゃう、ただそれだけの4コマ作品。

 この世には2つの存在がいる・・・ さかなと、ねこである。

 ねこはさかなを食べる、さかなはねこに食べられる。

 これは、そんな儚い弱肉強食の真理を、冷徹な視線で描いた物語である。(嘘)

 

 「さかながねこに食べられる」

 そんな風に、いつもオチは決まっている4コマが描かれている作品。

 ではあるのですが、そのシチュエーションや、食べられるタイミングなどの違いによって、

 マンネリでありつつも、それなりに飽きさせない工夫が、楽しく感じられたりも・・・

 

 わりと普通に、ねこがさかなを食べてしまうため、

 「かわいそう」と思いつつも、もうそーゆーものなんだな~という

 ある種、達観めいた気分になってしまうのも、恐ろしい所です(ぇ

 まさに、ねこ=強者、さかな=弱者という、世の真理が冷酷に描写されているのですね(ぇ

 

 まあ、そんなわけないのですが(ォィ、

 森井先生(ねこ)が、編集者(さかな)さんを食べてしまったネタは、大丈夫なんですかね?

 編集長まで、さかななんですけど・・・ あの後、食べられちゃう??

 ちゃんとコミックス出るのか心配になりますが、12月18日に発売とのこと!

 もちろん今後も、楽しみです!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加