五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想②

2013年09月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年11月号 のつづきです。

 ①は、『GA 芸術科アートデザインクラス』 『あまゆる。』 『魔女と森とレストランで』です。

 

 次号、『とりあえず居合でも。』が連載スタート!

 ・・・ですが、『ネガ→ポジ』は最終回とのことです。

 

 

●Aチャンネル (黒田bb 先生)

 るんさんが親戚の家へ行くというので、ついてゆくトオルさんでしたが、途中で迷子に・・・

 小学生時代に迷子になった時は、るんさんが“お姉さん”してて、頼もしいやら面白いやら。

 とくに怪しいお兄さんへの対応が、しっかりしていて見直しましたよ。 笑ったけど゜(*゜´∀`゜)゜

 

●桜Trick (タチ 先生) 

 3回連続ゲストの3回目! 最後はメインの2人、春香&優のお泊り会ですが・・・ 大丈夫?

 春香さんの両親は旅行中で、2人きりの夜ということは、あんなことやこんなこと(自主規制)

 優さんはノーブラだし、同じベッドに寝るしで、スゴイ夜でした(ォィ。 この続きはミラクで(ぇ

 

●ののかノ~ト (水乃ミナト 先生)

 風邪が治って登校してきたひよこさん、れおなさんと仲良しですが、今回、ののかさんとも?

 ひよこさんの人柄に惹かれ、ののかさんが「こんな友達いたら楽しいだろうな」と考えている

 のは、微笑ましかったですね~。 ひよこさんの方も、快諾していたのが気持ちよかった!

 

●ぱわーおぶすまいる。 (ウロ 先生) 

 いきなり水着姿のまゆさんが現れて、「さわって確かめてみる・・・?」なんて言われたらー!

 まあ夢でしたけど、宗馬くんドッキドキで面白い(´▽`;) そんな今回、2人っきりで過ごす話。

 まゆ&宗馬メインな2人のイチャイチャ?が楽しかった~。 こーゆーのでいいんだよ(何様)

 

●先輩には頭が上がらない! (榊 先生)

 新しいパソコンが届くことに嬉しそうな野乃さん、マシンの設定を時任くんにしてもらいます。

 時任くんの後ろで「応援」する野乃さん可愛い(;´∀`) 待っている間、手持ち無沙汰な姿も。

 にしても、まさか野乃さんが、そーゆーことだったとは気付かなかった! 小牧さん、さすが。

 

●だいたいこんなンで? (永深ゆう 先生) 

 いつも眠たそうな先輩・佐竹篠芽さん、なぜかびしょ濡れで来て、下着姿になってワフー!

 そして穂紀さんの膝枕で眠り始めるも、こかげさんの言うことには、起こすと危険だとか・・・

 そんな状況で、ピンチな穂紀さんが面白かったですけど、覚醒した篠芽さんは可愛かった!

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生)

 1つ前でも書いた通り、初めてのお給料をもらう青葉さん、その初々しい様子が微笑ましい。

 はじめさんの「会社から評価されれば~、お給料も上がる」という言葉は、励みになりそう。

 そして、青葉さんの初給料の使い道は、定番といえば定番ですけど、嬉しいものですよね。

 

●ぷらいまりィずむ! (パルプピロシ 先生) 

 今回、めいふ&さゆらを尾行する少女が登場! 地味で目立たない同級生の蓮沢さん。

 彼女が双子をつける理由が、目立つ秘訣を学びたいから・・・て、2人を参考にしちゃアカン。

 しかし、悪気がないとはいえ、しずのんを凹ませていたのは笑った゜(*゜´∀`゜)゜ 面白い子だ!

 

●ハレハレハレルヤ! (つっつ 先生)

 みずほさんが部室へ向かう途中、出会った女性・葛西さんは、小さいけれど英語の先生!

 しかも、園芸部の顧問らしいのですが、みんなは部屋のことを秘密にしているのですね~。

 ちょっと蚊帳の外なのが可哀想にも思えますけど、可愛くて面白い先生なので、今後期待!

 

●ブレンド・S (中山幸 先生) 

 ゲスト2話目の今回、もう1人のスタッフ・星川麻冬さん登場! 店長を「尻に敷く」幼女・・・

 と思いきや、大学生というから驚き(´▽`;) しっかり者なのに、妹キャラを演じるから面白!

 ギャップが激しい点では苺香さんも同様ですね。 店長さんとのやりとり、イイ味出してます。

 

●ネガ→ポジ (森名尚 先生)

 背が高くて礼儀正しい女の子がやって来ましたが、音々さんの妹さん!? 似てない(^^;

 音々さんが好きらしく、綾乃さんを「敵」認定していたのは笑゜(*゜´∀`゜)゜ けれど音々さんは?

 肉親へのコンプレックスが辛いですけど、最後はまるく収まってよかった。 次回、最終回!

 

●フレラジ☆ (種田優太 先生) 

 落ちたオーディションのアニメに呼ばれた茜さん、複雑ですが、「女子生徒B」役を務めます。

 初めてのアフレコということで緊張する様子や、白河さんに厳しく言われるなど、現場の空気

 を感じさせる描写が好感触でありました。 茜兄のシスコンも、甘々なだけでないのが良い。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2013年09月29日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年11月号

 Manga_time_kr_carat_2013_11

 表紙は、『Aチャンネル』より、るん&トオル・・・と、炭酸!

 カラフルな画面が、やさしく目に入ってきて心地よいですね。

 また、きららキャラット100号に向けたカウントダウンが更新中であります

 

 

 今月の「初めてのお給料で賞」は、『NEW GAME!』より、青葉さん!

 Manga_time_kr_carat_2013_11_p109

 初給料を受け取る青葉さんですが、バイトをしたこともない彼女にとっては、初も初。

 けれど、まだ新人である自分のつたない仕事が、お給料というカタチになったことを、

 申し訳ないと感じたり、使い道に悩んだりと、初々しい様子が良い感じでありました。

 本作は、こうした新人社会人の心情を、うまいこと話の中に盛り込んでくるのが魅力的です。

 

 

 

【今月のピックアップ!】

●GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_11_p017 Manga_time_kr_carat_2013_11_p018

 今回の主役は・・・ 三井さん!?

 3年生組、あーさんたちのお友達ですね。

 三井さんと丸岡さんは演劇部で、ほかの部と同じく文化祭の準備でいそがしい様子。

 「人魚姫」をやるらしく、三井さんは王子様の衣装をまとっていますが・・・

 

 といった感じで始まりましたが、いや~これが面白いのなんのって!

 三井さんの王子様スタイルがカッコよくて、

 如月殿のピンチを救っている姿が、似合いすぎ(^∇^;

 さらに、性格もナチュラルに“王子様”していて、

 行く先々で女子たちの心をつかんでいるのが、これまた楽しい。

 しかも本人は無自覚で、よくわかっていないというのが良いですね~。

 

 そんなナチュラル・ジゴロ王子様の三井さん。

 おかげで、女子たちに追い回される羽目に・・・ なんて展開でありました。

 彼女を助けたのが丸岡さんで、三井さんとのコンビな様子も面白かった。

 三井さんが表で派手にやるタイプなら、丸岡さんは裏方でしっかりやるタイプ。

 2人で金色夜叉ネタを、みごとに回収するラストには笑いました゜(*゜´∀`゜)゜

 もちろん今後も楽しみです!

 

 

 

●あまゆる。 (マウンテンプクイチ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_11_p125 Manga_time_kr_carat_2013_11_p130

 夏休み、みんなでアヤさんの家に遊びに行くの巻。

 迎えの車が普通なことを、意外に思うハルさんたち、ちょっとヒドイな(^^;

 まあ、荷台に乗って・・・というイメージもわかりますけどね。

 

 車中、アヤさんの母上とアヤさんの会話で、

 自然に地元言葉が出ていることを、微笑ましく見守る3人がよかった~。

 アヤさんの家は広く、外も自然に囲まれていて、

 山やら田んぼまでもアヤさんの家のモノとか、スゴイ(´▽`;)

 

 そんな空間で、のびのびとすごすみんなを見ながら、「呼んで良かった」と考えるアヤさん。

 彼女の嬉しそうな表情が、安心感を覚えさせつつ、楽しさを感じさせてくれますね。

 そして、アヤさんの機嫌のよさに気づくハルさん、よく彼女を見ていることがわかります。

 などなど、いわゆる「田舎」な生活を堪能する一同でしたが、

 今度はアヤさんがマオさんの家に招待されるかもというので、

 「都会の家」に憧れているのが可愛らしかった。

 

 最後、ハルさんを引き込もうとするアヤ母が、まるで「婿入り」させようとしているみたいで、

 そのあたりも、ハル&アヤの関係を感じさせてくれたのが面白い!

 まあ、田舎を素朴でのんびりしている、というイメージだけで捉えるのはよくないのですが、

 今回のようなゆったりとした雰囲気に浸るのも、悪くないですね・・・

 なんて考えつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●魔女と森とレストランで (赤瀬よぐ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_11_p201 Manga_time_kr_carat_2013_11_p203

 樹海のレストランにいるのは・・・ 魔女?

 家出してきた少女ルイさん。

 樹海に迷い込んでしまった彼女が、いい匂いに誘われて出会ったのは、ロロさん。

 ルイさんは、ロロさんを魔女だと思い、失神してしまいますが・・・

 

 なんて始まるお話ですが、

 じつはロロさんは、森でレストランをしているだけなのに、

 魔女のような格好していたり、包丁をかかげていたり、緊張のあまり態度が妙だったりで、

 ルイさんを誤解させてしまう所が面白味になっています。

 こりゃー誤解する方よりも、させる方がヒドイ(´▽`;)

 

 失神したルイさんを「倒れないよう」にと、イスに縛りつけたりして誤解が加速。

 しかも、ルイさんがお金をもっていないことから、誤解が誤解を呼んで、

 なんだか可笑しな方向へ話が進んでゆくのも楽しかった!

 2人の少女の誤解が、すれ違いを生みつつ、それがかみ合ってしまうという面白さ。

 赤瀬よぐ先生の新作ということもあって、つづきに期待ですね!

 (前作『ボドゲde遊ぶよ!!』が好きだったんですよ~)

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2013年09月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年11月号 のつづきです。

 ①は、『オトメシュラン』 『ゲキカラ文化交流』 『もよりずむ』 『ヒミツの家光』です。

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 手術のために入院しに来た小林一正さん、川柳で己の心情を表現する面白い方です(^^;

 榊先生への「大手術 語る外科医の 無精ひげ」はお見事! おかげで、川柳が大流行に。

 そんな小林さんが、榊先生の言葉にセンスを感じつつも、先生に自覚ないのは「らしい」ね。

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生) 

 ため息の多い世良先生を、生徒たちが心配して、らいかさんに相談。 会長の人徳ですね。

 世良先生のお悩みは背の高さで、陽子さんとの「隣の芝生は青い」合戦が面白かった(^^;

 まなみさんの「女が誉めあう」に関する言葉には納得だなあ(ぇ。 背の高さ=頼もしい、か。

 

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生)

 市町村マスコットキャラクターデザインの募集に、先生から頼まれて応募してみる小森さん。

 けれど安請け合いで慣れないことするもんじゃないですね、なかなかアイデアが出ない(^^;

 小森さん描く「断れないさん」はじめ、様々なキャラクターが面白い今回、最後が不意打ち!

 

●満開!Sister (東屋めめ 先生) 

 武士くん、修学旅行先が京都ということで張り切ってます・・・ というか、狙い通り?(´▽`;)

 新撰組グッズやら金閣寺ミニチュアに喜ぶ彼に、冷ややかな友人たちも、やはり男の子!

 木刀ではしゃぐ男子たちが無邪気でイイな~。 しかし、先生たちの「刀狩り」には笑った!

 

●ちまりエンプティ (佐藤両々 先生)

 千鞠さん・凛さんの「良いもの」は、やはり食べ物? 初乗務のアンケートも良いもの(;´∀`)

 2人してアンケートを見ながら会話しつつ、お互いに足りない面を確認し合ったりしてます。

 そこで、凛兄介入の気配を感じとり・・・ シスコン兄と、困惑しつつ兄好き?な妹、面白い!

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生) 

 ため息をついてばかりな粧子さん、何やら家庭の事でお悩みがあるようで・・・ なんて話。

 義姉ともめていて、「外へ出て勤めようとは思わなかったのか」とか言われちゃイヤだなあ。

 こーゆーの最悪ですよね。 でも、優さんの好奇心が、【解決】につながるのは面白かった!

 

●鹿女子【バンビーナ】 (新山ハルキ 先生)

 「鹿の角きり」というイベントがあるんですね~、なので琴子さんにかまう余裕がない鹿たち。

 だからなのか、琴子さんも鹿たちを可哀想と思ってるようで、なすがままの姿が面白い(^^;

 それにしても、鹿とキスをした琴子さんを心配する先生が、【プラトニック】すぎて可愛いぞ(ぇ

 

●おかん (小坂俊史 先生) 

 外でお昼食べる ⇒ 山へキャンプへ行く と飛躍する、おかんの発想と決断力スゴイ(^^;

 材料を買って、本当に山へ行き、そこでカレーを食べているのが、なんともシュールすぎ!

 テントと寝袋で夜を過ごしたりする様子が、可笑しくはあるのだけど、たくましくて何か良い。

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生) 

 「秋の味覚大特集」で炊飯器を並べていますが、マイコン・IH・圧力の違いが興味深いです。

 正直よくわからんのですけど、ふんわり・もっちり・しゃっきりという、感覚の違いなのですね。

 電器屋なのに「お米マイスター」な一花さんには笑いましたけど、炊飯器マイスターが哀れ。

 

●機動教師アルファさん (ユーキ 先生)

 1つ前でも書いた通り、好感度センサーで人の意識を読み取るアルファ先生が面白い!

 先生をつけ回す不審者=小泉清美さんは、好きな人ができたとかで、相談を持ちかけるも、

 お相手が意外な人物で百合だったー! いや、ロボ愛か(;´∀`) 三木さんも乙女で良い。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2013年09月27日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年11月号

 Manga_time_or_2013_11

 表紙は、柿を持った山下さん!

 柿が秋を連想させながら、長袖スタイルも加わることで、

 寒い季節が近づいていることを印象付けていますね~。

 

 

 今月の「熱い愛で賞」は、『機動教師アルファさん』より、アルファ先生!

 Manga_time_or_2013_11_p152

 何やら、顔を真っ赤にしてもだえるアルファ先生。

 「高感度センサー」を使って、ある人物からある人物への好感度を測定したのですが、

 あまりの過激な思考に、オーバーヒートしちゃってる様子が面白い(^^;

 三木さんの米太くんへの想いに対する反応にも、笑ってしまいました!

 

 

 

【10月7日、コミックス2巻発売!】

●オトメシュラン (王嶋環 先生)

 Manga_time_or_2013_11_p042 Manga_time_or_2013_11_p044

 今回の主役は、慎太くん!

 一成くんの件でひと騒動ありましたが、それも落ち着いた矢先、

 エリさんが将来を見据えた活動を始めると知って、慎太くんは焦り始めることに・・・

 

 ヨウさんなどは同じ年の頃には、すでにフランスで修行していたらしく、

 思わず自分も、フランス行こうかなんて口にしてしまったことから、

 ヨウさんの方があれこれ配慮してしまい、なんとなく後に引けない状況に(´▽`;)

 そこで始まった前菜づくりの特訓が面白かった!

 

 色々な前菜をつくる慎太くん。

 けれどヨウさんは、食べることもなくダメ出しばかり。

 いつも控え目なヨウさんが、しっかりと指導者ぶりを発揮していたのが頼もしく、

 さらに彼へのヒントとなる言葉が的確で、それに慎太くんが触発されているのもよかった!

 「本気出してないから」 「食べなくともわかる」というのは、納得できましたね~。

 

 だからこそ本気で、ヨウさんの「食べることができる」前菜を、つくることができた慎太くん。

 評価は、まあ“普通”でしたけど、それでも確実に前進してますし、

 何より奮起するようになったのが彼にとって大きい気がします。

 はじめは柔らかめの表現で評価しつつ、同時に調子に乗らないようくぎを刺すという、

 ヨウさんのアメとムチの使い分けも見事でした(^^;

 

 などなど、慎太くんの成長がうかがえた今回のお話。

 コミックス2巻は10月7日に発売ということで、今後も楽しみです!

 

 

 

【10月7日、コミックス1巻発売ゲスト!】

●ゲキカラ文化交流 (沼江蛙 先生)

 Manga_time_or_2013_11_p107 Manga_time_or_2013_11_p108

 カレー好きの、カレー好きによる、カレー好きのための4コマ漫画・・・?

 女子高生のみゆきさんはカレー大好き。

 お気に入りのカレー屋さんですごす様子や、

 学校でカレー談義に花を咲かせる姿などが面白い作品です。

 

 今回は、芸術の秋を堪能する、カレー屋の店主アイシャさん。

 「日本の有名な俳句」を口にしてますけど、何かが微妙に違います(^^;

 「やせ蛙 まけるな一茶 これにあり」と「古池や 蛙とびこむ 水の音」が合体してる!

 みゆきさんや常連キャサリンも、ぽかーんとしているのが面白い。

 

 切手の糊のカロリーから、カレー何皿分かを考えたり(そんなにない!)、

 マンガの面白さを、カレー何皿分かで測ったり(測れない!)、

 何もかもがカレーを中心に回っていて、笑ってしまった゜(*゜´∀`゜)゜

 せっかく真面目に考えているキャサリンへの、みゆきさんの返答がヒドイなあ。

 

 などなど、カレー大好き女子高生がおくるカレーコメディ(?)4コマ。

 まんがタイムスペシャルで連載中。

 ついに、10月7日にコミックス1巻発売ということで、注目です!

 

 

 

【ゲスト作品】

●もよりずむ (サイトウユウキ 先生)

 Manga_time_or_2013_11_p129 Manga_time_or_2013_11_p129b

 シュールな部活動を描いた4コマ作品。

 私立南渡河学園の女子生徒3人組。

 いろいろな部活を見学していますが、そんな中で見つけたのが・・・?

 

 と始まるお話。

 ちくわ部というところからして、もう何かがおかしい。

 部長の白身魚くんから説明を受けても、やっぱりおかしい。

 「ちくわの置き方」を極めようとしたり、それで競ったり、

 ライバルに「ちくわぶ部」がいたりと、とにかくやってることがシュールでおかしい!

 

 そうしたシュールな状況を眺めつつ、一線を引いた態度で接する3人組も、また面白い(^^;

 などなど、普通じゃない様子が笑いを誘う4コマ作品になっていました。

 このハチャメチャさは、なかなかクセになりそうですので、つづきに期待したいところです!

 

 

 

【最終回!】

●ヒミツの家光 (江茂タツキ 先生)

 Manga_time_or_2013_11_p155 Manga_time_or_2013_11_p160

 おしのび上様の恋物語も・・・ 最終回!

 なんだか最後は、伊達政宗さんが持っていっている気もしますが、

 倒れてしまった政宗さん、大事なくて一安心のご様子。

 

 十兵衛も旅に出るとかで、いろいろ変化の時期に差し掛かっています。

 ここでの政宗&十兵衛のやりとりは面白かった。

 政宗さんの有名な漢詩ですけど、「不楽是如何」の意味を、政宗流に改める十兵衛。

 これが、ちょっと弱気になっていた政宗さんを元気づけていて、よかったですね。

 この意味で後世には伝わっていますけど(^^;

 

 十兵衛の去った後の友矩も、より“重症”になっていたのは笑ったし、

 何より肝心な家光くんとおキヌさんの関係も、何やら大事な約束を交わしたことで、

 タイトルにつなげての大団円となっていたのが気持ち良い。

 

 本作品は、徳川家光を中心に、町娘のおキヌさんとの関係が気になりつつ、

 柳生十兵衛や春日局、知恵伊豆こと松平信綱、そして伊達政宗などなど、

 歴史上の人物が加わりながら、くりひろげられた物語でありました。

 やはり歴史方面の話題が好きなもので、こうした作品には惹かれてしまうんですよね。

 しかも、家光という存在に焦点を当てていたのが興味深く、楽しませていただきました!

 

 

 

【新人ギャグまんが展】

・ (松坂英美 先生)

 Manga_time_or_2013_11_p179

 平安の通い4コマ物語。

 春雨くんは、複数の女性のもとへ通うお方。

 後朝の文では気の利いたことも書かず、女性たちが香を焚きすぎればガスマスクをかぶり、

 女性に対して悪い意味に正直で、束帯の使い方も何かおかしいという、

 そんな春雨くんの姿が面白味になっている4コマ作品です。

 いや、これ、春雨くんのキャラクターが秀逸で、かなり楽しめそうだと感じます。

 なので、ぜひともつづきを読みたい!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2013年09月26日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2013年11月号 のつづきです。

 ①は、『いしゃぼん』 『つくんちゃん+30』 『ボク恋コンダクター』です。

 

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

 1つ前でも書いたように、あつし君とデート(?)することになった沙夜さん、一緒に映画へ!

 あつみさんと一緒じゃないと、小学生料金が使えないというのは考えてなかったなあ(;´∀`)

 デート気分と、相手が子供という現実との狭間で揺れる沙夜さんですが、前向きで楽しい!

 

●うしろのご先祖さま (勇人 先生) 

 お隣のしずちゃんこと静さん、仕事と家で別人のような彼女を、ご先祖さまたちが尾行(^^;

 静さんは小学校の先生ということで、学校を舞台に、自由にふるまうご先祖さまが面白い!

 まあ結局は見つかってしまいますが、子供たちが幽霊を普通に受け容れているのが(´▽`;)

 

●銀子の窓口 (唐草ミチル 先生)

 為替係の高清水ミサさん、銀子さんと音々子さんの関係を誤解して、百合妄想する変な人。

 そんな彼女の興奮する様子が可笑しい今回、銀子×音々子という関係性を(妄想とはいえ)

 匂わせることで、それぞれのキャラクターをより印象付けてるように感じました。 面白い!

 

●たばたちゃん派 (みずしな孝之 先生) 

 月の模様がうさぎに見えると言われますけど、私もたばたちゃんと同じで見えなかったなあ。

 そこから、月のことをお母さんに教えてもらう、たばたちゃんの「学習」する様子が面白い!

 地球儀がそのまま宇宙にあると勘違いする発想が、いかにも子供の視点で懐かしかった。

 

●龍女生徒会っす! (野広実由 先生)

 ようやく始動した生徒会ですが、予算がゼロで何もできない? その裏には鷹松さんが・・・

 龍女制圧をねらう彼女に黒虎さんが挑むも、直さんの「一喝」でケンカを止めてたのは笑!

 直さんから譲歩できないかと頼まれて、黒虎さんが【ぷう】としてたのは可愛かったですね。

 

●はるまち・ダンス (佐藤両々 先生) 

 修学旅行に来ているトメさんたち・・・ですが、リアルタイム進行のため、足早に感じますね。

 もうそんな時期なのか~とか、もっとじっくり描いてほしいな~という、ワガママも少し(^∇^;

 まあしかし、かしましい女子高生たちの宮島を堪能する様子は、にぎやかで楽しかった~!

 

●ベルとふたりで (伊藤黒介 先生)

 今回は、給食費をめぐってひと騒動! 直接手渡し方式のようで、ヒデ君の給食費が消失。

 そこで、すずが犯人かと疑われますが・・・? すずだけに、深刻にならないのが面白い(^^;

 兵藤先生とのやりとりの「形骸化」や、真相判明後の子供たちの「絆」に笑! 皆イイわ~。

 

●ラジ娘のひみつ (小坂俊史 先生) 

 菊野Dとあいりさんがケンカ!? 限定スイーツ食べられた怨みを、番組で晴らすとか(^^;

 関係修復を図ろうとする菊野Dがさすがですけど、【芸のためならあいりも泣かす】プロ精神

 は、それ以上でした゜(*゜´∀`゜)゜ 6時の時報を合図に、同時に謝る所などは、もはや子供だ。

 

●S・Aで会いましょう (胡桃ちの 先生)

 今回は、カップルさんがやって来て、「けったいなS・A」にて、あれこれお買い物というお話。

 【B級ホラーアイテム】なレジャーシートやら、飲み物の美味しさがわかる紙コップなどなど、

 妙な品の数々が楽しかったのですが、ネガティブな品物多いな~と思ったら、オチで納得!

 

●路傍のミオ (小池恵子 先生) 

 コミックス1巻は10月発売! そんな今回、学園祭で本業休みと思いきや、やはり占い(^^;

 そこで、指図はするけど自分からは動かない男子くんが、クラスで煙たがられたりしますが、

 自分から動く女子さんとのコンビが絶妙で、空気の変わる様子が心地よく、楽しかった~!

 

●のぶながちゃん公記 (くりきまる 先生)

 信長の姉おくらの方が、帰蝶様を気に入って連れ回す最中、吉乃さんと会った信長ちゃん。

 吉乃さんがベタ惚れ状態で、ヤンデレっぽくなっているのは笑ったけど、日吉丸は気の毒!

 そして、ついに信秀さんの逝去を知り、信行陣営の陰謀が動き出す展開に・・・ どうなる?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加