五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想②

2013年07月31日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年9月号 のつづきです。

 ①は、『ごきチャ』 『先輩には頭が上がらない!』 『だいたいこんなンで?』

     『桜Trick』 『ひふみよ』 『しずくマリアージュ!』 『うぃーしぇあ!』です。

 

 次号の表紙・巻頭は、『ひだまりスケッチ』!

 そして、なななんと、ハトポポコ先生の『平成生まれ2』が新連載!?

 

 

●GA 芸術科アートデザインクラス (きゆづきさとこ 先生)

 学園祭の準備に沸き立っておりますが、そんな中、美術部の助っ人となるいつもの5人組。

 展示物のだまし絵が見事なつくりで、さすが美術部ですけど、こんなにもうまく描けるのか!

 飲み物や蛇口を、本物と思いこむほどて(^◇^;) 5人と美術部の交流が楽しかった~!

 

●Aチャンネル (黒田bb 先生) 

 休みの日に、ユー子さんの提案で、るんさんがぬいぐるみを作るところを見に行く一同。

 出迎えたるんさんが水着姿で驚きましたが、眼福(ォィ。 「プール!? 行っちゃう!?」に笑!

 るんさんが器用なのをほめられて、喜んでいる姿が良かった。 あと、猫の名前゜(*゜´∀`゜)゜

 

●キルミーベイベー (カヅホ 先生)

 あぎりさんの物らしい吹き矢を入手したやすな、さっそくソーニャに射とうとしててヒドイ(^^;

 互いにけん制し合う2人が可笑しいわけですが、矢には毒が塗られていて、命の危機!?

 なのに、緊張感のないやりとりや、解毒剤をめぐる攻防が面白い! あぎりさん、最強やな。

 

●セカイ魔王 (双見酔 先生) 

 人里離れた土地にやって来たマオ&ニッカ。 そこで2人が見つけたのは、温泉だった!?

 しかも、魔物が案内役を務め、人間のおばーちゃんが応対に出てきたりと、意味不明空間。

 けれど、そこに秘められた人間と魔物の可能性は興味深く、同時に闇も感じさせて面白い!

 

●ぱわーおぶすまいる。 (ウロ 先生)

 1つ前でも書いたように、メイド&執事喫茶(?)をする事になったまゆさんのクラスですが、

 はじめ反対した虎道さんが、まゆさんのメイド姿につられてたり、自分の家の力を肯定的に

 使ってるのが楽しかったですね。 メイド姿も可愛いけど、最後、宗馬くんに持ってかれた!

 

●ののかノート (水乃ミナト 先生) 

 ののかさんをはさんでの、甘やかす姉・あやかさん vs 厳しく見守る友人・玲緒奈さん!?

 あやかさんが「正妻」の座を奪われるのでは? と不安がっている時点で何かがおかしい。

 マジメな玲緒奈さんと、可笑しなあやかさんのやりとりが面白く、2人の和解が微笑ましい!

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生)

 青葉さんの仕上げたモデルに、細かな動きをつけるのは、モーション班の篠田はじめさん。

 はじめての後輩が青葉さんなので、先輩らしくふるまおうとするあたり、健気で可愛らしい。

 失敗もありましたけど、良い先輩ですね。 でも、さすがに「ほへ」はアカンと思いました(酷)

 

●ハレハレハレルヤ! (つっつ 先生) 

 今回、ハレハレワンダーランドへ行く4人。 皐月さんが目を輝かせていて、珍し可愛い(^^;

 写真を撮ったり、絶叫マシーンや観覧車に乗ったり、お昼ご飯を食べる姿が、楽しかった!

 みずほさんの「また皆で来ましょう!」という言葉が、過ごした時間の貴重さを感じさせます。

 

●あまゆる。 (マウンテンプクイチ 先生)

 テスト勝負で勝てば、夏休みにアヤさんの家へ行けると、勉強に励むハルさんでしたが・・・

 サボりたがる性分なので(´▽`;) ユウさんがハルさんに籠絡されるのを恐れてて笑った!

 家へ来られるのを嫌がってたアヤさんが、ハルさんの言葉で少しデレてたのは可愛いな~。

 

●フレラジ☆ (種田優太 先生) 

 帰国子女の葵さんは漢字が苦手なのですね。 彼女の弱点って、こーゆー所なのでしょか。

 今回は、写真撮影もありましたが、そこで茜さんが「仕事してる」と実感してたのは面白い!

 また、葵さんとブキ(薫)さんの会話で、各々が声優を志した理由を聞けたのも良かった~。

 

●ふわふわパティスリー (甘党 先生)

 好きな作品なので、再登場ゲストが嬉しい! 今回は夏の暑さで、お客が少なくなってます。

 甘さ控え目のさっぱりしたケーキが店になく、そこで、店長が涼しげなスイーツづくりに挑戦。

 視覚的に透明感・清涼感のあるスイーツが、本当に美味しそうで、試行錯誤が楽しかった!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2013年07月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年9月号

 Manga_time_kr_carat_2013_09

 表紙は、『GA 芸術科アートデザインクラス』

 無人販売所でスイカを買っている如月殿&ノダ殿。

 ミネラルウォーターと夏服とが、スイカと共に、夏を感じさせますね。

 

 

 今月の「まさかの可愛いで賞」は、『ぱわーおぶすまいる。』より、宗馬くん!?

 Manga_time_kr_carat_2013_09_p070

 文化祭のクラスの出し物で、メイド&執事喫茶(?)をすることになったまゆさんたち。

 みんなのメイド&執事姿が、素敵だったり面白かったわけですが、

 中でも宗馬くんのコスプレが、まさかの可愛さで驚いたー!Σ(゜Д゜;)

 篠華家の極意で、さらにスゴイことになっていたのも楽しい・・・ 新しい世界が見えた(ぇ

 

 

 

【コミックス2巻、ほやほや発売中~!】

●ごきチャ (るい・たまち 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_09_p041 Manga_time_kr_carat_2013_09_p043

 今回、お家を手に入れたごきチャの巻!?

 ごきチャサイズのその家は、家具もそろっていて、すごしやすそう。

 テーブルに座ったり、ベッドに飛び乗ったり、冷蔵庫を開けたりと、楽しそうなごきチャ。

 そうした姿が、微笑ましいやら面白いやら。

 

 そこは、捨てられたオモチャのお家。

 細かい部分まで再現されている優れもののようで、屋内を冒険できてしまうほど。

 ちゃばさんが好きそうだな~と思っていたら、ごきチャも同じこと考えていたし(^^;

 そんな家で、ごきチャが見つけたのは、家の図面。

 子供が描いたらしいそれは、何とも微笑ましいもので、ごきチャもほのぼの気分。

 そこで、その図面をもとに家の中を探検することになりますが・・・

 

 なんてお話でした。

 ごきチャが嬉しそうに駆け回る姿が楽しかったり、可笑しかったりだったわけですが、

 図面に込められた子供さんの思い出が、しみじみと伝わってくる終盤に、

 ほんのり寂しさを感じてしまいましたね・・・

 

 捨てられた家であるということが意味深さを思わせつつ、

 それでも「大切な何か」を感じ取るごきチャのやさしさが、よい感じでありました。

 コミックス2巻、発売中ということで、今後も楽しみです!

 

 

 

【コミックス1巻、ほやほや発売中~!】

●先輩には頭が上がらない! (榊 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_09_p075 Manga_time_kr_carat_2013_09_p076

 隠れオタクな新入社員くんと、同じ趣味もつ先輩さんのお話。

 時任くんはオタクながらも、会社では趣味を隠してすごしていましたが、

 ひょんなことから、厳しい先輩・迎さんも同じくオタクであることを知り・・・ といった内容。

 

 今回は、作中では10月末ということで、ハロウィンで盛り上がる社会人たちの巻。

 野乃さんたちもノリノリで、「とりっくおあとりーと」する姿が可愛らしい(´▽`;)

 時任くんが標的にされて、“いたずら”されているのは、ある意味うらやましいぞ!(ぇ

 さらに社長にまでおねだりを始めたはいいけれど、

 要求内容がお菓子じゃなくなっているのには笑いましたよ゜(*゜´∀`゜)゜

 

 それでも、仕事はきちんとこなす一同。

 話題はクリスマスへとうつりつつ、時任くんとクリスマスに付き合う人を募集したら、

 女性陣がわんさと集まって、モテキ到来!?

 何だかんだで騒がしく過ごしたいということのようですが、こんな雰囲気、悪くないですね。

 

 最後に、時任くんの好みがスレンダー系かグラマー系か?

 なんて質問を受けてましたけど、迎先輩はスレンダー系なので、やはりそっちなのかな??

 コミックス1巻、発売中! 隠れオタクな先輩後輩の会社生活を描いた本作品。

 2人の関係も気になりますが、まだまだこれからといった風。

 なので、今後も楽しみです!

 

 

 

【新連載!】

●だいたいこんなンで? (永深ゆう 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_09_p109 Manga_time_kr_carat_2013_09_p110

 友達に誘われて入った部活にいるのは、変な人ばかり!?

 ゲストを経ての連載スタート!

 三枝穂紀(さえぐさほのり)さんが、幼なじみの友達に誘われて入ったのは、だいたい部。

 ちょっと特殊な部活動ですが、そこにいた部員の芹沢こかげさんに目をつけられて・・・

 

 といった感じで始まった本作品。

 ほのりさんは(今のところ)常識人であるものの、

 こかげさんは存在感がなく、それでいてホラー好きの腹黒少女というから、かなり厄介。

 ほのりさんの幼なじみにして部長の花谷明子(はなたにめいこ)さんも、

 ちょっと天然風味というか、つかみどころのない性格してますし、

 もう1人の部員・佐竹篠芽(さたけしののめ)さんも、お色気要員?ということで面白い。

 

 そんな4人による「だいだい部」の活動を描いた4コマ作品ですが、

 普段は何もせずに過ごしていて、そこでの会話が愉快だったりするものの、

 なにか依頼があれば駆けつけるというスタイルになっているみたいですね。

 

 今回も、ちょっとした依頼を受けて出動する「だいたい部」。

 何でもない事に大げさな雰囲気を醸し出しているのが可笑しかったのですけども、

 それは、それだけ部の活動が真剣であることの証でもあって、そのあたりも好印象でした。

 さらに、存在感のないこかげさんのキャラクターが面白味にもなっていますし、

 これから連載スタートとのことで、期待です!

 

 

 

【ゲスト作品】

●桜Trick (タチ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_09_p033 Manga_time_kr_carat_2013_09_p039

 女子高生がチュッチュしまくる、百合な4コマ作品。

 まんがタイムきららミラクで連載中の本作品、アニメ決定で、3回連続ゲスト登場です。

 

 春香さんと優さんは、中学時代からの親友。

 そんな2人に、クラスメイトのしずく&コトネ、ゆず&楓を加えた

 6人の少女たちを中心に描かれる、女の子同士のふれあいの物語です。

 本作の特徴は、毎回キスが描かれるという点。

 もちろん少女と少女によるキスということで、いわゆる百合な雰囲気が満載となっています。

 

 今回は、夏休みの登校日ということで、

 6人の少女の顔見せと、それぞれのコンビの仲良しっぷりがよくわかる内容でした。

 春香&優は、親友からキスをする関係にまでなっていますし、

 しずく&コトネも、一緒に暮らしているくらいに仲が良く、やはりキスまでしちゃう関係。

 けれど、ゆず&楓はそうした関係ではない友人同士で、そんなバランスも面白い所です。

 

 そして恒例のキスは、やはり春香&優。

 登校日の記念写真を撮影している最中、春香さんからキスをして、

 そこから何度もチュッチュしちゃっているのが、もう何とも言えない背徳感。

 キャラットだからなのか、口づけシーンをハッキリとは描いてませんでしたね・・・

 この後のゲストでは、ばっちり女の子同士でキスしちゃってる作品ありましたけど(^^;

 

 などなど、ミラクではおなじみのキスしまくり百合作品。

 キャラット読者には、どのように映ったのか気になりますが、

 3回連続ゲストとのことで、今後も楽しみです!

 

 

 

●ひふみよ (まさゆ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_09_p049 Manga_time_kr_carat_2013_09_p051

 女子校でのスキンシップは、過剰なくらいが普通なの!?

 寮制の女子校に入学したいちかさん。

 ルームメイトのにいこさんとも仲良くやっていけているようですが、

 ただ1つ、スキンシップの過剰さには戸惑ってしまっているようで・・・

 

 「女子校だから普通」

 そんな風に言われても、さすがにべったりくっつきすぎだと困惑するいちかさん。

 にいこさんだけが特別なわけでもなく、みな&しあというクラスメイトも

 抱きついたり、ひざに乗ったり、やたらと女の子同士でくっつく様子が、むずかゆいですね。

 

 でも、にいこさんはとても良い子で、犬っぽい可愛らしさが魅力的。

 いちかさんも、そんな彼女のアプローチに、何とか慣れようとしているのも好印象です。

 ただやっぱり過剰なスキンシップが、いちかさんを悩ませるラストのやりとりなど、

 百合的に評価されそうな点が、面白味ですかね。

 いちかさんもにいこさんも、それぞれの可愛さをもっていますし、これはつづきに期待です!

 

 

 

●しずくマリアージュ! (柏木香乃 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_09_p143 Manga_time_kr_carat_2013_09_p144

 天真爛漫な女子中学生、己の恋路に一直線!

 雫さんは女子中学生。

 高校生の晴彦くんのことを慕っていて、猛烈果敢にアプローチ!

 けれど彼は、雫さんの姉・雪さんのことが好きなようで・・・

 

 といった感じの4コマ作品。

 まずは片想い状態から始まっていて、その点、少し寂しい話かな?

 と思いきや、主人公・雫さんの天真爛漫さや、その行動の愉快さが、

 暗さを感じさせないのが好感触で、かなりテンポよく楽しむことができました。

 晴彦くんと腕を組んで、胸に押しつけての「ぎゅむ」には笑いましたよ゜(*゜´∀`゜)゜

 

 姉・雪さんは天然ぎみで、晴彦くんの気持ちはスルーしつつ、妹に協力的だし、

 晴彦くんの友人・ヤナディも、さわやかに変な人だしで、周囲にも面白キャラクターぞろい。

 そんな人々が創り出す雰囲気が、よい感じに楽しませてくれました。

 片想いからは始まる物語という点も興味を引かれますし、

 次号も登場とのことで、楽しみです!

 

 

 

【最終回!】

●うぃーしぇあ! (かにたまころっけ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_09_p201 Manga_time_kr_carat_2013_09_p204

 「大学生たちの下宿ライフ!」も・・・ 最終回!

 最後は、あさひさんの誕生日パーティ。

 あさひさんの実家から届いた荷物が、姉からの誕生日プレゼントだったことで、

 里音さん、あわててプレゼントの事を考え始めますが・・・

 

 なんとかサプライズ的にパーティをしようと画策し、

 あさひさん以外のメンバーに相談するわけですけども、

 あさひさんが、秘密裏に行動する面々に気づいて、

 仲間外れにされていると不安がっているのが、ちと気の毒でしたね。

 まあ、すぐにサプライズとわかって、安心できたのは良かったですが(´▽`;)

 

 そして、楽しく誕生日パーティでシメとなりました本作品。

 里音先輩のプレゼントも、好評だったようで何よりでした。

 個性的な人たちが集う下宿先で、それぞれのキャラクターが面白味になっていましたね。

 とくに里音先輩との関わりが中心的に描かれていましたが、これにておしまい。

 う~ん、連載開始が4月号だったことを考えると、

 かなり早めの終了ということで残念ではありますが、楽しませていただきました!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2013年07月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年9月号 のつづきです。

 ①は、『ラディカル・ホスピタル』 『カフェぽぽのチノちゃん。』です。

 

 次号、『カフェぽぽのチノちゃん。』が連続で登場。

 さらに、まんがタイムから『ほめよめ』がゲストとのことです!

 

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 小西くん、サッカーの試合で他校の女子からモテモテ。 普段の彼を知らないばかりに(^^;

 そんな中、女子の1人・マコさんが、彼に興味はないけど自分に振り向かせようと考えて・・・

 なんてお話で、それを見ているまなみさんの凹み具合が切ない。 マコさん、再登場あり?

 

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生) 

 コミックス1巻、もう重版かかってるんですね・・・ そんな今回、プール掃除とプール開き!

 もちろん小森さん大忙しですが、大谷くんに助けられることが多く、そのあたりでニヤニヤ。

 ちょっと自意識過剰ぎみな小森さんが面白い。 「スケベ」の仕返しされてたのには笑った!

 

●ゆらゆら薬局プラリネ (松田円 先生)

 コミックス1巻は9月発売! そんな今回、水着を買いに行くみさきさんを追跡する兄の巻!

 池田くんを一緒に連れてゆく兄ですが、もう池田くんが何者なのか読者がわかっている分、

 まだ気づいてない作中の人々の“勘違い”ぶりを楽しめますね。 もうほとんどデート(´▽`;)

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生) 

 戸田くんの知り合い・長浜泉さんがやって来た! 中川さんと一緒なので、遅れて到着(^^;

 昔いた店の社長の娘さんですが、戸田くんと結婚する気らしく、「告られに来た」は驚いた!

 まあ、かなりのドジッ子さんなので、憎めないのは面白い(^◇^;) 女将の噂には笑った!

 

●オトメシュラン (王嶋環 先生)

 一成くんが日本を離れるという話を聞いて、ショックを受けたヨウさん、イケメンモード発動!

 乙女が「ただのイケメン」になっている様子が可笑しいわけですが、商売的には大歓迎(^^;

 東海林さんと気が合ったり、労わられたりと、かなり面白かった! 最後のオチで、一安心?

 

●ちまりエンプティ (佐藤両々 先生) 

 初搭乗でミスをしたのに、いろんな人から優しくされる千鞠さんに、凛さんがビシッと厳しい。

 「可愛いってトクだよね」なんて思ってるものだから、こりゃあ険悪ムードか? と思いきや、

 厳しくも優しい凛さんの対応に、なごむ面白さでありました。 凛兄の登場も待たれますね。

 

●あねぐるみ (森繁拓真 先生)

 社内の大規模な再編に巻き込まれるタケローくんの巻。 企画1課と2課が合併とは驚き!

 となると、気になるのは課長のイス。 北見さんでも姉様でも、角が立ちそうで難しい(;´∀`)

 そこで、タケローも人事異動となってしまいましたが、このポストはどう考えても負担増だね。

 

●鈴木くんさん (シミズポリポリ 先生) 

 珠算部の部長・見取タマさんは、鈴木くんばかりを見てますが、恋の自覚がなくて可愛らし。

 茶道部の部長・花入ナツメさんに、指摘されても否定してますけど、もうほとんどストーカー。

 そんな彼女が面白い今回、彼を好きだと知られたくない乙女心が、誤解を呼んでて大笑!

 

●鹿女子【バンビーナ】 (新山ハルキ 先生)

 今回、夏休み補習の巻。 琴子さんや鹿守さんもですが、もう1人の岩永さんが面白い!

 鹿守さんの友人と思いきや、ワケありの人物で、しかも年齢がとんでもないのには笑った!

 胸だけ先生のマネしてる時、いい笑顔でしたね(´▽`;) 先生の薄着は、やはり水着が(ォィ

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生) 

 家電屋さんとチラシの話で、「1円でも高い場合はお安くします」なチラシの対応が面白い!

 やっぱり戦略的隠蔽をしているんですね~こーゆー場合。 まあ、それも仕方ないですね。

 目玉商品の選び方とか、タイムサービスだとかPOPだとか、興味深い内容いろいろでした!

 

●機動教師アルファさん (ユーキ 先生)

 有葉先生のかわりに、教師としてすごすアルファさんですが、さすがロボットな授業が面白。

 ロケットパンチには笑ったし、複雑計算もお手のものと思いきや、大したことなかったり(^^;

 「身長の調整」3~4コマ目も、3コマ目でオチがついていながら、そこにダメ押しで楽しい!

 

●オモテもウラも才俄センセイ! (かやっぺ 先生) 

 海の家を手伝う才俄先生たちの巻。 幼なじみの店長さんに頼まれてのお手伝いでしたが、

 才俄先生も店長さんには、されるがままになっているのが面白い。 大きな借りがあるとか。

 それ以外にも才俄先生が海に来ているわけがあり、そのあたりも少し微笑ましい所でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2013年07月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年9月号

 Manga_time_or_2013_09

 表紙は、水着姿の山下さん!

 後ろで砂風呂している榊先生たちが面白い!

 らいかさんや、ゲスト作品のチノさんもいますね。

 

 

 今月の「クールで賞」は、『恋愛ラボ・アフレコレポート』

 Manga_time_or_2013_09_p023

 なんと、クール教信者先生による、アニメ『恋愛ラボ』アフレコレポートが掲載!

 『小森さんは断れない!』のキャラクター・西鳥めぐみさんが見学するというカタチで、

 役柄の姿をした声優さんたちが描かれていて、クール教先生の描くリコたちが拝めます。

 声優さん達のプロぶりを感じさせる、切り替えの素早さが好印象。

 また「原作と違う」ポイントについて、スタッフ側の説明がされていたのも興味深いですね。

 

 

 

【8月7日、コミックス25巻発売!】

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 Manga_time_or_2013_09_p003 Manga_time_or_2013_09_p004

 今回は、手話のお話。

 手話講座が開かれることになり、

 咲坂師長とケースワーカー・小野口さんが講師のお手伝いをすることに。

 

 滝沢先生のお子様も来るとのことで、「難しくないか?」と心配する榊先生ですが、

 咲坂師長の「まずは興味を持つ入口になればそれでいい」という考え方が適切ですね。

 いざというときの技術として、手話は修得しておいても損はないでしょうし。

 榊先生も、少しだけできるようで、「診察する」「注射」「手術」などの手話を披露。

 ぜんぶ医療関係なのは仕方ないとしても、山下さんの言うように怖い単語ばかりで(^^;

 

 あと、薬剤師・熊谷さんへの「恥ずかしがらない事が大切」というアドバイスにも納得。

 きちんと「伝える」ためには、しっかりと意思表示しないといけませんからね。

 手話講座も盛況で、滝沢先生の娘さん達にも好評。

 「愛してる」には笑いましたが、榊先生になつく姿が可愛らしい・・・

 パパは気が気でないようですけども(´▽`;)

 

 今回、手話の重要性はもちろん、それを学ぶのに楽しさが必要と感じられました。

 コミックス25巻が、8月7日発売!

 最後に、榊先生が教えている“手話”に大笑いしつつ、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●カフェぽぽのチノちゃん。 (神馬耶樹 先生)

 Manga_time_or_2013_09_p079 Manga_time_or_2013_09_p080

 ちょっと変わったカフェでバイトする元気娘のお話。

 村長千乃さんは、カフェのバイト。

 接客が苦手な店長のかわりに、明るくハキハキ応対します!

 そんな人々が働くカフェを描いた4コマ作品です。

 

 オープン日なのに、お客もなかなか来ない田舎のカフェ。

 そこへやって来た沼田数守くんをお客とカン違いしたものの、彼もまたカフェで働く新人くん。

 チノさんとは幼なじみっぽいですけども、チノさん16歳・カズくん21歳と歳の差ありますね。

 店長・馬場茜さんは28歳だけど、つるぺたすとーん(ォィ

 そんな3人のカフェ風景が、チノさんの明るい様子を中心に描かれます。

 

 じつはこのカフェ、役場経営のお店で、そのあたりも面白味になりそうな予感?

 それと、住人の川瀬さんが楽しい人でした。

 田舎の変わったカフェに集う人々、その交流。 つづきに期待です!

 

 

 

【新人ギャグまんが展】

・(roni 先生)

 Manga_time_or_2013_09_p179

 仲の良い少女2人のやりとりが楽しい4コマ作品。

 もーちゃんとこむぎちゃんは仲良し2人組。

 もーちゃんが常識的、こむぎちゃんはボケっぽいポジションになっていて、

 そんな2人の会話が笑いを誘いつつ、楽しませてくれます。

 こむぎちゃんのボケに、もーちゃんがツッコミを入れますが、

 全体的な雰囲気はふわふわしていてマイルド感覚。 そのあたりが魅力でしょうか。

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2013年07月26日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2013年9月号 のつづきです。

 ①は、『リコーダーとランドセル』 『ちっちゃいおっさん』

     『ぼくとことりちゃん』 『園児様のゆーとおりっ』です。

 

 

●うしろのご先祖さま (勇人 先生)

 菜々緒さんのお隣に住む、音成静さんは視える人!? でもイイ人なので、無問題(^∇^;

 いっしょにお酒で盛り上がる様子が楽しかったわけですが、気になるのは「似たの」ですね。

 ご先祖さまと「似たの」ということは、やはり幽霊? そして、ラストは見事なギャップでした!

 

●まちこう! (浦地コナツ 先生) 

 公共モニュメントの制作責任を任された銅本さんのお話。 自分の課題に悩む彼が珍しい。

 いつもは草太くんに厳しく指導する彼が、今回は自分が壁にぶち当たる内容で面白かった。

 彼女さんの“励まし”が微笑ましく、自分の成果に愛着をもつ銅本さんが、誇らしげで良い!

 

●たばたちゃん派 (みずしな孝之 先生)

 1つ前でも書きましたが、扇風機ネタが、大人の常識と子供視点とのギャップで面白かった。

 そんな今回、ビニールプールで遊ぶたばたちゃん。 音無し8コマではしゃぐ様子が楽しい!

 1コマ1コマが動作を感じさせつつ、ラスト・オチに驚きますが、【たばた だいまんぞく】か~。

 

●伊月家のトーコさん (冴木スミ 先生) 

 まだまだ娘から「母」と呼ばれないトーコさん。 寝るのも1人だけ、別の布団で疎外感(^^;

 それでも、お土産の服(センスは悪いけど)で、少し打ち解けている様子なのは微笑ましい。

 そうした母娘の微妙な距離感が、どのように縮まってゆくのか見たいので、つづきに期待!

 

●つくねちゃん+30 (ひらふみ 先生) 

 「恋愛の護符」を家に貼った都さんでしたが、それが幽霊を召喚してしまって大変なことに!

 でも都さんには視えず、つくねちゃんにしか視えないという、食い違いが面白かった(^◇^;)

 喪女子さんとの交流が可笑しくも、つくねちゃんが彼女の心を少しだけ救ったのは、良いね。

 

●いとをかし (楠見らんま 先生)

 海にやって来たあおい君・・・ でしたが、まさかの女子水着を着用で、本格的にヤバいぞ!

 しかも似合ってるし(´▽`;) みどりさんはビキニ、モモエさんはスク水と、水着が多彩です。

 あおい君がナンパされて大ピンチでしたが、それ以上に水着が流された方が危険だった・・・

 

●龍女生徒会っす! (野広実由 先生) 

 罠で呼び出される黒虎さんですが、直さんに指摘されるまで、罠と気づいてないとは(´▽`;)

 止めようとする直さんですが、袋詰めにされてしまい、そこを杏さんに助けられてて面白い。

 バイオレンスな雰囲気が珍しいタイプの4コマ作品。 ここからが本格始動で、楽しみです!

 

●ラジオ娘のひみつ (小坂俊史 先生)

 新スタジオになって張り切るスタッフでしたが、そこでは「霊の声」が聴こえるという噂が!?

 けれど、怖じないあいりさんがさすが・・・ と思ったら、素に戻るや腰が抜けていて笑った!

 そんな霊に関する話がホラー風味ながらも、気にせず愉快にこなす脱力感が面白かった。

 

●ベルとふたりで (伊藤黒介 先生) 

 レイコさんの家族とともに、沖縄に来ているすず一行。 おっさんズの自由さが奔放すぎる!

 だけどそんな父親が、すず父とばかり仲良くしていることに、拗ねてしまったレイコさん(^^;

 子供ですからね、大人がケアしないと・・・ と思ったら、子供が冷静、大人が熱くて面白い!

 

●路傍のミオ (小池恵子 先生)

 お祭りにやって来たミオさん、出張占いをすることに。 けっこう人がやって来て、大繁盛?

 中に、仕事運を占ってほしい男性がいて、占石さんは「今日はやめとけ」と忠告しますが・・・

 なんてお話でしたが、ミオさんの知らぬ所で起きる事件の顛末が、ちょっと怖めに面白い!

 

●のぶながちゃん公記 (くりきまる 先生) 

 信秀さんが重篤で不安がる信長ちゃんでしたが、帰蝶様やお市・お犬たちとのふれあいで、

 少しばかり癒され風味なのがよかった・・・ けれど、まさかここまで話が進んでしまうのか!

 最後の覚悟を見せる信秀さんは、さすが尾張の虎でした。 次は信行の謀反になるかな?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加