五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららキャラット 感想①

2012年11月30日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2013年1月号

 Manga_time_kr_carat_2013_01

 表紙は、『GA 芸術科アートデザインクラス』

 「冬♪」とありつつ、暖色でまとまっているあたり、暖かさを感じさせてくれる絵柄ですね~。

 さらに今月号には、『ひだまりスケッチ』オリジナルボールペンが付録についてきます。

 ゆのっちとニャン太が可愛い。 保存用にしよう・・・ ハッ、もう1冊買えばいいじゃないか!

 

 

 今月の「真っ黒いのに・・・で賞」は、『ネガ→ポジ』より、真白さん!

 Manga_time_kr_carat_2013_01_p084

 海外旅行へ行ったらしく、日焼けした真白さん。 真っ黒いのに真白さん!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ いや、それが言いたかっただけです(ォィ

 

 

 

【コミックス7巻、12月19日発売!】

●ひだまりスケッチ (蒼樹うめ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_01_p015 Manga_time_kr_carat_2013_01_p017

 「6人の変わらない楽しさと、あたたかさ。」

 とありますが、それももうすぐ終わってしまう?

 早くもクライマックスの受験シーズン、沙英&ヒロさんに受験結果のお知らせが・・・

 

 通知に緊張する沙英さんを、混乱させるゆのっちの「確認」に笑った゜(*゜´∀`゜)゜

 妙な比喩を持ち出してる沙英さんも可笑しかったけど、はたして2人は合格できるのか?

 そんな内容に、ちょっぴり緊張感を覚える話でありました。

 

 とくにヒロさんの通知にはドッキドキ。

 通知を待って落ち着かないのは本人だけでなく、沙英さんも、

 ゆのっちも宮子さんも、そして、乃莉さんもなずなさんも、結果待ちにそわそわ~。

 そんな様子が、ひだまり荘の“家族”な雰囲気を感じさせてくれますね。

 ひかえめなヒロさんの報告と、それと対比になっている沙英さんの反応が面白かった!

 

 最後は、ヒロさんのリミッター解除に大笑い!

 とても気持ちのよい解放感でありましたが、これで受験も終了・・・なんですよね。

 となると、これからやって来るのは、卒業という一大イベント。

 それが、はたしてどのような変化をもたらすことになるのか、なんて不安もありますけど、

 2人にとっての大事な門出でもあるわけで、もう色々と複雑な感情が湧き上がってきます。

 でも、今はただただ、おめでとう! そんな祝福気分のまま・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

【コミックス2巻、ほやほや発売中~!】

●セカイ魔王 (双見酔 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_01_p075 Manga_time_kr_carat_2013_01_p078

 今回のトビラ絵がヒドすぎる!!!

 引用してたら18禁になっちゃうくらいヤバかったです。(それはない)

 

 いきなり妖精さんのスカートめくるニッカさん。 なぜそんなことを!?

 と思ったら、たしかに納得の行動でありました(ぇ

 妖精は空を飛ぶのに、スカートじゃ見えちゃうんじゃね・・・? Σ(゜◇゜;)目から鱗!

 赤面しながら反省する妖精・セシエさんが可愛かったよ!

 

 ・・・まあ、そんな話はともかく(ォィ、拳の勇者として有名になってしまったマオさん。

 街で「勇者」を集めている謎の人物に誘われますが・・・ というお話でした。

 そこは正体が魔王なのだから、ホイホイ参加するわけにも、と思いきや、

 ニッカさんの提案で顔を出してみるわけですが、さすが魔王様というか何と言うか(^◇^;)

 

 ただ、集まった勇者の中に、「黒剣の勇者」がいた・・・?

 ここから物語は加速するのでしょうか?

 今まで音沙汰なかったアルシャが、はたしてどのように変わっているのか?

 はたまた変わっていないのか? いろいろ気になりつつ・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●箱入りドロップス (津留崎優 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_01_p065 Manga_time_kr_carat_2013_01_p065b

 まんがタイムきららで連載中!

 箱入り娘として育てられてきた少女・西森雫さん。

 そんな彼女が“外の世界”で1人暮らしすることになり、

 雫さんのお世話を任されたのが、お隣に住む同級生・春日井陽一くん・・・ というお話。

 

 今回も、雫さんと陽一くんが一緒に登校してますが、吐く息が白くなる季節。

 箱入り娘だった雫さんには、吐く息で輪っかを作れることが珍しいらしく、驚いています(^^;

 彼女が“外の世界”で目にするもの全て、新鮮に映る様子が、

 見ていて楽しい気分にさせてくれますね。 この「吐く息で輪っかを作る」も、そんな感じ。

 

 雫さん、学校についてからは、女友達の萌さんや純さんと、

 鬼ごっこを初体験する姿が可笑しくも可愛かったりと、いろいろ面白かった!

 完全に2人の世界状態な雫&純と、除け者状態の萌さんに笑った゜(*゜´∀`゜)゜

 あと、委員長の男子を見る目がヤバかった。 よりによって、相ノ木×陽一かよッ!

 

 などなど、箱入り娘が外の世界で遊んだり学んだり、成長したりする様子や、

 また周囲の人たちとの交流、見守られつつも、その輪に入ってゆく姿が楽しい本作品。

 きらら作品の中でも、かなりの「お気に入り」なものでして、今後も楽しみです!

 

 

 

●イキモノシステム (ユイザキカズヤ 先生)

 Manga_time_kr_carat_2013_01_p143 Manga_time_kr_carat_2013_01_p150

 いきもの部員4名+猫さんの部活動?

 いつもお眠りハカナさん、優しくオトナなミサキさん、しっかり者なキリさん、

 ネコ耳キュートゆにさん、そして猫のエマーソン。 彼女たちは、いきもの部!

 なのだけど、なぜか雑用ばかり。 そんな部活動を、まったり感覚で描いた4コマ作品です。

 

 少女たちの可愛らしさ、とくにネコ耳ゆにさんが良かったですね、「しょーん」とする所とか。

 あと、猫エマーソンのいわゆる“中二”っぽさも楽しかった。

 そこはかとない気配(オーラ)を感じたり、封じられし闇を解放しようとしたり、

 組織にいたころの忌々しい記憶がよみがえったりと、そのモノローグが面白おかしい。

 ミサキさんとキリさんが、やや百合っぽさを醸し出していたのも、一部読者には嬉しい所?

 

 などなど、いきもの部といいながら、なぜか雑用ばかりな活動が描かれていましたが、

 トビラでメインなはずのハカナさんが、さほど目立っていなかったのは気のせいでしょうか。

 寝てばかりだし(^∇^;

 私としては、ゆにさんの可愛さとエマーソンの可笑しさが好感触でしたので、

 そのあたりを中心にいきもの部を見てみたい。 なので、つづきを期待です!

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想②

2012年11月29日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年1月号 のつづきです。

 ①は、『ヒミツの家光』 『鹿女子【バンビーナ】』

     『かでん屋さんの基礎知識』 『電車のお姫様。』です。

 

 次号、『小森さんは断れない!』、『電車のお姫様。』が巻中カラー!

 今月初登場のゲスト作品は、次号も掲載されるみたいですね~。

 

 

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 医局の電子レンジが壊れてしまい、榊先生がショック受けてます。 「死活問題」なのか(^^;

 なので、買い替えを検討しますが、その過程で知った家電の進化に驚く榊先生、面白ッ!

 そして機械の進化という点では、医療器具も同様。 患者さんとの補聴器談義、興味深い。

 

●満開!Sister (東屋めめ 先生) 

 トビラのサンタコスなカンナさん、袖なしがセクシーで良いけれど、雪の中で寒くないん?

 そんな今回、クリスマス! さくらちゃんのプレゼントのねだり方が見事すぎて、末恐ろしや。

 武士くんに合わせた和風が楽しかったけど、カンナさんの“プレゼント(3コマ目)”に驚いた!

 

●ゆらゆら薬局プラリネ (松田円 先生) 

 今回、お兄さんがホストクラブのパーティに行くことに? ついにそっちへ行ってしまうか(ぇ

 まあ池田くん関連のお話でしたけど、最後に彼の悩みを聞いて、きちんと答えるお兄さんが

 何とも好印象でありました。 「それだけ」のことでも役に立ってる、それが大事なんですね。

 

●オトメシュラン (王嶋環 先生)

 ヨウさん、カップルのお客様も増やしたいとか言ってて罪すぎる。 慎太くんの冤罪笑った!

 クリスマスイブにカップル席が埋まらないレストランて(´▽`;) ところが、一成さんが予約?

 彼のお相手が誰なのか、気にするヨウさんの様子がフビン面白かったけど、最後はメリー!

 

●らいか・デイズ (むんこ 先生) 

 劇場版・魔法少女まど・・・ じゃなくて、「ラブリー花子」を観に行くことになった小太郎くん。

 一方、らいかさんもマッキー&漆野先生と観に行きますが、前日予習とか笑った!(*゜´∀`゜)

 映画への印象は普通だけど、皆と一緒が楽しかったらいかさんの心情が、微笑ましかった。

 

●わさんぼん (佐藤両々 先生)

 うーむ、連載しているタイムよりも、こちらで進展を見せる登場人物たちの心情が興味深い。

 今回は、牡丹さんに変化の兆し? 今まで彼女の内心は、あまり表に出てなかったけれど、

 草太くんへの印象が語られたり、彼とのやりとりで何を考えているかが描かれたり、面白!

 

●おかん (小坂俊史 先生) 

 模様替えと断捨離と同時にやろうとして、挫折したおかんでしたが、その後始末が大変!

 苦労させられる子供たちだけど、何だかんだと慣れっこだよね(´▽`;) その様子が楽しい。

 ある意味、鍛えられてるかも? 最後、爽快感⇒おとぼけ⇒あきらめ、という流れが良い味。

 

●小森さんは断れない! (クール教信者 先生)

 小森さんの「頼まれた記録」に多く載ってるめぐみさん。 そこで小森さんを労わることに・・・

 さっそく肩もみした後に頼みごとをしていたのは笑ったけど、ちゃんと恩返しを考えている

 友人らしさが微笑ましかったですね。 まあ、「身体で払う」のもアリというか見てみたい(ォィ

 

●よゆう酌々 (辻灯子 先生) 

 優さんと戸田くんの朝の会話をふすま越しに聞いてしまい、駆け出す粧子さん、面白ッ!

 森永さんまで誤解してますが、まあ誤解されるのも仕方ない(^∀^;) 淫靡な風邪ですね(ぇ

 そんな風邪ひき優さんを中心に、色々楽しい今回。 イイ話にオチない流れが、粋ですね。

 

●社外秘!神田さん (大乃元初奈 先生)

 Xmasイブに皆でご飯食べようと提案する神田さん・・・ イブに予定ない人ばかりが( ;∀;)

 なぜか栗原くん家に集合でしたが、そこにいた“良妻”に一瞬、「誰?」とか思ってしまった!

 プレゼント交換での神田さん&東くんのやりとりがいつも通りで、ニヤニヤしつつも温かい。

 

●先生のたまご (みなづき忍 先生) 

 たまこ先生が登校してくると、そこには金髪青年が・・・? 特別講師トム・エドワーズさん!

 日本語が少しおかしい外国の方(^◇^;) そんな彼の個性が面白味になっていましたが、

 中身はかなりの好青年で好印象。 英語力ない先生たちとの交流も、最後の夕陽もグッド!

 

●ぎんぶら (安堂友子 先生)

 今回は、戦士の星・惑星ワイルド! クリスマスによく似た行事があるのに、何と言うか・・・

 「北〇の拳」のごとき世紀末な殺伐とした雰囲気が! 松〇薫とか、いいのか!?Σ(^∀^;)

 サンタとなまはげが合体したような行事には笑いましたが、安定の権田原オチが切ない(ぇ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムオリジナル 感想①

2012年11月28日 | ◆4コマ誌⑧ まんがタイムオリジナル

2013年1月号

 Manga_time_or_2013_01

 表紙は、冬の装いな山下さんを中心に、クリスマスムード。

 『あねぐるみ』の姉さんがサンタコスであげる側、

 『らいか・デイズ』らいかさんはプレゼントをもらう側、

 さらに、サンタの米澤先生が同じくサンタの榊先生に贈物。 そんな様子が面白い!

 

 

 今月の「12月7日、コミックス完結2巻発売で賞」は、『ハルコの晴れの日』

 Manga_time_or_2013_01_p085_2

 先々月号で最終回を迎えました本作品。 コミックス発売を控えた今回、特別編で登場。

 「先輩の特別な一日」ということで、臨時休業したムジナを舞台に、先輩の大忙しな様子が

 描かれていました。 次々やって来るお客さんに翻弄される先輩が、コミカルで笑えます。

 「365日年中無休でやってるイメージ」 そこに隠された理由には、ニヤリとしましたけど、

 その上で、めでたいシメとなりましたね。 楽しませていただきました!

 

 

 

【改題 今月のピックアップ!】

●ヒミツの家光 (江茂タツキ 先生)

 Manga_time_or_2013_01_p079 Manga_time_or_2013_01_p080

 徳川家光が町娘に恋をした!? その恋路をえがく4コマ物語。

 『おゑど恋愛帳』から改題してのカラー登場。

 男性ばかりに興味のあった家光さんでしたが、おしのびで町へ出たところ、

 汁粉屋ではたらく町娘・おキヌに出会ったことで、何かが変わり始め・・・

 柳生十兵衛、春日局、知恵伊豆さんまで登場する、家光主役のお江戸絵巻です。

 

 今回は、辻斬り騒動つづき。

 ついに姿を見せた辻斬りに、友さんが傷つけられて、さあ大変!

 友さん、正体を(あと性別も)隠してますが、これでも柳生の者ですからねえ。

 しかも、辻斬りの正体が見知った人物とあって、家光さんも驚き・・・ という展開。

 

 これはイヤでも緊張感が高まるぜ~!

 ・・・と思っていたら、十兵衛さんのギャグ・ツッコミで、あえなくお縄とか(;´Д`)

 まあしかし、その最中におキヌさん、光さん(家光の仮の名)の正体へ迫ってしまうことに。

 ということで、辻斬りから一転、家光公の正体に、おキヌさんが気付いてしまうのか!?

 なんて内容が、楽しいお話でありました。

 

 そのあたりは、おキヌさんらしい良い娘さんぶりが見られましたし、

 家光さんも珍しく(?)漢気を見せたところがよろしかったんじゃないでしょうか・・・

 最後の宗矩さまは怖かったけどね!

 などなど、家光公を中心にくりひろげられる江戸の日々。

 辻斬り騒動も解決して、さて、ここからどう物語が進んでゆくのか・・・ 今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●鹿女子【バンビーナ】 (新山ハルキ 先生)

 Manga_time_or_2013_01_p095 Manga_time_or_2013_01_p097

 鹿とたたかう少女のお話。

 転校生の桜井琴子さん。

 初日いきなり、猛烈な洗礼をくらってボロボロに・・・ 鹿相手にですが(^◇^;)

 その日から始まる、琴子さんと鹿たちの壮絶な争いを描いた4コマ作品です。

 

 いや~面白い!

 絵柄の可愛らしさもよいですが、ネタ的にイケている風味。

 わらわら鹿にもみくちゃにされる琴子さんや、先生に教室へ呼ばれるシーンなど、

 オチの付け方がみごとな4コマが多かった印象でした。

 さらに、たたかいの日々も苛烈さをまし、4日目の「サンバdeどっきり作戦」とか

 セクシー&涙でカワイソウだし、5日目も可愛くてカワイソウという、ちと気の毒な面白さ。

 

 そこでクラスメイトの愛子さんから、鹿対策のため嘉門ちひろに会うようアドバイスを受け、

 なんだか騒がしくも楽しい雰囲気に・・・ なんて内容が、飽きさせずに読ませてくれました。

 おっとりな愛子さんと、元気おバカタイプのちひろさんと、キャラクターも良い感じ。

 これは面白くなりそうですね。 3ヵ月連続登場とのことで、楽しみです!

 

 

 

●かでん屋さんの基礎知識 (風良まり 先生)

 Manga_time_or_2013_01_p113 Manga_time_or_2013_01_p116

 電器店でバイト始めた女性の奮闘記!

 『女子校生かんさつ日誌』の風良先生が新作登場・・・ って、「かんさつ日誌」終わりなの!?

 うぬぬ、あちらの作品もかなり好きだったので残念ではありますが、

 それはともかく、今回は、電器店でバイト始めた園宮一花さんのお話であります。

 

 家が自営業だけど、父親が腰を痛めたらしく、しばらくはお休み。

 そのため電器店でバイトすることになった一花さん。

 初仕事、いろいろ大変そうですが、職場にはかつての同級生・さんちゃんもいて、

 持ち前の元気さでがんばっている一花さんの姿が、楽しく感じられる作品になっています。

 

 前作でもそうでしたが、女性の快活さがとても魅力的に描かれていますね。

 私はこの雰囲気が大好きでして、今作でも一花さんの奮闘ぶりが楽しくて仕方ない。

 笑い声が「にゃははは」というのも特徴で、さんちゃんが少し振り回され気味なのも、

 良い関係になっています。

 

 着ぐるみ姿も可愛いし、家電をお客様に勧める場面も、なかなか感じがよろしい。

 私としては「かんさつ日誌」の方もつづき読みたいんですけどね・・・

 こちらにも期待しておきたいと思います! つづき~!!

 

 

 

●電車のお姫様。 (永吉たける 先生)

 Manga_time_or_2013_01_p121_2 Manga_time_or_2013_01_p121b_2

 本社勤務となった男性が、駅で出逢った謎の女性・・・ いったい何者?

 都会の人の多さに驚く馬尺周さん。

 駅のホームで電車を待っていましたが、やって来た車両のドアの向こうに美女発見!

 停車してドアが開いてゆくと・・・ と始まるお話。

 

 ドアが開くや、美女の姿を見て愕然とする周さん。

 何が何だかわからない状況に焦りまくりですが、読んでる私も意味不明(´▽`;)

 一発ネタ風味なスタートを切りました本作品。

 美女の行動が、電車内でおこなうにはふさわしくない点が、シュールな可笑しさになりつつ、

 それに驚くのが周さんだけで、他の人たちは整然と電車に乗り込んでゆくのがさらに面白!

 

 会社についてから、その話をしても反応が妙で、ますますミステリアスになる美女の存在。

 ・・・なんて感じに、電車内にいる謎の美女におののく周さんといった内容でしたが、

 まあ何と言うか、一発ネタ・出オチ感満載で、このまま話をつづけられるのかどうか・・・?

 周さんが美女の謎を追うというカタチになるんでしょうかね。

 たしかに、それは知りたいかも(^^;

 

 

 

【新人ギャグまんが展】

 (宮下拓也 先生)

 Manga_time_or_2013_01_p178

 単発ネタが面白い4コマ作品。

 最近にしては珍しい、単発型の4コマ漫画ですね。

 シンプルな絵柄に、シュールな作風で、笑いを誘ってくるのが好感触。

 運勢を占いつつ、別のものになってしまうオチが楽しかった1発目も良いですが、

 小学生たちのデータを元にした公園選びネタ2つが、なかなか見事でありました。

 “今どき”な空気を醸し出しつつ、ちょいと大人ぶった態度の小学生が、小憎らしくも面白い。

 軽めに楽しめる4コマになっていて、イイですね。

 

 

②へつづきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ 『恋愛ラボ』7巻・感想 生徒会交流会で咲く恋の華

2012年11月26日 | ◆4コマ漫画 感想

 Love_lab_07

 作者は、宮原るり先生。 (サイト:ヘッポコロジー

 なんと、アニメ化決定!

 恋に恋する女子中学生たちによる、「恋愛研究」の日々を面白おかしく描きつつ、

 実際に男子と接するにあたっての行動などが、笑いと共に甘く切なくもどかしく、

 くりひろげられる4コマ物語。 ついにアニメ化まで来ましたか~と感慨深いものがあります。

 

 この7巻では、生徒会交流会に参加する面々が、それぞれの課題を前に右往左往。

 恋アリ、友情アリのすばらしい内容となっていますね。 やはり、面白い!

 

 

 

【おもにエノを中心に描かれた7巻】

●榎本結子(エノ)の恋はとつぜんに・・・

 Love_lab_07_p034_2 Love_lab_07_p041

 唯一、男子との接点がまるでなかったエノでしたけども・・・

 ある日、出逢った“王子様”。

 彼を意識しつつも、どこの誰ともわからぬ男子。

 もう会うこともないはずの2人でしたが、ある場所で思わぬ再会?

 そんなエノの“王子様”への想いが、ひとっ跳びで描かれる第7巻です。

 

 

 Love_lab_07_p057_2 Love_lab_07_p076

 再会、誤解、そして・・・

 何と言ってもこの巻では、“王子様”との関係に一喜一憂なエノの様子が可愛らしい!

 

 思わぬことから意識して、「もしかして好きになっちゃったんですか?」という指摘に赤面。

 恋に恋するような状況ではありますが、それでも恋の予感にワクワクする姿が

 今までにないほどの可愛らしさで、そんなエノの魅力が満載となっていました。

 彼と再会してからも、少女漫画脳で大はしゃぎ。

 その浮かれっぷりが楽しいのですが、“王子様”のちょっとした言葉から、しょげてしまうエノ。

 ・・・なんて展開が、もどかしいやら切ないやら、と物語に引きこんでくれます。

 

 そして、縁の下の力持ち的に、エノをサポートしていた親友サヨの存在も重要。

 エノの落ち込みを察し、その原因となった言葉の真意について探ろうとする様子は、

 まさに親友といった素晴らしさでありました。

 エノの心が晴れて、さらなる進展を見せたのは、彼女のおかげでもあるでしょう。

 その後の「恋する瞬間」への盛り上がりも、これまた素晴らしい!

 恋を知った少女の魅力は無双。 これからの展開を期待させてくれるものでしたね。

 がぜん、エノの恋の行方に興味津々となりました!

 

 

 

【生徒会交流会での悲喜こもごも】

●それぞれの恋路や成長

 Love_lab_07_p071_2 Love_lab_07_p077

 そして、7巻のメインともいえる生徒会交流会。

 ここでは、エノ以外のメンバーにも色々ありました。

 藤女の生徒会長がマキだとは知らず、「理想の生徒会長」と思い込んでいるヤン。

 この2人のやりとりも見所でしたね。 とくに発表後、謝罪に関するやりとりは良かった。

 さらに、リコのナギへの感情も、もはや待ったなし状態に?

 そこに至るまでの過程も、これまた素晴らしかったですね、赤面しっぱなしだし。

 

 

 Love_lab_07_p111

 そして何より、重要だったのはスズ。

 連載時ではなかったシーンが追加されていたり、

 また、描き下ろし特別編で、花火大会の一幕が描かれることによって、

 終盤でのレンとのやりとりが、自然なものに感じられるようになっていたのは大きい。

 そのため、スズの成長と、レンとの関係が、いっそう印象づけられることに。

 このあたりの描き方も見事でしたね。

 

 

 

【そのほか】

●加筆部分など

 Love_lab_07_p102 Manga_time_sp_2012_10_p010

 連載時と異なっていたシーンですが・・・

 まずは、エノの“王子様”が手を振るシーン。

 連載時は、背景にバスが描かれていませんでしたが、コミックスで追加されています。

 これによって、もうすぐ“王子様”がこの場からいなくなってしまう

 ということが、きっちりと感じられるようになりましたね。 細かいけれど、効果的です。

 

 また、同じページの「恋する直前」ですが、

 この場面でも、リコやエノの顔が加筆修正されています。

 連載時は、もう少しラフな感じだったんですよね。

 それがしっかり描かれることで、まさに恋する乙女といった表情に。

 2人とも美麗に可愛くなりましたよ。

 

 それと、先に挙げたスズとレンのやりとり、その手前の場面。

 連載時は、109ページ1コマ目~110ページ2コマ目へつながっていたのですが、

 コミックスではこの間を埋めるように、8コマの加筆がありました。

 リコが隠していたものを、他の4人が気付いているシーン。

 スズが内心悩んでいるシーン。 そして、リコが大切なものを元に戻すシーン。

 これだけ追加されたことによって、終盤の展開がグッと引き締まった印象を受けました。

 無駄のないみごとな追加ですね。

 

 あと、最後のリコ&マキのやりとりも追加シーン。

 この7巻では、「恋」についてはもちろんのこと、

 生徒会5人の「友情」も重点的に描かれていたように思います。(表紙の5人が象徴的?)

 ゆえに親友2人のやりとりでのシメは、この巻にふさわしいものだったかも。

 

 などなど、恋に友情にと大忙しな女子中学生たちの日々。

 アニメ化決定で、さらに盛り上がりそうな本作品。 今後もますます楽しみです!

 

 

 

【まんがタイムスペシャル 連載時感想】

 6巻感想のときも書きましたけど、カラーページは連載誌で読むべしです!

 本当、コミックスだとカラーじゃないのが残念なくらい、美麗ですよ、カラーの『恋愛ラボ』

 

 2011年11月号 海合宿・後編

 2011年12月号 生徒会交流会に向けて・・・

 2012年 1月号 エノ、マキに弟子入り志願!?

 2012年 2月号 エノ、“王子様”との出逢い

 2012年 3月号 岐穂四天王の可能性(戯言)

 2012年 4月号 「・・・好きな男子によく思ってもらいたい その気持ちは素敵・・・」

 2012年 5月号 生徒会交流会 スタート!

 2012年 6月号 生徒会交流会 藤女の発表は波乱の予感?

 2012年 7月号 ヤンvsマキ!

 2012年 8月号 スズの勇気と、リコの漢気と・・・

 2012年 9月号 リコの自覚と、エノの誤解と、マキの涙と・・・

 2012年10月号 エノの恋、その始まり

 2012年11月号 お勉強&お泊り会サプライズ! プール回はカバー外したら読めたー!

 

 

 現在、連載中のお話では、生徒会5人でのやりとりが増えてきた印象ですが、

 一方で、リコとナギの間にあるちょっとした思い違いから、

 不穏な空気が漂い始めて、一体どーなってしまうのか、と気になる展開へ・・・

 アニメ化も決まって、ますます今後が楽しみな作品です!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ まんがタイムスペシャル 感想②

2012年11月25日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2013年1月号 のつづきです。

 ①は、『験が計女子高生ありすちゃん』 『スーパーメイドちるみさん』 『レーカン!』

     『オトメシュラン』 『兄妹のスキマ』 『少女カフェ』です。 (『恋愛ラボ』感想はこちら

 

 『恋愛ラボ』はアニメ化決定で、ますます盛り上がること間違いなし!

 次号、タイムジャンボやタイムファミリーからの出張ゲストがあるようで、楽しみです。

 

 

●笑って!外村さん (水森みなも 先生)

 冬馬くんの学校の文化祭へ行く外村さん、中学生なら友達になれるかも?と考えてますが、

 その理由がよくわからん(;´`) 春野さんと、友達作りの練習にはげんでいる様子が面白い。

 あまり効果はなかったようですが、それよりも、女装した冬馬くんがヤバい! 可愛い(ぇ

 

●野菜畑でつかまえて (まつもと剛志 先生) 

 弟に、卒アルさらされ、コブラツイスト月子さん。 佐野さんに、というのが重要だね、ニヤリ。

 でも、佐野さんも大変だよね。 「温泉行きたいなー」=「連れてけ」の超訳は厳しいよ!

 月子さんの照れ隠しで、皆一緒となりましたが、そこで不穏な空気に? 桃くんカッコイー!

 

●どろんきゅー (吉村佳 先生)

 アキさんから普通に話しかけられて自信喪失する幽霊さんに笑った! また、その後すぐに

 佐倉さんに怖がられて回復してる姿にも(´▽`;) ゆえに、何だかんだと愛される佐倉さん。

 最後のベッドの下の“幽霊”に、恥ずかしい所を見られて赤面する佐倉さん、可愛かった~。

 

●ミッドナイトレストラン7to7 (胡桃ちの 先生) 

 とあるロマンス小説にハマった織作さん、話が合うのがマサさんというのは可笑しな話(^^;

 その影響で、1週間のライブラリーカフェを開くことに・・・ でも時間の関係で、色々難しい?

 しかし、2人の努力+オーナーのちゃっかりぶりで大盛況! こーゆー流れ、爽快ですね。

 

●踊る!アントワネットさま (にしうら染 先生)

 まんがホーム1月号にゲスト掲載決定! そんな今回、マリーさんにお見合い話が!?

 伯爵相手ということで、家の人たちはノリノリですが、当人はルソー公が頭に浮かんで・・・

 なんて展開に、乙女心の複雑さを感じられて、ニヤニヤ楽しい。 素直になれない可愛さ。

 

●OL はとぽっぽ (たかの宗美 先生) 

 ハナさんの散歩は、ハトのおかげで大変なようで、そんな様子が面白おかしかった今回。

 途中遭遇した変態さんに「勝った」のは笑ったし、ジョギングの人に見られて開き直っている

 のも面白かった。 普段、ハトを隠していないとダメなだけに、今回はスッキリ感覚でしたね。

 

●ゲキカラ文化交流 (沼江蛙 先生)

 今回2本立て! 1本目は、みゆきさんのクラスから始まって、相性占いで盛り上がる女子。

 みゆきさんに好きな人がいると聞き、お茶噴く林くん。 そんなにも彼女が好きなんだね~。

 ゴリラと同じとか言ってますけど、話盛り上げたくて変なこと口走るの、結構あるあるですよ。

 

 笑えつつも、微妙な仲良し感を出していた2人でしたが、2本目はアイシャさんのお買い物。

 JKに見られない外見の彼女が、JKっぽくなるべく着飾ろうとしますが、服のセンスも変だし、

 色々可笑しいショッピング風景。 美容室でも高校生に見られてないし・・・ でも可愛いよ!

 

●ピンポン☆ブー (藤島じゅん 先生) 

 クイズ甲子園メンバー集めが始まりましたが、内流みうさんが参加希望と、幸先よさげ・・・?

 でも、軽いノリでの参加で、景二くんの本気とは温度差アリ! そんな2人のせめぎ合いが、

 ひしひし緊張感+コメディ的面白さ。 本気で何かに取り組むって、魅力的ですからねえ~。

 

●シュガービーチ (下村トモヒロ 先生) 

 コミックス2巻が1月7日発売予定! そんな今回、不動堂部長に海外留学の話が・・・!?

 バレー部の北条さんなどは嘆いてますが、部員たちはそれほどでもなく、いつも通りで変。

 新部長の選び方には笑ったし、別れの挨拶も面白かったけど、最後少しホロリでよかった!

 

●アテナの初恋 (縞はるひ 先生)

 ヴィーナスさんがストーカーに悩まされ、その対応に追われる話で、元カレをたどります。

 1つ前にも書きましたが、ギリシャ神話でおなじみな神や人物の登場で盛り上がりつつも、

 なかなか意外な“犯人”というオチが、かなり面白かったです。 ヴィーナスが魅力的でした。

 

●メー探偵フワロ (ナントカ 先生) 

 今回は、脅迫状を送られた、祖母と孫娘の家にお邪魔なフワロさん・・・ でしたけども、

 いつもと違って歓迎され、フワロさんの方がタジタジになるほどの、強烈な祖母さん面白い。

 アーサーさんはいつも通り受難でしたが、フワロさんが珍しく“名探偵”していて楽しかった!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加