五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイム 感想

2017年05月15日 | ◆4コマ誌② まんがタイム

2017年6月号

 

 表紙は、体育祭でゴールする課長さん。
 「36年駆け抜けた~!」とあるように、今月号で最終回!
 次号、植田まさし先生の新作も始まるようですが、お疲れさまでした。

 他、あみかさんは応援、まりあさんはスプーン運び、遥さんはパン食い競争で、
 にぎやかに課長さんのゴールを彩る表紙になっています。

 

 

 今月の「イジワルお嬢様で賞」は、『天子様が来る!』

 

 今回、ユキジ様を飼うと言い出すお嬢様が登場。

 自分で「イジワルでワガママなお金持ち娘」と言っちゃうあたり、
 説明ゼリフによる解説とわかっていても、愛嬌を感じてしまいます。

 それでいて、やっていることは、ユキジ様を高級ドールハウスで寝かせたり、
 豪華なディナーを与えたり、快適な環境を整えたりと、むしろ良い方向性(^^;

 そんな環境に【陥落】しそうになるユキジ様が可笑しかったのですが、
 この続きがラストのシメになっていて、なおかつ良い話風味になっていたのは、
 楽しかったですね~。

 

 

【最終回!】

●おとぼけ課長 (植田まさし 先生)

  

 コミックス29巻は、6月7日発売! ・・・ですが、最終回!!

 【ふせん】部下の女性に書類の付箋で、あることを指摘される課長さんが愉快。
 部下さんの気が利いているというか、無言の指摘がお見事でした。

 【コピー】コピーをとろうとする課長さんに、自分がやろうと申し出る部下の女性。
 でも「だいじょうぶ」と自らコピーとりをする課長さんでしたが、1時間が経過。
 その理由に納得だった上に、部下さんが課長の努力を讃えていたのがよかったですね。

 【眠気】自分の席で眠っている課長さんですが、目を覚まして「寝てる場合じゃない」
 と、栄養ドリンクを飲んだものの、せっかく元気になったのに逆効果だったのは笑!
 通りがかった部下さんのツッコミが可笑しかった。

 【資格】課長の奥様が、奥様仲間から旦那さんの資格自慢をされて「すごーい」と感心。
 でも、自分の旦那に対しては、大仰な資格を求めていないオチに、ほのぼのでしたね。

 【呼び方】奥さんのことをどう呼ぶかという話に、課長さんも考える所があるようで、
 呼び方をネットで調べていますが、選びきれずに色々と試していたのが面白かった。
 「おまえ」呼びには奥様も「なにぃ~」と返していて愉快(´▽`;)

 などなど、いつも通りのネタながら、職場でも家庭でも、微笑ましネタが多かった印象。
 このあたり、最終回にふさわしい内容だったかもしれませんね。

 本作は、36年に渡って連載されてきたとのことで、その歴史の長さはもちろん、
 近年では珍しくなってしまった1本ネタ中心の4コマ漫画として、面白さを維持してきた
 ことは、特筆すべき事柄であると感じます。

 植田先生の次回作は7年後の話になるようですけど、やはり「部長」になるのでしょうか。
 お子様たちが成長して登場するようですし、一体どうなってしまうのか・・・
 そちらにも期待しつつ、長きにわたる連載、楽しませていただきましたー!

 

 

【コミックス7巻、発売中!】

●大家さんは思春期! (水瀬るるう 先生)

  

 みんなで釣り!

 前回、釣りに行こうという話になって、アパートの面々とチエちゃんの友人たちが、
 一緒に釣りをするお話になっていました。

 チエちゃんの友人たちは一様に楽しそうで、岩場をぴょんぴょんと跳ねる姿が可愛い。
 けれど、チエちゃんは運動オンチなため、前田さんはもちろん友人たちにも心配され、
 跳ぶことを断念していたのは、お気の毒・・・

 さらに、泣きっ面に蜂な出来事もあって、体操服に着替える事態になってましたけど、
 本人は元気いっぱいで、そんな所が好感触でしたね。

 また、再び着替えることになったものの、そこで前田さんのTシャツを借りていて、
 まるで彼シャツっぽい着こなしに、レイコさんが動揺していたのは愉快でした(^^;

 そんなこんなで、釣りを堪能した一同。
 アウトドアな様子が解放感ありつつ、チエちゃんたちの可愛らしさを相まって、
 陽気を感じさせる良さでした! なんて考えつつ、今後も楽しみです!

 

 

【その他】

●ラディカル・ホスピタル (ひらのあゆ 先生)

 年をとると涙腺が緩むと言いますが・・・

 榊先生にも、そんな傾向があるようで、TVを観ていてウルっとくる様子。
 年のせいかと気にしていましたけど、吉田さんの「幸せの涙」の言葉に、
 またも涙腺が緩んでいたのは微笑ましい(^^;

 けれど本来、涙腺は「緩む」ことはないらしく、涙のシステムも解明されてない
 という話は興味深いものでしたね。 「ゆるむのは心の筋肉」という師長の言葉に
 しみじみ納得しつつ、最後にもたらされた報せに、ゆるむ涙腺が楽しかったですね。

 

●まりあ17 (むんこ 先生) 

 先生の子供が生まれる!

 ということで、出産祝いのカンパを募るまりあさんのクラス。
 まりあさんがダービーにぶち込もうとしていたのは笑いましたけど、めでたいことです

 そして、自宅で予定よりも早い陣痛に悩まされる奥さんが、タクシーをつかまえられず
 困っていた所、まりあ母が連絡を受け駆け付けて、「妊婦見参」させていたのは大笑!
 シリアス状況からの笑いが見事でしたね(´▽`;) クラスからの贈り物に喜ぶ先生も良い。

 

●さわらせてっ!あみかさん (トフ子 先生)

 2本立ての1本目は、編み物教室の出張をするあみかさん。

 あみかさんが本店へ出張するというので、そんな毛糸いっぱいの所へ行ったら、
 重度の編み物中毒になると心配するまひろさんに笑ったうえに、店長の言葉が
 それに輪をかけていて大笑いでした゚(*゚´∀`゚)゚

 それにしても、あみかさんの編み物への情熱は本物で、頑張りすぎて憔悴してしまい、
 さすがに店長さんからお叱りが飛んでいたのがレアでしたね。 あみかさん、可愛かった。

 
 2本目は、新年度から教科主任になる沙織さんのお祝い。

 昇進祝いに「何でも」すると言ってしまったものの、祝杯をあげることで手を打った
 沙織さんはよく自制したと思いますね(ぇ

 そして、結果を出したことを褒めてと、あみかさんに伝えた所、「よしよし」されていた
 沙織さんが羨ましい(ォィ。 疲れている心に、これは効きます・・・

 

●友ちゃん (ノコ 先生) 

 相合傘をしたい友さんでしたが・・・

 雨降りに、自分の傘を持って行かず、修くんの傘に入れてもらおうと、
 あれこれ画策する友さんの乙女心がいじらしかったり、相合傘での距離の取り方に
 微笑ましいものを感じますが、修くんの肩を濡らしたことを気にしてしまう友さん。

 なので、帰り道は優さんから傘を借りて、修くんと並んで帰ることになりますが、
 友さんは笑顔で修くんの肩を濡らさずに済むと考えていたのに、修くんの方は
 そんなことを気にしておらず、むしろ相合傘できないことを寂しがっている風
 だったことは、面白い所でしたね。 2人の足音の違いに気持ちが表現されていて・・・

 

●そとバンド! (横道曲郎 先生)

 先月号にて、新人まんが展の拡大版に掲載された本作品、さっそくゲスト登場!

 バンドを始めたミイさん、砂原くんと路上ライブしようとするも、雨降りで断念。
 家で楽曲決めをすることになりますが、作詞作曲ノートを見られて恥ずかしそうだったり、
 でも読んでほしかったりという、ミイさんの心情が照れ顔に表れていて、可愛かった。

 また、褒められ慣れていないのか、褒められることに弱いミイさんも、よかったですね。
 この2人のバンド活動、始まったばかりですけど、どこまで行くのか見てみたい・・・
 ので、つづきに期待です!

 それにしても、「横塚匠」⇒「横道曲郎」先生と改名されたようですが、
 何か心境の変化でもあったのでしょうかね? 作者先生にも注目です!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ まんがホーム 感想 | トップ | ◆ まんがライフオリジナル ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。