五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがライフオリジナル 感想

2017年07月12日 | ◆4コマ誌③ まんがライフオリジナル

2017年8月号

 

 表紙は、かき氷づくりする、ちぃちゃん!
 フルーツいっぱいのかき氷がカラフルで、ひんやり美味しそう。
 他、コミックス発売作品やゲスト作品のキャラクターたちも様々です。

 

 

 今月の「ホント怖いで賞」は、『夏の恐怖スペシャル企画』

 

 本当にあった怖い話・・・

 大井昌和先生、小夏ゆーた先生、神仙寺瑛先生、板倉梓先生、カラスヤサトシ先生、
 おーはしるい先生といった、豪華作家陣によるスペシャル企画!

 心霊体験みたいなものかなと思っていたら(そういうのもありましたが)、
 大井先生の場合は、某編集部で遭遇した編集者の方から告げられた一言が、
 背筋も凍りつくようなもので、シャレにならなかったですね(^^;

 また、小夏先生の場合は、夜に聴こえた謎の音に関する話で、心霊現象か?
 と思ったら、そうではないけど本格的に危険な状況だったりして、大丈夫なの!?
 なんて心配にさせられるほどでしたよ!

 他には、心霊的な話も出ていて、そちらも怖かったものの、私はこの2例が
 恐ろしくて仕方ありませんでしたね・・・ 肝が冷えました。

 

 

【7月18日、コミックス1巻・発売!】

●先生ロックオン!2nd (神堂あらし 先生)

  

 互いに不安を抱く展開に・・・?

 『先生ロックオン!』の続編作品。
 小学校時代の教え子だった大和一樹くん(21)と、教師の門倉京子さん(34)。
 そんな2人の交際・同棲する姿が描かれる年の差4コマ物語です。

 今回は、京子さんの家庭教師時代の教え子だった前田くんが、保険の先生として
 京子さんの学校へやって来たり、その妹・さゆみさんが一樹くんのバイト先にいたりと、
 2人の関係に刺激を与えそうな状況に・・・

 前田くんが学校に来たことを知った一樹くん、落ち着かない様子で、
 あれこれ悪い方向へ妄想を膨らませていますが、京子さんは「やれやれ」といった雰囲気。

 そのうえ、学校にまでやって来て、前田くんに対して張り合うようなことをしていて笑!
 けれど、そこで前田くんの口から、一樹くんのバイト先に妹さんがいることを聞いた
 京子さんが、少しずつ心を揺らし始めていたのは、気になる所でしたね。

 さらに、そのバイト先で、一樹くんとさゆみさんが話しているのを見た京子さん。
 何やら落ち着かなくなって帰ってしまっていたのは、危険信号でしょうか。

 これまでは、一樹くんの方がヤキモチを暴走させて、京子さんに「やれやれ」と
 思われていましたけど、これからは京子さんも同じようなことに・・・?

 とはいえ、京子さんの場合、自分がだいぶ年上であることを気にしている分、
 後ろ向きになることが多くて、微笑ましいヤキモチで収まらない可能性があるやも?
 などと感じつつ、7月18日発売のコミックス1巻共々、今後も楽しみです!

 

 

【7月27日、コミックス12巻・発売!】

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

  

 プール回!

 夏休みのプール開放日に、あつし君とあつみさんがやって来てますけど、
 当番が盛山先生の時に来ているのは、大人と間違われても大丈夫だからという(^^;

 そして、あつみさんは保護者として来ているので、プールの中から監視すると言って、
 おかげで盛山先生も助かっていたのは面白かった。 高校生なのにプール入れるし。

 また、ヒナちゃんから、スクール水着が同じデザインだと指摘されて、
 中学も高校も同じだと説明するあつみさんでしたが、自分の着ているものが
 小学生用だとは言えないようで、可笑しかったり。

 一方、あつし君は泳ぎが得意でないらしく、イケメンとのギャップがありすぎたり、
 目を開けて泳げずにぶつかってばかりだったりと、年相応ではあるものの愉快でした。
 目を開けるよう言われ、あつみさんの方へ泳いでも、他の小学生と見分けつかずに笑!

 などなど、夏休みのプール開放日の一幕でしたが、あつし君の「飲み行かない?」は
 盛山先生でなくとも驚くインパクトありましたね(´▽`;) なんて感じつつ・・・
 今後も楽しみです!

 

 

【7月27日、コミックス3巻・発売!2本立て】

●銀子の窓口 (唐草ミチル 先生)

 

 1本目は、海水浴!

 「お盆や連休のない行員にとって土日は貴重な休暇」というのは、大変ですねえ。
 そんな中、一ノ瀬支店長の別荘へ来ている銀子さんたち。

 しかし、銀子さんが「高校時代の使いまわし」なスクール水着を着ているのは、
 さすがにどうなの(^^;

 とはいえ、規則正しく流れる時間に追われる行員さんたちにとって、
 外での時間は貴重らしく、「夏の思い出を作りましょう」と銀子さんがおっしゃるのも
 納得できる描写になっていて、見事でしたね。

 ここで、音々子さんと手つなぎしていたのが意味深でしたけど(ぇ
 ってゆーか、これ恋人つなぎ・・・

 そんなこんなで、海での時間を満喫する銀子さんたちが楽しい1本目。
 銀子さんらしいオチはついてましたけど、これでリフレッシュできたのは
 間違いないでしょうね。

 

 

  

 2本目は、ある8月の営業日・・・

 銀行地縛霊であるまりえさんと、お盆のゲスト霊さんたちが浮遊しています(^^;
 しかも、まりえさんの姿がくっきり見えるあたり、さすがお盆といった感。

 とはいえ、ふつうの人には見えないため、窓口で霊の相手をしていますけど、
 なぜか銀子さんの方にも、霊のお客様が集まっていたのは愉快でした。

 そして、忙しそうなまりえさんを見て、音々子さんが
 「いつも助けてもらっているのに、手伝える事はないのかな」と考えていたのが、
 彼女の人柄を感じさせてくれて、微笑ましかったですね。

 そこから銀子さんの指示で、まりえさんの負担を減少させていたのは、さすがでした。
 おかげで、お盆のお客様も無事帰ることが出来て、一件落着ムード。

 などなど、お盆のてんやわんやな一幕でしたが、まりえさんの奮闘や、
 音々子さんの気遣い、銀子さんの辣腕ぶりが、印象に残る1日となりました。
 ラスト、まりえさんの感謝が胸に響きつつ・・・ 今後も楽しみです!

 

 

【コミックス1巻、発売中ゲスト!】

●きゅーは吸血鬼のきゅー (G3井田 先生)

  

 半人前の吸血鬼と、ドロドロ血液の女子高生。

 まんがライフWINにて連載中!
 以前、ゲスト登場したこともありましたね。
 この時とは設定が若干異なっているようですが・・・

 英和英さんは、ぐーたら女子高生。
 彼女の前に現れた見習い吸血鬼きゅーさんは、英さんの血を狙うものの、
 不健康ゆえのドロドロ血液だったため、生活改善させようとお世話し始めることに。

 なんて感じのお話で、バイト先でもらった給料も、英さんに健康なごはんを作るために
 使ってしまうような、きゅーさんのけなげさが面白おかしな内容になっています。

 そして今回は、花火大会へ行く英さんときゅーさん。
 2人とも浴衣姿なのが可愛らしくて眼福でしたね。

 ここでも、きゅーさんは英さんの健康管理をしようと、出店の食べ物を制限してますが、
 お祭りということもあって、だいぶ甘めになっていたのは、微笑ましかったり。

 また、英さんが好きな慶喜くんと、見習い吸血鬼のゆーくんも来ていて、
 4人で花火を眺めつつ、交流する様子が楽しげでありました。

 などなど、花火大会の2人+2名でしたけど、英さんときゅーさんの関係はもちろん、
 英さんに恋する慶喜くんや、彼の家に居候するゆーくんなども面白い本作品。
 コミックス1巻が発売中とのことで、ますます今後も注目です!

 

 

【ゲスト作品】

●魔法少女メテオちゃん (サンクス仮面 先生)

  

 転校生は魔法少女!?

 【主な登場人物】
 ・風玲空崎めてお : 転校してきた不思議ちゃん。 自称150歳。
 ・美園川     : 隣の席の少女。
 ・もぐやす    : めておさんと一緒にいる魔物。

 転校生のめておさん、挨拶でいきなり「今年で150歳」なんて言ったものだから、
 クラスメイト達に警戒されています(^^;

 そんな彼女の正体は、魔法少女。
 魔界で赤点ばかりだった彼女が、人間界で基礎を学ぶよう言われ、やって来たのだとか。
 ここでは魔法の使用は禁止されているのに、簡単な魔法を使ったり、意外とルーズ。

 そして、魔法を使っている所を、隣の席の美園川さんに見られたりもしますが、
 その後、彼女が犬に襲われているのを助けるべく、魔法を使用していたのは、
 めておさんの優しさを感じさせて、よかったですね。

 などなど、人間界に修行(?)に来た魔法少女のお話。
 めておさんの正体を知った美園川さんとの交流が始まりそうですし、
 どのような物語が紡がれるのか気になりますので、つづきに期待しておきたいです!

 

 

【その他】

●ちぃちゃんのおしながき (大井昌和 先生)

 先生がお客様!

 ということで、やって来た先生に、露骨な“賄賂”を出す三葉さんに笑!
 と思ったら、ちぃちゃんまでローストビーフを特厚にしていたのが、愉快(^^;

 そして、花火大会へ先生に引率してもらって行っていますが、
 ちぃちゃんのお弁当もあって、豪華に楽しい時間を過ごしていたのが満腹感。
 生徒指導を考えていた先生も、ちぃちゃんの頑張りに、感じるものがあったようで・・・

 

●鬼桐さんの選択 (ふかさくえみ 先生) 

 お店へ駆け込んできた女性は・・・?

 いきなり、バケツで水を要求してきてますが、それもそのはず、人魚のセイランさん。
 暑さでやられそうだった所らしく、鬼桐さんが「適切」に措置していたのが面白い。
 彼女は体感温度を調節できる服を求めているとのことですが・・・

 人魚に戻れなくなったセイランさんには、体温調節は命の要ということでしたけど、
 茶子さんのおかげで、セイランさんが人魚に戻ることができていたのはよかった。
 おかげで、茶子さんにできることも見つかって、ますます楽しくなりそうです。

 

●そのアパート、座敷童子付き物件につき… (小夏ゆーた 先生)

 花火大火に、陽さんを誘う竜太郎くん。

 陽さんは快諾してくれましたけど、「みんなで行きましょう!」と笑顔(^^;
 でも、大家さんや沙和さんが気を利かせてくれて、2人きりになっていたのは、
 うらやまけしからん状況でしたね(ォィ

 陽さんが出会った友人に「彼氏~?」と聞かれて、完全否定していたのは愉快!
 とはいえ、2人で花火を見る様子はなかなかロマンチックで、手をつなごうとする
 竜太郎くんと、もしかして気づいていたかもしれない陽さんが、良い雰囲気でした。
 そして、ラストの大家さんと沙和さんを加えた“花火大会”も、楽しい。

 

●新婚よそじのメシ事情 (小坂俊史 先生) 

 メディアに影響を受ける王嶋先生。

 流行に乗っかることは恥と考える小坂先生には、厳しい現実ではありますが、
 メニューの決定権は王嶋先生にあるため、やむなしと考えている様子・・・

 とはいえ、担々麺を作ると言い出して、それっぽいものを作ったは良いものの、
 担々麺とは違うものが出来ていたのは、なかなか面白い所でしたし、そこから
 王嶋先生を評価する小坂先生も素敵でした・・・と思ったら、TVの影響とはいえ、
 担々麺にチャレンジした王嶋先生の迂闊さも垣間見えて、微妙な結果だったのは笑!

 

●だから美代子です (むんこ 先生)

 浅井田邸の解体工事が始まる・・・

 という衝撃的な冒頭でしたが、林田さん家の波平くんが17歳になっていて、
 だいぶ未来の話だと判明しつつ、美代子さんや義父母さんの「その後」が描かれていて、
 何とも、しみじみした気分にさせられました。

 けれど、美代子さんらしい“送り出し方”をしていたのが、らしくて良かったですね。
 また、波平くんの気持ちは間違いなく初恋のそれで、彼の想いも素敵でしたが、
 美代子さんのぶっ飛んだ行動の意味を知ったことで、見方が変わっていたのも、またよし。
 そして、訪れる終わりの時・・・ 今回が最終回のようでしたが、次回が真の最終回です!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ まんがタイム 感想 | トップ | 【雑記】 7月15日つれづれ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。