五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

【雑記】 3月20日つれづれ・・・

2017年03月20日 | 【雑記】

今日も今日とて、つらつらと・・・

やることはあるけど、体調悪いもので(^^;

 

 

●『りゅうおうのおしごと!』が面白かった

 ライトノベル『りゅうおうのおしごと!』を(5巻まで)読んだのですが、めっさ良い作品でした。
 「このライトノベルがすごい! 2017」で、1位に選ばれるのも納得です。

 将棋界の2大タイトルのうちの1つ「竜王」を奪取した主人公(16)のもとに、
 小学生女子(9)が弟子入りしたいと押しかけて来て・・・ といったお話。
 単に面白いだけでなく、熱く響くものを感じる内容になっています。

 
 ヒロインがJS(女子小学生)ということもあって、ロリコン疑惑のある主人公くんですが、
 もう1人のヒロインがJC(女子中学生)なので、大丈夫ですよね(?)

 まあ、主人公が憧れる女性は25歳なので、ロリコン疑惑は潔白かと思われますけど、
 作中でどんどん小学生の魅力にハマってゆくため、いつ通報されてもおかしくない状況です(ぇ

 他にも、たくさんのJSが出てきますし、さらにはJKなど増えていって
 主人公をとりまく人間関係がコメディチックに描かれる点に、面白味の1つがあります。
 そして、本作のもう1つの大きな魅力は、将棋を軸にした人間同士の熱い戦いです。

 
 「竜王」である主人公はもちろん、弟子(JS)や、姉弟子(JC)、憧れの女性(25)、
 その他の棋士たちの戦いが、真剣勝負の醍醐味と共に、驚くほどのエンタテインメントとして
 心を湧き立たせる楽しさとなっています。

 正直、最初はロリを前面に打ち出す作品なのかなと、ある種の警戒をしていたのですが、
 ふたを開けてみれば、むしろ幼女も少女も少年も大人も、全員で真正面からぶつかり合うような
 熱い内容であったことは、私にとって嬉しい誤算でありました。

 文字通り、真剣をかざし合うような本気の勝負は、人の深淵を見せつけるような凄味があります。
 これが将棋なのだと、将棋の面白さを、人間ドラマを通してじっくり感じさせてくれますね。

 なもので、簡単な感想記事でも書きたいと思っていますが、予定は未定。
 ちなみに私は、主人公の憧れる女性(25)・桂香さんがお気に入りです! 

 

  

【いろいろ】

・「新世紀エヴァンゲリオン」劇場版2作をオンエア!

 BSプレミアムにて、金曜深夜に放映されていた『新世紀エヴァンゲリオン』
 最終回を迎えましたけど、何と劇場版2作も放送するようで、ありがたいですね。
 まあ、TV版だけだと「なんじゃこりゃー!」となってしまいますから(経験談)。

 

・マンガ「デビルマン」を湯浅政明監督がアニメ化!ラストシーンまで描き切る

 湯浅監督は信頼できると思いますけど、かなりハードな内容ですよね・・・
 配信オンリーになるのでしょうか、はたまたTVなどでもやってくれるのか、気になります。

 

マイクラで作った「君の名は。」の糸守町が美麗 宮水神社にご神体……

 この間、『秒速5センチメートル』が深夜にやっていて観てしまったため、
 『君の名は。』を観たくなってしまった私がいます。 早く円盤出て~!
 ネタバレになるので詳細は避けますが、「秒速」と「君の名は。」のあの場面、対ですからね。

 

・私はかつて差別主義者だった、『けものフレンズ』を観るまでは。

 なかなか面白い文章だったもので・・・

 

・『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話は12月9日より劇場上映!

 6話編成の劇場版は、私には厳しいですね・・・困った。
 最近、観に行けたのも『君の名は。』くらいですし、他にも観たい作品色々あるのに
 行けていないしで、どうなることか。 『Fate/stay night[HF]』もあるのに・・・

 

・宮原るり先生の描く、岐阜のマスコットキャラ「ミナモ」とのコラボ絵

 リンク先で壁紙ダウンロードできます。
 絵が素晴らしいのはもちろん、律さんとリコとマキが一緒というのが、たまりませんよ!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ まんがタイムきららミラク... | トップ | ◆ まんがライフ 感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。