五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムきららミラク 感想

2017年04月19日 | ◆4コマ誌④ まんがタイムきららミラク

2017年6月号

 

 表紙は、シャレオツな千矢さん!
 メガネにツインテ、マニキュア、アクセなどなど、
 いつもと違った雰囲気が、異なる魅力を醸し出しています。

 

 

 今月の「2人の関係で賞」は、『桜Trick』より、ゆず&楓!

 

 今回、楓さんがついに・・・?

 楓さんが、ゆずさんに言いたくて言えなかったことを告げる。
 それは、ゆずさんとの別れになってしまうかもしれない・・・
 と覚悟している楓さんの表情は、どこか寂し気でした。

 女性同士の恋に疎いゆずさんにとって、自分の言葉は受け入れがたいもの。
 そう考えている楓さんは、告げたかったことを「別れの言葉」と述べて、
 ゆずさんの前から去ろうとしていたのが、切なかったですね。

 しかし、別れを告げて去ろうとする楓さんを引き留めたゆずさん。
 自分も「正直な気持ちを言わせてもらう」と言って・・・・・・

 なんて展開に、ぐいぐいと引き込まれてしまいました。
 これまで、女性同士の恋に対しては「ない」と一刀両断してきたゆずさんですが、
 親友である楓さんからの告白にどう応えるのかは、かなり気になる所でありました。

 ここで安易にくっついてしまうのは、ゆずさんのキャラクターを考えると
 しっくりこないと思っていたので、納得できる地点に着地していたのは、良い感じ。

 それでも、決して悪くない方向へ進めていたことに安心できて、
 今回の「キス」も、微笑ましいものに収まっていたのが、お見事でしたね。
 2人の先行きに、幸あれ!

 

 

【4月27日、コミックス1巻・発売!】

●お願い!ロイヤルニート (ちろり 先生)

  

 引きこもりお嬢様たちのお話。

 お嬢様学校である七ッ星女学園へ入学した田中ほたるさん。
 学費免除のため、ロイヤルニートと呼ばれる学園の寮に引きこもるお嬢様を
 登校させるべく奮闘する姿や、お嬢様たちの個性が面白おかしな4コマ作品です。

 今回は、打倒・久遠寺を掲げたロイヤルニート会議!
 桜花さんのライバル(?)だという久遠寺さんを倒すため、一丸となっていますけど、
 発端であるはずの桜花さんは、話が大きくなって困惑していたのが可笑しい。

 他のメンバーたちは真剣に話し合っているのが、これまた愉快だったものの、
 久遠寺さんの情報を知るたびに「いい子」という印象が強まってしまい、
 打倒とか言っていられなくなってしまったのには、笑いました!

 勝手に盛り上がって、勝手に冷めてゆく周囲に納得いかない桜花さん。
 なんだかムキになっていましたが、気持ちはわからなくないですよね(^^;

 などなど、引きこもりお嬢様たちと、庶民な少女のお話は、優雅で怠惰な日々。
 お嬢様たちの個性はもちろん、庶民であるほたるさんも面白いキャラクターで、
 彼女たちの掛け合いのような会話が楽しい内容です。

 そんな本作も、コミックス1巻が4月27日に発売とのことで、
 ますます今後も楽しみです!

 

 

【特別読み切り】

●サイエン テイスト/science taste (PAPA 先生)

  

 発明家と助手と宇宙人は、時を超える・・・?

 【主な登場人物】
 ・松丸   : 科学者にして発明家。 タイムマシンをつくろうとしている。
 ・コハシ  : 松丸さんの助手。 ケモノ耳が生えていたり。
 ・カンチオ : 宇宙人さん。 武者修行しているとか。

 タイムマシンの実験中、爆発事故を起こした松丸さん。
 リンゴをパクチー味に変えるスイッチをつくれるほどの科学者でも、困難な様子。

 それでも助手のコハシさんと共に、悲願成就を目指しつつ、頓珍漢な行動や発明が
 面白おかしな内容となっていましたね。

 UFOでやって来た宇宙人のカンチオさんと仲良くなって、日常をすごす姿もなごみます。
 そして、宇宙人の技術力を得た松丸さんが、一気にタイムマシン開発を進めるものの、
 トラブルの予感・・・なんてお話が、軽快ながらも濃密でありました。

 コハシさんの正体が明かされる終盤の流れから、怒涛の展開でしたけど、
 オチがSFチックで面白かったのはもちろん、実は伏線(3人分の食事を作るコハシさん)
 もあったりして、納得感があったのは秀逸でしたね。

 読み切りとして完璧な作品でしたし、テンポのよさも魅力でしたので、
 これは、続き(?)を読みたいと期待したいですね!

 

 

●がんくつ荘の不夜城さん (鴻巣覚 先生)

  

 引きこもり漫画家先生と編集さん。

 【主な登場人物】
 ・不夜城よどみ : 4コマ漫画家さん。 引きこもりでもある。
 ・羊ヶ丘眠   : 不夜城先生の担当編集。 ロリっぽい。

 引きこもりつつ、漫画を描く不夜城先生。
 担当編集の羊ヶ丘さんとの打ち合わせに行くのも、発声練習して気合を入れないと
 いけないあたり、人付き合いが苦手なようで、そんな彼女の様子が面白味です。

 羊ヶ丘さんとの打ち合わせでは、声の出し方も忘れるほど緊張したり、
 不夜城さんのダメさ加減が見られましたけど、普通にやりとりはできていて、
 2人の会話が面白おかしい内容になっていました。

 美味しそうに食事する不夜城さんや、ロリっぽい羊ヶ丘さんが不夜城さんを励ますのも
 可愛らしかったですし、この2人のやりとりをもっと見てみたので、つづきに期待です!

 

 

【連続ゲスト!】

●また教室で (吉北ぽぷり 先生)

  

 芸能人な少女と、それを気にしない少女と。

 【主な登場人物】
 ・天羽きさら : 人気の芸能人。 友達いない。
 ・ひなこ   : 芸能人にうとい少女。 明るく元気で優しい。

 天羽きさらさんは、モデル・女優をしている芸能人。
 入学後、だいぶ休んでいたため初登校となりますが、メガネの変装くらいでは
 すぐにバレていたものの、1人だけ彼女が芸能人だとわからない少女がいて・・・

 と始まるお話。
 迷っていた時に出会った少女ひなこさんは、きさらさんが芸能人とは知らないため、
 他の生徒たちと違って普通に話しかけてくるのが、救いになっているのが良かった。

 毎日学校に来られるわけではないから、必要以上に仲良くなるのが辛いのか、
 ひなこさんにも距離を置こうとするきさらさん。

 けど、人に囲まれて困っているとき、ひなこさんが助けてくれて、そこから仲が深まる
 展開が微笑ましくて、あたたかい気分になれました。

 再び仕事で忙しくなり、学校へ行けなくなったきさらさんでしたが、
 ひなこさんのおかげで、また登校することを楽しみにしていたのが好感触。
 ここから、どのように物語が描かれるのか・・・ 連続掲載に期待です!

 

 

●となり暮らしのねこめがね (まえじま 先生)

  

 隣同士だけど、一緒に暮らしているような2人。

 【主な登場人物】
 ・テイ  : ねこみみパーカーさん。 しゃべりながら台所仕事できる。
 ・レン  : メガネさん。 ゲームとケイタイを同時にできる。

 隣同士に住む2人が、一緒に暮らしているかのように仲良しな様子を描く4コマ作品。
 互いに自分ができないことを相手ができることを、うらやむ関係なのが面白いです。

 レンさんの部屋から帰る時間になっても、丸くなってうずくまるテイさんが可愛い。
 どうも、翌日バイトへ行くことに不安があるようで、そのことでテイさんを励ます
 レンさんとのやりとりが、やさしい空気感あってよかったですね。

 ハグしたり、手をつないだり、そこはかとない百合な雰囲気も魅力ありますし、
 連続掲載とのことで、楽しみです!

 

 

●星空ア・ラ・カルト (さとう未鈴 先生)

  

 オタクなフランス少女と、アパートの住人たち。

 【主な登場人物】
 ・ニーナ : アニメオタクなフランス少女で、その欲求を満たすべく日本へ。
 ・色葉  : アイドルオタク少女。 ネットを介してニーナさんと仲良くなる。
 ・芹   : ゲームオタク少女。 とくにソシャゲ系。

 オタクしか入居できないルームシェアハウスにやって来たフランス少女・ニーナさん。
 ネット上の友人・色葉さんの紹介で、これでネットを介さなくてもおしゃべりできると
 大喜びしている様子が、可愛らしい。

 そんな彼女と、友人の色葉さん、そしてもう1人のルームシェア仲間・芹さん。
 3人のやりとりと、それぞれのオタク・ライフが楽しい内容になっていました。

 ニーナさんが日本へ来たのは、好きなアニメ2期をリアルタイムで観るため。
 リアルタイムで観たいという欲求は、日本でも地方に住む人にとっては共感の対象らしく、
 色葉さんや芹さんも納得していたのは、連帯感あって面白かったですね。

 アニメに熱中するニーナさんから、今後のオタクライフをどのように堪能するのか、
 期待が高まりましたし、まだ1人、ルームシェア仲間がいるとのことで、
 連続掲載、楽しみです!

 

 

●桜色戦士レンジャーブロッサム (ゆげ 先生)

  

 ヒーローのアルバイト!

 【主な登場人物】
 ・蒼衣スミレ : ヒーローのアルバイトで、ブルー役。
 ・焔乃チナ  : レッド担当。 リーダー格。
 ・桃乃ヒカル : ピンク担当。 実は男の娘。
 ・黄条サヤカ : イエロー担当。 豊かなお胸。
 ・樹ミドリ  : グーリン担当。 格好がおかしいのに出番少ない。

 ヒーローのアルバイトをすることになったスミレさん。
 しかし、メンバーは個性的(穏当な表現)だし、衣装はヒーローよりも
 魔法少女っぽいものだしで、何かと不安を覚えていたのが可笑しい。

 ショーの本番でも、妙なことばかりをするヒーローが面白かったりでしたが、
 スミレさんがセリフを忘れるアクシデントがありつつ、他のメンバーの真剣さが
 伝わってくる内容で、存分に楽しめましたね。

 ミドリさんだけ、やたらと存在がないというか、出番がほとんどなかったように
 思えますけど、そんな所も面白味になっていたでしょうか。

 軽快なコメディ色が魅力でしたし、つづきに期待です!
 (目次では連続掲載とありますけど、表紙では読切になっていますね)

 

 

【その他】 

●うらら迷路帖 (はりかも 先生)

 ノノさんが、自分の決意をニナさんに告げることに・・・

 ノノさんの憧れの人が椿先生であることに、ショックを受けるニナ先生。
 椿さんを「永遠のライバル」とか言って、対抗心を燃やしているのが可笑しかった。

 でも、ノノさんの決意を聞いて、さらにそれが姉である自分のためだとも知った
 ニナ先生が、穏やかに後悔のないこと、皆の先生になれたことを誇りだと述べていたのが
 印象的でありました・・・ ラストの佐久隊長へのフォローには大笑いでしたけど!

 

●ビビッド・モンスターズ・クロニクル (キキ 先生) 

 vsドラゴン戦!

 ソロプレイヤーのライアさんにハメられ、巻き込まれたキャロライン親衛隊。
 圧倒的なドラゴンの強さを前に、キャロさんは瞬殺されるし、散々な目に遭っています。

 さらに、ライアさんまでピンチになるも、協力することで危機を乗り切り、
 ドラゴンと戦う様子が盛り上がりまくりでありました!
 ライアさんの本心はよくわからなかったけど、また会う時を楽しみにしたいですね。

 

●魔王城のお姫様 (上下 先生)

 ハルベル様の過去・・・

 ドラゴンに会いたがるメルルさんですが、ハルベル様なら何か知っているかもと
 話を聞きに行くも、ドラゴンと聞いただけで機嫌を悪くするハルベル様。
 どうも、過去に何かあったらしく・・・

 といったお話でしたけど、現在ドラゴンと出会っているマールさんが、
 母ドラゴンさんから聞いた話が、まさかハルベル様にかかわるものだったのは面白い。
 あの最強ハルベル様にも、苦手なものがあったとは、パワーバランスが楽しくなりそう。

 

●広がる地図とホウキ星 (描く調子 先生) 

 今回、実技試験!

 内容は「魔法を使った作品」の提出で、いつもの3人で何を作るか考えていた所、
 唐突な眠気を感じた後、体が小さくなるという不思議な現象が・・・

 なんて感じでしたけど、そこに妖精さんが関わっていて、彼女との交流はもちろん、
 小さくなった体で、ちょっとした大冒険を繰り広げていたのが楽しかったですね。
 おかげで試験もクリアできて、爽快なお話でありました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ まんがライフオリジナル ... | トップ | ◆ まんがライフ 感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。