五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがライフ 感想

2016年10月24日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2016年12月号

 

 表紙は、ハロウィンなミカちゃん!
 タローとさくら、ジャックオーランタンに囲まれて、ケーキを食べておいしそう。
 他、新連載作品、ゲスト作品などなど、盛りだくさんです!

 

 今月の「連載スタートで賞」は、『眠り姫と起こさない王子』

 

 タイトル通りな、お姫様と王子さまのお話。

 ゲストを経ての連載スタート!
 仕切り直しの第1話っぽい内容になっていましたね。

 魔女の呪いで眠り続ける姫を救うべく、ミント王子が旅立ちますけど、
 恐るべき魔女やドラゴンという困難(?)を乗り越え、ようやく出逢った姫が、
 実はすでに目覚めていて・・・

 といった感じの話は、ゲスト時と同じ。
 しかし、魔女がいなかったり、王様の兄上が魔女の呪いにかかっていたりと、
 ゲスト時になかった情報が出てきていたのは、興味深い所。

 また、2人の関係も基本同じなのですが、ややマイルドになっているかな?
 と思われる雰囲気もあり、ドライさが際立っていた王子に努力家という個性が付き、
 とっつきやすくなった印象です。

 さらに姫の方も、必死な感じがなくなって、可愛らしさが目立っていたと思えますし、
 連載化にあたって、各々のキャラクターに微妙な変化が表れていましたね。

 今後、ゲスト時の雰囲気に近づくのか、別の路線で行くのか、注目しつつ、
 連載スタートとのことで、期待です!

 

 

【コミックス2巻、発売中!】

●ウリとツメ (佐野妙 先生)

  

 ツイてないはずの桜子さんでしたが・・・

 運の無いことで有名な桜子さんだったものの、最近は少し違った雰囲気に?
 席替えで窓側の一番後ろをとったりして、友人たちが大騒ぎ(^^;

 逆に、ツメコさんの方が、桜子さんの定位置である先生の真正面になってしまい、
 桜子さんの不運を吸い取ってしまったのでは? なんて言われる始末。

 ところが、その後もツメコさんに不運が続き、本当に吸い取ったのかもと、
 周囲が不安に思うほどだったのは、気の毒ながらも可笑しかったですね。

 桜子さんと一緒にいても、ツイてないのはツメコさんの方で、
 ツメコさん自身も「不運を貰っちゃったのかも」と考えるほどでしたが・・・

 ここでスゴイな~と思ったのは、ツメコさんがそのことを苦にしていない点でした。
 もし、それで桜子さんの運がよくなったのならそれでいい、というようなことを
 言っていて、不運をもらったのかもしれないのに、不満を述べていないのは立派すぎ!

 不運の原因が、桜子さんかもしれないのに、それで少しでも桜子さんにネガティブな感情を
 抱いていないのは、素晴らしいことだと思いますよ。

 理性ではわかっていても、感情面でいかんともしがたいことってありますからね。
 それでもツメコさんは、そんなことをおくびにも出さない。

 さらには、その後、不運を貰ったわけではないことが判明して、桜子さんのせいみたいに
 言ってしまったことを謝ったり、どこまで人間できているのかと、感服でありました!

 などなど、ツメコさんの素晴らしさが輝いていた今回。
 桜子さんがツメコさんを好きなのも当然だな~と感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

【ゲスト作品】

●パンクティーンエイジガールデスロックンロールヘブン (ハトポポコ 先生)

  

 「ガールズバンドおバカコメディ(柱文より)」!

 「まんがライフSTORIA」連載中。
 ハナコ、ヒロミ、アキコ、3人の少女が共同生活。
 その部屋の中でおこなわれるロックな会話(?)が、面白おかしい作品です。

 アキコさんが徹夜で眠そうにしている所、ヒロミさんが27時間起きてる自慢。
 ところが、アキコさんの起きている時間が予想外すぎて、さすがにドン引きでした(^^;
 眠らない自慢ってロック・・・なのかなあ。

 そして、ハナコさんが持ち掛けた「今までで一番痛かったこと選手権」。
 1位の自信があると豪語するハナコさんでしたけど、ヒロミさんの壮絶な痛みエピソードが
 かなりキツくて、さすがに怖気づいていたのは笑!

 そのため、自分の話をせず、アキコさんに痛みエピソードを語らせるのですが、
 これまたとんでもないことを言い出していて大笑・・・ いやいや、笑えない!
 というか、どうしたら「みせしめ」なんてシチュエーションになるのか、もう、わけわからん!

 他にも、ロウソクの火を指でつまんで消すやつをやろうとしたり、ハチに刺されたがったり、
 ロックな少女たちのやりとりが愉快な内容でありました(´▽`;)

 結局、アキコさんが寝てなかった理由に、ハナコ&ヒロミが謝罪に追い込まれるラストに大笑!
 「まんがライフSTORIA」連載中の本作品、今後もますます注目です!

 

 

●曇天ニューライト (高野雀 先生)

  

 地方の会社で働く女性2人。

 お便りコーナー「ライフ@コミュ」にて連載中の4コマから、スピンオフ登場!
 渡辺さんと鈴木さん、地方の会社で働く2人のかみあわない会話が面白い作品です。

 初対面で、地方に帰って来た理由を、いきなり尋ねて来る鈴木さん。
 その距離感に戸惑いつつ、言いづらそうにする渡辺さん。
 といった雰囲気の2人。

 いい大学を出てUターンしてきた渡辺さんからは、鈴木さんは遊んでる風に見えるようで、
 雨が降ってきて洗濯物の心配をする鈴木さんを、意外に思っている所が割とヒドイ(^^;

 のですが、ここで鈴木さんの意外な事実が明らかになって、驚く渡辺さん。
 同じ25歳でありながら、すでに2人の子持ちである鈴木さんに、思わず「マジかよ」と
 素が出ていたのは笑いました゚(*゚´∀`゚)゚

 渡辺さんは出産のことなど考えたこともないようで、そうした人生設計に思いを馳せ、
 何となく焦る感じになるのは、わかるわかるといった感じでしたね。

 しかし、鈴木さんが子供のできた時のことを語っていた内容が、あまりに殺伐としているのに、
 あっけらかんと話している所が可笑しくて、さらに渡辺さんは戸惑うばかりで面白すぎでした!
 子育て=懲役とは、ユニーク。

 そんな会話が、何ともなしに繰り広げられて、楽しい内容になっていました。
 最後に雨が上がっていたのも、渡辺さんの心象風景のような気もして、興味深い所でしたし、
 かなり私好みの作品でしたので、「ライフ@コミュ」のみならず、再登場に期待したい!

 

 

【その他】 

 まんがライフWIN 『姫のためなら死ねる』は、貝合わせ!
 ハイ、卑猥な方を想像しました!(正直) だって、清少納言が言ったら、そう思うじゃん?
 とはいえ、中身は健全な貝合わせ、みんなで楽しく貝合わせ、定子様もSで貝合わせ、でした(ぇ

 

●おじょじょじょ (クール教信者 先生)

 お弁当を作って来たハルさんでしたが・・・

 どう見ても、失敗してそうな弁当を「おいしい」とたいらげる徒然くん、さすがです。
 しかし、クリスくんが知らずに「まずそう」なんて言ったものだから、ハルさんが闇化(^^;
 そこで、徒然くんが料理を教えるなんて流れになっていたのは、面白い。

 しかも山へ赴いてのデートを兼ねている所が、徒然くんにしては頑張っている感あります。
 けれど、ハルさんの料理の腕は絶望的で、それでもきちんと教えながら、食べているのは
 英雄的行動といっても過言ではないでしょう(ぇ。

 というか、徒然くんの料理スキル、すごすぎ~。
 おかげで、ハルさんもようやく出発点・・・とはいえ、すぐ上手くなるわけでもないようで(´▽`;)

 

●ファーストクラスニートましろ (えきあ 先生) 

 再び、短期集中連載! ニートなお嬢様ましろさん。

 今日も今日とて、銀崎さんがお世話をしてますが、いかがわしい漫画を読んだり、
 ましろさんのニート生活に果てはないようで、さっそく銀崎さんが運動をさせています。

 それでも、懸命に抵抗するましろさんのニート志向は、もはやとどまる所を知らず・・・
 ではありましたが、銀崎さんもさすがなもので、ましろさんの通販した商品を別の物にしたり、
 けっこうヒドかったのは愉快でした(´▽`;) その後の凄惨な結末にも大笑!(酷)

 

●となりのエロチカちゃん (後藤羽矢子 先生)

 もし今の人生が、人生やり直しだったら・・・?

 最近、漫画やアニメで「人生やり直し系」が流行っていますけど、恩納くんは
 自分は自分の人生に満足しているので、戻りたいとは思わないのだとか・・・
 とはいえ、好きなアニメを新鮮な気持ちで何度も観たいというのは、共感します(ぇ

 しかし、ある夢を見たことで、今の人生がやり直しなのではないかと考えた恩納くん。
 夢でみた未来、エロチカさんが大変なことになる前に救えるかもしれないと思うものの、
 その行動に踏み出せず、まさかの卒業を迎えることになるとは、驚きの展開でした。
 後藤先生によれば、完結が近いとのことで、どうなってしまうのか・・・楽しみです!

 

●化野さんはすでに死んでる。 (晴瀬ひろき 先生) 

 コミックス1巻は、12月発売! そんな今回、化野さんの妹登場!

 ハロウィンの記事に使うイラストについて悩む一条さんに、化野さんが妹さんを紹介。
 化野サヤカさん、漫画家をしているらしく、仕事も完璧なクオリティで、さすがです。
 そこでお礼に食事をおごることになるのですが、一条さんの本音は、妹さんを見たいだけ(^^;

 サヤカさんは快活な人柄で、姉である化野さんの方が振り回され気味になる所が楽しかったり、
 不死者好きなため、ヴァンパイアである会長にかまれたがったりと、愉快なキャラクターでした。
 でも、そこには姉思いな妹の姿が見えていて、そんな姉妹の絆も素敵でしたね。

 

●お姉ちゃんが来た (安西理晃 先生)

 2本立て、1本目はダイエットな一香さん。

 太るからと、食べるのを我慢している一香さんでしたが、見かねた朋也くんが
 ケーキを作ったところ、どんどん食べてしまい、気づけば太り体形に(^^;

 朋也くんも、美味しそうに食べてくれる一香さんのため、ケーキ作りをやめられず、
 一香さんも朋也くんのケーキが食べたいと、どうにも止まらないスパイラルでしたが、
 そこで一香さんの思わぬ“大きさ”に朋也くんが驚いたため、落ち着いていたのは面白かった!
 姉とはいえ、弟であっても“大きい”と気になるものなのですね(ォィ

 
 2本目は、藤咲さん話。

 テスト前の勉強会に、村瀬さんと赴く藤咲さんでしたが、「女友達」について聞かれて、
 一香さんを思い浮かべていたがよかった・・・のですが、それを認めようとしない所は愉快。

 勉強会では一香さんに遭遇して、いつも通りのケンカ状態になってしまい、
 孝喜くんに怒られていたのは面白かった(´▽`;) 一香さんまで一緒になってるし。
 そんな2人を見た村瀬さんが「女友達」を理解して、それを藤咲さんが断固否定しつつも、
 心の中では認めてしまっている所が、微笑ましかったですね~。

  

 

【新人4コマ杯 9月期月間賞】

・アイルスマイル (橋本くらら 先生)

 

 高校生になりたて少女のお話。

 希美﨑アイルさんは、高校1年生になりたて。
 笑顔を作ることが苦手で、自己紹介も苦手という少女。
 そんな彼女の生活が描かれる4コマ作品です。

 クラスの自己紹介をする際、机に同化できたらと考えるアイルさんの思考が
 可笑しかったりしつつ、クラスメイトの蒼井ハルミさんとのやりとりも楽しい
 内容になっていました。

 選評には、キャラクターの特徴を活かせていないとありましたが、
 ハルミさんとの会話で何となく、そうした面は出ていたかなと思えます。
 もしかすると、掲載されていない部分でキャラクターが出ていないのかもしれませんね。
 雰囲気はよさげですし、つづきに期待したい所。
 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ まんがタイムきららミラク... | トップ | ◆ 今月の恋愛ラボ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆4コマ誌⑤ まんがライフ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。