五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがライフオリジナル 感想

2016年10月14日 | ◆4コマ誌③ まんがライフオリジナル

2016年11月号

 

 表紙は、秋の味覚のちぃちゃん!
 サンマを焼く姿が様になってますが、後ろでは保護者と常連さんが酒飲み(^^;
 他、連載スタートの座敷童子・沙和さんや、ゲスト作品の2人も!

 

 

 今月の「妄想を阻む者で賞」は、『もしも部』より、姉!

 

 今回、部活の自主練をおこなう刈谷くんでしたが・・・

 自宅で、天文部に入っていたらと妄想し始めると、最初は順調だったものの、
 その甘酸っぱい世界をぶち壊すように、刈谷くんのお姉さんが乱入してくるという
 ハプニングが!

 自宅ゆえに、部屋に入ってくるわ、お風呂をせかすわ(^^;
 おかげで妄想が中断させられてしまい、あげくに物語の方向性まで変化して、
 刈谷くんの思い通りにならない結果を招いていたのは、新鮮で面白かったですね。

 そんな姉を煙たがる刈谷くんでしたけど、夏目くんはそうした環境が、むしろ羨ましい
 と感じているようで、持つ人はありがたみをわからず、持たざる者は夢を見る・・・かな。

 

 

【最終回!】

●けんもほろろ (ハトポポコ 先生)

  

 コミックス4巻は、年末発売予定! ・・・ですが、最終回!!

 ラストのテーマは、「時」。
 何やら、時の流れを感じている霜村さんですが、考えていたことが俗すぎて、
 せっかく丹野さんがときめいていたのが無駄になっていて笑!

 丹野さん曰く、時の流れはオシャレなもの。
 例を挙げて、その情緒あふれる心情を込めていますが、霜村さんには通じず(´▽`;)
 紺谷さんなどは、子供が大人になる時の残酷さを嘆いていたりで、何が何だか。

 さらには、斉藤さんが「時を止めれる」とか言い出して、霜村さんはリスペクトしてますが、
 丹野さんは疑いの目を向けています。

 そこで、時を止めたことを証明する斉藤さんに大笑゚(*゚´∀`゚)゚
 霜村さんは素直に驚いてますが、丹野さんは焦りつつも現実的な対応をしていて愉快でした。

 他にも、あっちゃん&まーちゃんのTPOな発言が、可笑しかったりしつつ、
 2人の関係を直接言い表すような単語が飛び出していたのは、最終回ゆえでしょうかね(^^;

 佐々木さんと小清水さんの関係は相変わらずでしたし、ラストは唐沢さんと高津さんによる
 最終回メタ談義が、お見事なシメでありました。

 まるでメタ発言のように「最終回」を持ち出す唐沢さんに、それをとがめる高津さん。
 でも、それは高津さんの誤解で・・・というはずだったのに、高津さんが墓穴掘っている形に
 なっていたのが、秀逸なネタになっていましたね。

 このネタで最終回のラストとなっていたのは、感服でしたよ。
 などなど、ラストテーマ「時」について、様々なことを語り合う女子高生たち。
 それぞれの個性によって紡がれる、この会話の妙こそが、本作の面白味の核であったと感じます。

 どこかネジのとんだ、それでもどこにでもいそう(例外あり)な少女たちのやりとりが、
 愉快で可笑しく面白い作品でありました。 そんな感じで、楽しませていただきましたー!

 

 

【連載スタート!】

●そのアパート、座敷童子付き物件につき・・・ (小夏ゆーた 先生)

  

 バツイチ男性の入居した部屋には、座敷童子がいて・・・

 ゲストを経ての連載スタート!
 離婚して1人暮らしを始めた竜太郎さん。
 彼の部屋には、沙和という名の座敷童子がいて、はじめ戸惑うものの、
 やがて同居人として楽しくすごすことに・・・ といったお話です。

 今回は、大家さんに家賃を渡しに行く竜太郎さん。
 浮かれているのは、大家のお孫・陽さんに会えるからでしたけど、
 扉を開けるや、大家さんのセクシーショットが出てきて笑!

 そんな様子が可笑しかったりしましたが、大家さんは、どうも沙和さんのことを
 知っているっぽく、このあたりどうかかわってくるのか、気になりますね。

 また、陽さんは幽霊が苦手らしく、竜太郎さんが座敷童子の存在を示唆するや、
 豹変していたのは面白かった(´▽`;)

 でも、おかげで竜太郎さんと陽さんの距離が縮まった・・・かも?
 と思わされるあたり、座敷童子のご利益なのかもしれませんね。

 などなど、家賃を私に行くだけでもお騒ぎだった今回。
 バツイチ男性と座敷童子という組み合わせが面白い本作本、いよいよ連載スタート!
 ということで、ますます今後も楽しみです!

 

 

【ゲスト作品】

●山田さんと山田くん (くりもとぴんこ 先生)

  

 同じ苗字だけど、立場が違う?

 山田優生くんは、極道の組長の長男。
 家業に嫌気がさして家を出た彼は、素性を隠してすごそうとしますが、
 トラブルに巻き込まれ、そこを山田勇輝さんに助けられて・・・

 と始まるお話。
 勇ましい山田さんは、弱い者いじめは許さないと言うほど、正義感の強い少女。
 カツアゲされていた山田くんを助けに来ますが、彼も動じていないあたり、さすがです。

 そんな2人が出会い、山田くんに対して、容赦ない煽りをかます山田さんが可笑しかったり、
 2人のやりとりが面白味になっていました。

 子供の頃から、父親の家業が原因で友達がいなかった山田くん。
 しかし、山田さんはそんな彼の友達になりたいと述べて、イイ話になりかけますが、
 そこから一転、山田さんの素性が明かされていたのは、愉快!

 なるほど、相容れぬ運命の2人というわけですね。
 などなど、同じ山田なのに、色々と違う少年少女のお話。
 このコントラストが楽しいですし、ぜひとも、つづきに期待です!

 

  

【その他】

●先生ロックオン! (神堂あらし 先生)

 大和くんの教育実習期間も最終日。

 けれど、姉のせいで寝不足になり、そんな大和くんを心配する京子先生でしたが、
 そこで意外としっかりした対応をみせる大和くんに、ひと安心でした。

 そして、生徒たちも別れを惜しみ・・・と思いきや、全く惜しんでいる風でなかったのは、
 さすがに大和くんもショック! でしたけど、実はちゃんと慕われていたことがわかる展開が、
 サプライズぎみに楽しかったですね~。 さらに、京子さんの生活にも変化が!? 期待です!

 

●よっけ家族 (宇仁田ゆみ 先生) 

 ももかちゃんと、たくとくん。

 幼稚園で、姉であるももかちゃんの所へ来てしまうたくとくん。
 元の組へ帰そうとすると泣き出したり、ももかちゃんと一緒にいたがる所が、弟といった雰囲気。

 ももかちゃんは、だいぶしっかりしていて、その姉っぷりが痛快かつ爽快で楽しかったですね。
 そんな彼女が、将来の一家の柱になるかもと考えられれていたのは、あながち間違ってないかも。
 最後の“女王さま”なももかちゃん、可愛らしかった~。

 

●新婚よそじのメシ事情 (小坂俊史 先生)

 唐揚げはタブー?

 ご夫婦で大好物なのに、まだ食卓に並んでいないメニュー「唐揚げ」。
 実は、王嶋先生には揚げ物にトラウマがあって、壁になっているとのこと。
 それでも、天ぷら鍋を購入し、チャレンジするあたり、王嶋先生スゴイですね。

 そして出来上がった唐揚げが美味しそうだったものの、ご実家の母上の料理が
 さすがすぎて、かすんでしまっていたのは、お気の毒(^^;
 壁はどこにでもあるものですねえ。

 
 今回、2本立て! 2本目は、レジのお話。

 近所にある3つのスーパーのうち、大手スーパーを担当する小坂先生。
 そこで生鮮食品を買うことを禁じられているため、買い物が独身時代と変わらず、
 レジのおばちゃんなどから、冷えた視線を受けることに辛さを感じているのには、共感(ぇ

 そこで、王嶋先生をつれてスーパーへ行き、同じ辛さを味わわせようとする小坂先生に笑!
 せこい! せこいですよ、先生! と思ったりもしましたが、予想を覆す王嶋先生の行動と、
 それを受けた小坂先生の反応に、大笑いでした!

 

●ばつ×いち (おーはしるい 先生) 

 何やら、マスターと綾乃さんがアヤシイ・・・?

 やたらと親密に話をしていたり、2人だけの話題を共有していたりで、
 由依さんには気になりすぎる状況。

 由依さんは、マスターが再プロポーズしたのでは? と考えるのですが・・・
 といったお話でしたけど、そのことを気にして、モヤモヤしてしまう由依さんが
 可愛らしかったですね。 まあ結局は、マスターらしい真相で、ひと安心でしたけど(^^;

 

●よんこまのこ (重野なおき 先生)

 るいくんが、塁に出ても、興味なし・・・ あいちゃん(^^;

 【超便利らしい】るいくんが帰宅後、お弁当がおいしかったと笑顔なのは、微笑ましい。
 のですが、そのお弁当に藤島先生の使った物が、超便利なものらしくて、面白かった!
 そんなものがあるのですね~、たしかに超便利です。

 【左に続く】【反物は古い】あいちゃんが、いきなりツルの恩返しを始めていますが、
 カーテンで隠れたはよいものの、重野先生が開けようとしないので、開けるように
 命じていたのは大笑゚(*゚´∀`゚)゚ さらに、反物でないものをつくっていたのも、愉快でした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ まんがタイム 感想 | トップ | ◆ まんがタイムきららミラク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。