五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがタイムスペシャル 感想

2017年05月25日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2017年7月号

 

 今月の『恋愛ラボ』感想はこちら
 表紙は、いちご狩りなマキ!
 スイート&キュートな雰囲気を醸し出す清涼感が心地よいですね。
 他、保志さんも苺スイーツ、りん子さんは苺ファッションで、統一感!

 

 

 今月の「最終回で賞」は、『私の装備はぬののふく』

 

 ゲスト掲載でしたけど、最終回となってしまいましたね・・・

 ファッション編集部に配属されたゲーム好きの女性が、少しずつオシャレを学ぶ
 なんて感じでやってきましたが、最終回となった今回は、カバン選びでありました。

 大きなカバンを持っていた翔子さん、コンパクトにまとめるべきと指摘されて、
 藤守さんに教えを請いますけど、ゲームを持ち歩く翔子さんには難しい・・・
 でも、プラスな発想で乗り切っていたのは面白い所でした。

 そんな風に、ファッション的にも前進しつつ、職場の人たちとも打ち解けて、
 良い雰囲気のシメになっていましたね。

 本作は、ファッションに興味なかった主人公が、仕事ということもあって、
 ファッションを学んでゆく内容に面白味がありましたし、何より興味深いものでした。

 そうした点に注目していたのですが、これにておしまいとは残念。
 でも、楽しませていただきましたー!

 

 

【今月のピックアップ!】

●穂積くんは猫に勝てない (ほしな 先生)

  

 猫を飼うということ・・・

 捨て猫の保護活動をしている倉木先輩。
 保護している猫の新たな飼い主を探していましたが、候補者が見つかった様子。

 そのことを穂積くんに嬉しそうに話していますけど、実際に顔合わせをして、
 どのような人かを判断しなければいけないらしく、猫の飼い主探しの難しさを
 感じさせます。

 顔合わせに来たのは、お子さんをつれたご夫婦で、第一印象は良い感じ。
 お子さんは、猫と仲良くなりたがって追いかけるものの、猫は警戒して逃げてばかり。

 そこを、倉木先輩が優しく諭してましたが、その後、暇そうにするお子さんを
 穂積くんが面倒みていたのは良い感じで、倉木先輩もそんな彼に見とれていて面白い。

 そして、倉木先輩がご夫婦に説明していた猫を譲渡する条件。
 これが意外と厳しい内容で、ここまでやらないとダメなのかと驚きましたが、
 それもこれも、猫の幸せを考えてのことですから、徹底していて、むしろ安心感。

 ご夫婦も、それだけ厳しい条件を引き受ける覚悟を持った方々で、
 倉木先輩も笑顔で快く、譲渡を約束できていたのが、爽やかでした。

 譲渡後の経緯も順調なようで、倉木先輩もご満悦。
 そんな風に、猫に対して真剣な先輩を見て、穂積くんも想いを深めているようで、
 猫に対する想いを自分にも向けてくれないか、なんてことを、猫に語っていて愉快!

 その姿を、茂木さんに目撃されていたのが、なお可笑しかったですね(^^;
 などなど、猫の譲渡に関するお話が興味深かった今回。
 猫に限らず、一緒の暮らすことの重みを感じつつ・・・ 今後も楽しみです!

 

 

【ゲスト作品】

●はたらく女子のセーラー服 (揚立しの 先生)

  

 制服姿の美少女は、社会人!?

 【主な登場人物】
 ・山之木勇 : 22歳フリーター。 バイトに行く途中、制服姿の美少女に会う。
 ・多賀   : 制服姿の美少女・・・ですが、制服屋の社員さん。

 勇くんが新しいバイト先へ向かう途中、駅で出逢った美少女。
 制服姿なのに「通勤定期」を購入していて、いったい何者か気になりますが・・・

 実は彼女、勇くんがするバイトの責任者である社員さんで、立派な社会人。
 では、なぜ制服を着ているのかというと「好きだから」の一言で、潔くて好感(^^;

 そして、仕事内容の説明で、制服の採寸について語っていましたけど、
 これがなかなか興味深かったり、いいこと言っていたりするものの、
 勇くんは多賀さんの制服姿が、気になりすぎていたのは可笑しかった。

 そんな感じに、制服に関するあれこれが楽しかったり、興味深いお話で、
 やはり多賀さんの“美少女”っぷりに魅力がありますし、つづきに期待したい所です!

 

 

【その他】

●ローカル女子の遠吠え (瀬戸口みづき 先生)

 ハッチと温泉地・川根を訪れるりん子さん。

 走るSLが見れるようで、柵に隠れながら手を振っているのが、面白い。
 タオル一枚の姿で、そんなことしちゃうんですねえ・・・見えそう(ォィ

 一方、雲春くんは、東京から来た名々伏くんと、やはり川根方面へ・・・
 そこでSLから、りん子さんらしき人を目撃していたニアミスは、愉快でした。
 しかし、ハッチにせよ、名々伏くんにせよ、命の洗濯が大事だと思わせてくれて、
 清々しかったですね(ぇ

 

●できれば俺が腕枕 (黒麦はぢめ 先生) 

 新入社員として、木曽くんの会社へやって来た國枝さん。

 1日12時間寝ないとダメな体質の彼女を世話する木曽くんの苦心が、面白い。
 しかも、食事の世話までするのだから、至れり尽くせりですよね。

 また、2人の交際関係を秘密にしようとしていますけど、さっそくバレていて、
 それがおしゃべりな部長さんだったものだから、大変そうな所が愉快でした。
 彼女の体質もありますし、ここからどのような日常が繰り広げられるのか、楽しみ。

 

●ちんまり経理のヒメ先輩 (kera 先生)

 ボーナスは出るの?

 若林くんに、ボーナスを出したいヒメさんですが、まだ早いだろうと父上。
 かわりに休みでもあげようとしますけど、伝え方が微妙で、若林くんが「実家に帰れ」
 と言われているように感じていたのは、面白かった(^^;

 そして、色々あってボーナスを少しだけ出すことになったものの、気前のいい若林くん、
 宵越しの銭は持たないと言わんばかりの使い方をしていて、なかなか豪気でしたね。
 ヒメさんは冷や冷やしていて、そんな様子が可愛らしかったです。

 

●課長と私のおかず道 (梨尾 先生) 

 今回、おでんで一工夫。

 おでんとご飯の組み合わせに、課長さんのスイッチ入って、熱弁ふるってます。
 橘さんはパンに合わないものはどうでもいいと、あっけらかんとしてますが(^^;
 私の家では、普通にご飯とおでんで食べてましたね~。

 そして、おでんのアレンジでは、これまた美味しそうな見事な一品ができて、
 これはぜひとも、食べてみたい! と思わされました。
 みんなで食べる様子も、楽し気でよかった。

 

●2DKに弟嫁と (近衛桜月 先生) 

 結衣さんの秘密が、赤城先生にバレてしまった・・・!?

 そこで、話し合いの場が持たれていますけど、高校生での学生婚について、
 ノンキに構えている雫さんと結衣さんに対し、赤城先生が真摯な言葉をかけて
 気を引き締めさせていたのが、よかったですね。

 高校生だから結婚してはいけないのではなく、世間を視野に入れた身の処し方を
 考えさせられます。 本当なら、世間の方が理不尽なのでしょうけど、それでも
 影響を考えると、やむを得ないことなのでしょう・・・辛いことですが。
 とはいえ、赤城先生はイイ人だし、雫さんの阿宗くんへの誤解も深まって、愉快!

 

●メェ~探偵フワロ (ナントカ 先生)

 いよいよ、作品が掲載されることになったレモンさん。

 読み切りで、しかも代原ではあるものの、掲載される喜びは大きく、嬉しそう。
 そして、それに気づいたのが、フワロさんでもアーサーさんでもなく、
 ヨシュアくんだったのは面白い所でした。

 レモンさんの助けになることをしようと、フワロさんやラウールさんに話を聞くも、
 そこで小説家の辛さや大変さを、実感していたのは興味深かったですね。
 書くのも大変なら、読んでもらうのも大変。 それでも書く姿勢に、感服です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ 今月の恋愛ラボ | トップ | 【雑記】 5月26日つれづれ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。