goo

子どもと一緒に勉強する

まだ塾がここまでハードではなかった頃、子どもたちは土日にテストを受けていればまあ、受験準備ができる時代がありました。

しかし、今は本当に長く、また大変になってきました。

普通に3年生の3学期から始めると、何と3年!

3年間といえば、中学校生活、高校生活それぞれと同じ長さなのです。それがずーっと受験であるというのは、やはりちょっとおかしいのではないか。

なぜ、こんなに長くなってしまったのかと考えてみると、中学受験はすべてが塾ベースだからです。

小学校で習うことだけでは今の中学入試問題は解けません。これは、その範囲で問題を出すと差がつかないからで、だから問題の視点が「小学生でもできる」になっていろいろ範囲が広がってきた。

しかし本当のことを言えば子どもの人口が減り、受験率が下がっているわけだから、一部の学校をのぞけば入試はそれほど大変ではないはず。しかし、塾がコントロールする面が大きいから、負担が減らないのです。

本来、競争が楽になったら、こんなに負担が大きくなるわけがない。その分が塾の利益になっているだけなのです。

この呪縛から解かれるためには、家庭が受験の中心になることです。

お父さん、お母さんがいっしょに子どもたちと勉強することができれば、別に夜遅くまで塾に行かなくてもすむ。

でも何をやればいいかわからない、といわれることが多かったので、フリーダム進学教室でそのコンテンツを作っているわけです。

確かにお父さん、お母さんは忙しいから、なかなかいっしょに勉強してあげられないと思うかもしれませんが、しかし、やはり子どもたちの勉強に関わってあげるとそれなりの効果は上がっていくものです。それに小学校時代ぐらいしか、子どもと一緒に勉強する時間はありませんから、この時間を子どもたちと楽しむ気持ちで勉強してみてはどうでしょうか。


今日の田中貴.com
受験勉強のイメージ

5年生の教室から
漢字で書きなさい

中学受験 算数オンライン塾
11月20日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 自信を取り戻す 気持ちを立て... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。