goo

ノートを書く子、書かない子

国語の先生が指導をしているのを見ていると、いろいろな注意がありますが・・・。

「なぜ、板書を写さないの?」

「ただ写してばかりではダメだ。考えなさい。問われていることを考えないと意味がない。」

と相反するような注意が飛んでいました。

前者の子は先生の発問を考えているだけで、手が進まない。

後者の子は手は動いているが、頭は動いていない、ということなのです。

前者の子は書くことが嫌いであり、後者の子は考えることが嫌いであり、ということで、まあ、足して2で割ればちょうど良い、ということなのですが、もちろん前者の方がまだ良い。

この子の方がまだ考えている分、能力は高くなっている。(写す能力は上がっていきませんが・・・。)

しかし、根本、どちらも「面倒だ」と思うことをやっていないに過ぎないところはあります。前者の方がまし、とはいっても、「面倒だ」と思うことをやらないのはいずれにしても良くない。

これは本来、もっと早い時期に解決していないといけないところではあるが、そう簡単ではない。大人も面倒なことを避ける傾向は当然のごとくあるわけですから・・・。


今日の田中貴.com
安全校の過去問はやらなくてもよい

6年生の教室から
不得意なところをつぶす

中学受験 算数オンライン塾
8月7日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 書いて覚える 夏バテ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。