goo

積み重ね


国語の読解問題ばかりをずーっとやっても、すぐに力がつくわけではありません。だから、組み分けテスト前に国語の読解の練習はしない。どちらかといえば社会の知識を覚えなおしたり、漢字をやったりするでしょう。

しかし、国語は勉強しなければやはり力はつかない。

ただ、集中的にやってもできるようにならないのは、やはり語彙や文章を読み取る力というのは経験に裏打ちされるものだからです。

経験を一気に積み重ねても、その場で忘れてしまう可能性は充分にある。だから、少しずつ、経験を積み重ねていかないとできるようにはならないのです。

だから、1週間にやる勉強をしっかり決めて、毎週毎週一定のペースで練習を続けていく。

いろいろな文章をゆっくり読んで、語彙を確認して、少しずつ文章の意味がわかってくれば、それが子どもの国語経験として積み重なっていき読解力が生まれるのです。

だから、入試までペースを変えることなく、淡々と練習を続けていくのが良い。

これは計算練習も同じです。少しずついろいろな計算を練習していき、とにかく間違えないようになってくれば、算数の問題でも理科の問題でも考える力の元になっていきます。

これはそういうやり方でないと身につかない力ですから、一定のペースを守ることが一番効果的なので、たとえ組み分け前でも続けていってください。

=============================================================
今日の田中貴.com

空回りを止める
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

こだわりと余裕
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と図形」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 子どもたちの... モヤモヤ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。