goo

夢中になる時間

子どもたちの生活を見ていると、勉強ばかりでなく、いろいろなことに夢中になっている時間があります。

別にゲームばかりではなく、例えば本を読んでいるときもあるかもしれないし、絵を描いているときかもしれない。そして、その時間というのは多分あっという間に時間が過ぎ去っていっていると思うのですが、その分、本当に多くのことができるようになっているでしょう。

子どもはそういう時間をそれこそ小さいときから経験することによって、いろいろな能力を身につけているのです。

ところが、受験生はやらなければいけないことが多い分、自分が夢中になって何かをやる時間が少なくなる。受験勉強は、本当にいろいろなことをやらなければいけない分、夢中になる、ということにはなりにくい。それでも問題を解いているときなどはそうなる部分もあるでしょうが、もっと自然に自分がやりたいこと、おもしろいと思うことに夢中になる時間が本当は必要なのです。

中学に入ってからも、そういう時間がたくさんあることが望ましいし、今まで知らなかったことやできなかったことを夢中になってやる時間ができてくれば、また違う能力を磨くことになっていくわけで、そういうことが思い切りできるような学校生活であってほしいと思うのです。

これから進む学校で本当に夢中になる時間を過ごすことができそうか、今一度考えてみてください。

それができれば、その学校に進むこともまた大いに魅力のあることだと思います。

==============================================================
今日の田中貴.com

合格点
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

字を書いて覚える
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 入試問題はや... 秋の学習で何... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。